データベース設計・構築に用いられるOracle(オラクル)とは?

データベース設計・構築に用いられるOracle(オラクル)とは?

KEYWORD
RDBMS
オラクル
データベース設計・構築

世界中の企業が採用しているRDBMSのひとつ、オラクル。データベース設計・構築において、オラクルに関する知識や設計・構築経験は不可欠です。今回はデータベース設計・構築に欠かせないオラクルをご紹介いたします。

RDBMS「オラクル」とは?

RDBMS「オラクル」とは?

オラクルとは、米Oracle社が開発した世界で最も古い商業用のRDBMSです。SQL言語を用いて、2次元表形式で構成されたデータを操作することができます。主に大規模な業務システムに採用されています。また、JavaScriptやC言語などのプログラム言語が指示できないため、大規模なシステム開発を行う際はSQLに長けたデータベースエンジニアが必要です。

  • レベルロックによる複数のリクエストが可能

    レベルロックによる複数のリクエストが可能

    大規模なシステム開発で採用されるオラクルは、レベルロックによるロック・エスカレーション(同時に複数のリクエストが起きた場合、あるリクエストがブロックされる現象)を防ぐことができます。そのため、利用者が多い大規模なシステムの構築に適したRDMBSといえます。

  • トラブルに強いオラクル

    トラブルに強いオラクル

    オラクルは災害・データ破損時におけるデータベースの保護機能が優れています。データの復元を迅速に行うために予備データベースが構築されており、迅速な対応が可能となります。企業の機密情報を安全に保管・運用できるため、リスク・マネジメントに敏感な時代にも適しています。

  • 利便性が高いRDBMS

    利便性が高いRDBMS

    オラクルの基幹API(インターフェース仕様)はC言語で開発されており、同じC言語で開発されている各種ツールとの相性が良い特徴があります。そのため、移植性に優れ、多くのプラットフォームで運用することができます。このようにデータベース自体を管理しやすく、利便性が高いRDBMSです。

  • 高度な知識が必要なオラクル

    高度な知識が必要なオラクル

    その他のDBMSと比べて、安全性や利便性が高いオラクルは大規模なシステムの構築に向いている一方で、データベース設計・構築には高度な知識と豊富な経験が必要となります。

Written by woogen

IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。