IT・WEB開発

プロジェクトマネジメント・要件定義の重要性とは?

プロジェクトマネジメント・要件定義次第で、完成するシステムの品質が決まると言っても過言ではありません。近年では、プロジェクトマネジメント・要件定義を重視する開発企業も増えています。今回はプロジェクトマネジメント・要件定義の重要性をご紹介いたします。

プロジェクトマネジメント・要件定義の重要性とは?

ビジネス課題が高度化・複雑化している現代

テクノロジーの発展は、私たちの生活に多大な恩恵を与え、企業の生産性を飛躍的に高めたきっかけとなりました。一方で、優れた製品やサービスが次々と開発される中で、顧客や消費者のニーズが多様化し、同時にビジネス課題も複雑化・高度化しています。それに伴い、情報システムに求める要件も高いレベルのものが多く、プロジェクトマネジメント・要件定義の重要性が高まっているといえます。

ビジネス課題が高度化・複雑化している現代

要件定義はシステムの根幹

世の中の情報システムやWebサービスは、目的を完遂する目的で構築され、活用されています。そのため、要件定義の内容が荒い、漏れがあった場合、開発後のシステムやWebサービスの運用において、致命的なトラブルを誘発する可能性が高まります。開発段階において、要件の漏れが見つかると、最悪の場合、いちからシステム自体を再構築しなければなりません。そのため、設計段階では慎重な要件定義が求められます。

要件定義はシステムの根幹

納期の遅れは費用・機会損失につながる

大規模な業務管理システムやWebサービスは、数十人~のエンジニアを用いて、半年~1年という長い時間をかけて、開発されます。そのため、納期が遅れた場合、多大な人件費が追加で必要となります。また、本来、得られるはずだった収益を得られないばかりか、貴重なビジネス機会を失うことにつながってしまいます。そのため、納期や品質を守るためにプロジェクトマネジメントが重視されています。

納期の遅れは費用・機会損失につながる

柔軟な開発体制が大切!

システム開発には優れたプロジェクトマネジメント・要件定義が必要ですが、計画立案や要件定義に時間をかけすぎのもよくありません。依頼主の希望する要件を全て組み込むことはそもそも開発自体が頓挫させてしまう可能性があります。そのため、うまく取捨選択を行いながら、依頼主の目的に沿った要件定義と、それを実現する最適なプロジェクトマネジメントが必要とされています。

柔軟な開発体制が大切!

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS