IT・WEB開発

データベース設計・構築に必要な能力・スキルとは?

企業だけでなく、個人でもデータベースを活用したインターネット・サービスが利用できるようになった時代において、データベース設計・構築ができるエンジニアは重宝されます。今回はデータベース設計・構築に必要な能力・スキルをご紹介いたします。

データベース設計・構築に必要な能力・スキルとは?

データベースエンジニアの仕事とは?

データベース設計・構築を専門的に扱うデータベースという職種があります。データベースエンジニアは、データベースの開発・設計、管理、運用が主な仕事となります。また、データベースエンジニアはそれぞれ開発・設計を担うソフトウェアエンジニア、管理を担うハードウェアエンジニア、そして運用を担うデータベース運用エンジニアに分けられます。

データベースエンジニアの仕事とは?

Access、Microsofoft SQL Server、Oracleに関する知識

データベース設計・構築には、関係データベース管理システム(RDBMS)を活用しなければいけません。中でも主流となっているRDBMSには、Access、Microsofoft SQL Server、Oracleが挙げられます。Microsofoft SQL ServerではMy SQLやMS SQLのなどの知識が必要です。また、Oracleは世界初の商用RDBMSであり、データベース設計・構築に関する幅広い知識と設計・構築の経験が求められます。

Access、Microsofoft SQL Server、Oracleに関する知識

コミュニケーション能力と論理的思考

データベースエンジニアは、データベースを利用する多くの部門担当者と関わりを持つため、高いコミュニケーション能力が求められます。また、ストレージするデータを適切に関連付けるためにも高い論理的思考が必要です。利用者が実現したい目的に応じたデータベースに落としていくためにも課題解決能力も重要です。

コミュニケーション能力と論理的思考

今後、必要とされるデータベースエンジニアに知識・能力とは?

今後、ビジネスにおいてもAI(人工知能)やIoT、ビッグデータの活用が広がるといわれています。そのため、データベースに蓄積されたデータは経営戦略の策定に必要な重要な情報と認識されつつあります。そのため、最新技術に関する知識だけでなく、ビジネス全体を俯瞰して、物事を考える能力が求められます。

今後、必要とされるデータベースエンジニアに知識・能力とは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS