プロジェクトマネジメント・要件定義の進め方とは?

プロジェクトマネジメント・要件定義の進め方とは?

KEYWORD
システム開発
プロジェクトマネジメント
失敗
要件定義

優れたシステムやWebサービスを構築するには、最適なプロジェクトマネジメント・要件定義を実施しなければいけません。今回は、開発プロジェクトを成功に導くためのプロジェクトマネジメント・要件定義の進め方をご紹介いたします。

最終目標の設定が大事!

最終目標の設定が大事!

プロジェクトマネジメント・要件定義を効率的かつ漏れがないように進めるには、最終目標を可視化し、設定することが重要です。要件定義では、顧客からのヒアリングに基き、どのような成果物に仕上げるかを検討する重要な作業です。この要件定義により、開発に必要な人員や予算、スケジュールを確定できます。その上で、最終目標の達成に向けたプロジェクトマネジメントが効果を発揮します。

  • 事前調査とヒアリング

    事前調査とヒアリング

    情報システムやWebサービスの開発は、事前調査と依頼主へのヒアリングから始まります。システムに実装したい機能のヒアリングではなく、依頼主が抱える経営課題や業務プロセスの問題点など中心にヒアリングすることで、依頼主にとって最適なシステムやWebサービスを開発できます。また、実現したい目標が実現可能かどうかを、競合他社や市場を調査することもシステム開発を成功させる鍵といえます。

  • 要件定義書の作成

    要件定義書の作成

    要件定義の主な業務が要件定義書(ドキュメント)の作成です。依頼主のヒアリングを体系的に整理・分離した上で、システムに落とし込む要件に矛盾がないかを確認しながら、作成していきます。要件定義書の作成段階で、実装する機能の必要性や想定されるトラブルやリスクなども考慮し、事前に対応策を検討しておくことも重要です。また、漏れがないか繰り返し、ヒアリング・共有・修正を行います。

  • プロジェクトマネジメントは優先順位付けが重要!

    プロジェクトマネジメントは優先順位付けが重要!

    プロジェクトマネジメントは、作成された要件定義に従い、限られた予算・スケジュールの中で、目的を完遂するための管理術です。プロジェクトを進める上では、プロジェクト全体を俯瞰し、優先順位を付けて、進めることが重要となります。適切な優先順位をつける上でも関係者や関係部署とすぐ連携できるように、しっかりと段取りを行うのも大切です。

Written by woogen

IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。