IT・WEB開発

プロジェクトマネジメント・要件定義の成功ポイントとは?

プロジェクトマネジメント・要件定義の成功ポイントを押さえることは、開発プロジェクト開発を成功させることと同義です。今回はプロジェクトマネジメント・要件定義の成功ポイントをご紹介いたします。

プロジェクトマネジメント・要件定義の成功ポイントとは?

最も重要なのは要件定義!?

要件定義は、ビジネス課題を解決に導くための対策をシステムに落とし込む作業といえます。また、適切なプロジェクトマネジメントを行うためには、綿密な要件定義が前提となります。要件定義に必要な依頼主へのヒアリングや正確な仕様書の作成、関係者への情報共有はシステムの設計段階で、しっかりと行っておく必要があります。

最も重要なのは要件定義!?

要件定義はインプットの精度が鍵!

ゼロからの開発や既存システムの改修において、精度の高い要件定義を行うには、システムの仕様や要件を正確にインプットする力が重要となります。依頼主の課題解決になる要件定義になっているか、現システムの運用状況の全体像を把握しているかなどをしっかりと理解し、情報を収集しなければいけません。そのため、要件定義の担当者は高い専門的知識と経験が必要となります。

要件定義はインプットの精度が鍵!

成果物をイメージできているか

要件定義で決定した仕様は、そのまま内部設計・外部設計に落とし込まれます。出来上がったシステム(成果物)が要件定義書に記された機能を全うしているかを確認し、成果物のイメージと一致しているかを確認しなければいけません。プロジェクトマネジメント・要件定義の担当者はサンプルを含む成果物標準を定義し、目的に応じたシステム開発を行わなければいけません。

成果物をイメージできているか

開発に関わる人材の把握

プロジェクトマネジメントにおいては、開発に関わる全ての人材の技量を把握し、納期を遵守する開発体制を構築しなければいけません。納期からスケジュールを逆算し、担当者の技量に応じた作業量を適切に割り振りすることが大切です。適切な業務の割り振りを行うには、日頃から開発に携わる人材の人事評価を行っておく必要があります。また、担当者の報告を鵜呑みにせず、客観的な視点から進捗度合いを判断するのもプロジェクトマネジメントの大切な業務です。

開発に関わる人材の把握

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS