プロジェクトマネジメント・要件定義に求められるスキル・能力とは?

プロジェクトマネジメント・要件定義に求められるスキル・能力とは?

KEYWORD
SE
スキル
プログラマー
プロジェクトマネジメント
要件定義

SEやプログラマーのキャリアパスの一環でもあるプロジェクトマネジメント・要件定義。システム開発の根幹部分に関わるため、高度なスキルと能力が求められます。今回はプロジェクトマネジメント・要件定義に必要なスキル・能力をご紹介いたします。

実務スキルとマネジメント能力が必要!

実務スキルとマネジメント能力が必要!

プロジェクトマネジメント・要件定義においては、要件定義書を含むドキュメンテーション作成スキルの他に、基本設計のための設計書作成スキルが求められます。同時にプロジェクトマネジメントを行うにあたり、チームメンバーとしっかりとした意思疎通を取るためにも高いマネジメント能力も必要です。また、クライアントからシステム導入の目的や希望を聞き出すヒアリング能力も求められます。

  • 要件定義に必要な能力とは?

    要件定義に必要な能力とは?

    要件定義は依頼主の希望や目的を正確に吸い上げ、システムに落とし込む作業です。そのため、吸い上げた情報を整理・分析し、表現する能力が求められます。これらの能力を保管する上でも論理性に優れ、依頼主が抱える課題を解決に導くシステムを生み出す発想力や高い専門知識も必要です。

  • 知識と経験に裏付けられた課題解決能力

    知識と経験に裏付けられた課題解決能力

    プロジェクトマネジメント・要件定義の段階では、実装するべき機能をいかにシステムに落としこんでいき、スケジュール内に開発を終わらせるかという議論がされます。そのため、さまざまな課題や懸念点に対して、解決策を見い出す課題解決能力が求められます。プロジェクトマネジメント・要件定義における課題解決能力は、高度で専門的な知識と豊富な経験によって、精度を高められます。

  • 経営の知識も必要なプロジェクトマネジメント

    経営の知識も必要なプロジェクトマネジメント

    プロジェクトマネジメントにおいては、決まったスケジュールや予算内で、開発を終えなければいけません。そのため、開発に関わる予算や人件費、開発による売上・利益を把握し、経営に与える影響を考慮した上で、プロジェクトを進めなければいけません。精度の高いプロジェクトマネジメントを実施する人材は、その後、経営層までキャリアアップすることも珍しくありません。

Written by woogen

IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。