IT・WEB開発

サーバー・ネットワーク構築の相場とは?

サーバー・ネットワーク構築は、物理的な設置も必要となるため、サイト構築・ウェブ開発よりも費用がかかりやすいといえます。今回はサーバー・ネットワーク構築の相場をご紹介いたします。

サーバー・ネットワーク構築の相場とは?

基本構築とオプションに分けよう!

サーバー・ネットワーク構築では、サーバとネットワークを分けて考えることはもちろん、基本構築とオプションも分けて、考えると費用の見積もりが立てやすいといえます。また、ネットワークの設定では、設定の対象となるPCの台数に応じた費用が求められます。さらに依頼された企業毎にネットワークの設計や構成図の作成も必要です。

基本構築とオプションに分けよう!

サーバーの基本構築とオプションとは?

サーバーの構築の基本は、OSのインストールがインストールが挙げられます。一般的に、LinuxディストリビューションであるRedHatLinuxやWindowsの2種類に分けられます。費用はいずれも5~6万程度といわれています。一方でサーバー構築のオプションは、メールやWeb、AP、OSセキュリティ、DBなどの多岐にわたります。いずれも4~15万ほどで設定が可能です。中でもOSセキュリティ対策やドメインサーバー構築、SSL暗号設定といったシステムに対する脅威への対策は10万~かと高額となります。自社のサーバー・ネットワーク構築の特性や必要性に応じて、オプションを選択すると良いでしょう。

サーバーの基本構築とオプションとは?

ネットワーク構築の基本とは?

ネットワークの構築には、ネットワーク設計やPCの設定、PCとネットワークの接続状態を記した構成図の作成などが挙げられます。これらの設定や作成は対象となるPCの台数によって、費用が変わりますが、一般的にPC25~30台に対して、10~12万円ほどそれぞれに必要となります。中でもLANケーブルやHUBなどの物理的な設置は、他の設定費用の1.5~2倍もの費用が必要です。

ネットワーク構築の基本とは?

ネットワーク構築のオプションとは?

ネットワーク構築におけるオプションは、主にプリンターやルーターの設置、メールの使用設定、インターネット接続などの比較的自社で行えるものが多いといえます。そのため、費用も5千円~5万円までと安いため、節約の対象にもなります。

ネットワーク構築のオプションとは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS