プロジェクトマネジメント・要件定義を行なうPM(プロジェクト・マネージャー)とは?

プロジェクトマネジメント・要件定義を行なうPM(プロジェクト・マネージャー)とは?

システム開発の根幹部分に関わり、開発プロジェクトを成功まで導く、PM(プロジェクト・マネージャー)。エンジニアやプログラマーとは異なる能力やスキルが必要なシステム開発の上級職として知られています。今回はプロジェクトマネジメント・要件定義に欠かせないPMをご紹介いたします。

PM(プロジェクト・マネージャー)とは?

PM(プロジェクト・マネージャー)とは?

PMとは、プロジェクトチームをまとめ、予算から進捗管理、人材育成、他部門との調整などプロジェクト全般に関わる業務を担う職種です。プロジェクトマネジメント・要件定義などの重要な作業の中心人物といえます。開発情報の共有や開発作業計画、予算管理など高度な業務を担い、システム開発に関する専門的な知識とプロジェクト進行の経験が必要です。

  • 高度なマネジメントスキルが必要

    高度なマネジメントスキルが必要

    PMは開発プロジェクトの全ての関係者と情報共有を行う職種です。そのため、上司・部下・顧客など属性が異なる複数の関係者と適切な意思疎通を行う高いコミュニケーションが必要です。また、調整力やチームメンバーへのホスピタリティ、強いリーダーシップも求められるため、システムエンジニアやプログラマーのキャリアパスとしても人気があります。

  • PMの年収とは?

    PMの年収とは?

    PMは業界や開発する情報システムやWebサービスの規模によって、求められるスキルや能力も異なります。そのため、年収も関わるプロジェクトによって、大きく異なります。しかし、プロジェクトマネジメント・要件定義に関する高い知識や経験、周囲の人間と良好な関係を構築するための高いヒューマンスキルも求められるため、その他の職種よりも年収が高い傾向がみられます。一般的には500万~1200万円が相場といわれれています。

  • キャリアパスとして、人気の高いPM

    キャリアパスとして、人気の高いPM

    PMはプロジェクトマネジメント・要件定義の根幹を担う職種のため、多くのIT人材のキャリアパスとして人気があります。主にプロジェクトリーダーやアプリケーションエンジニア、システムエンジニア、またはシステムアナリストのキャリアパスとして知られています。

Written by woogen

IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。