IT・WEB開発

業務システム・ソフトウェアの外製化するメリット・デメリットとは?

業務システム・ソフトウェアの開発は、内製化と外製化のいずれかを選択できます。それぞれメリット・デメリットが存在しますが、外製化を選択する企業が多いようです。今回は業務システム・ソフトウェアの外注化メリット・デメリットをご紹介いたします。

業務システム・ソフトウェアの外製化するメリット・デメリットとは?

外製化のコストは見えやすい

業務システム・ソフトウェアを内製にするか、外製にするかを判断に迷う経営者は少なくありません。しかし、外製化は開発コストの程度に関係なく、コストを算出しやすいといえます。内製での業務システム・ソフトウェアの開発は、開発スタッフの教育や新たな人材の獲得費用など算出がしにくいといわれています。

外製化のコストは見えやすい

高品質の業務システム・ソフトウェアの実現

複雑かつ大量のデータ処理を行う目的で導入される業務システム・ソフトウェアは、最低限、安全かつ安定した稼動が求められます。そのため、専門性の高い外部の開発会社に委託することで、高品質の業務システム・ソフトウェアの実現が可能となります。また、導入目的や業務範囲をカバーするためのシステム構築の知識やノウハウが社内になかったとしても、希望に沿った開発が可能となります。

高品質の業務システム・ソフトウェアの実現

経営資源の有効活用

業務システム・ソフトウェアの需要が高まる中、エンジニア不足が深刻さを増しています。高度な知識を要する業務システム・ソフトウェアの開発を外部に委託することで、貴重な社内エンジニアを、売上・利益向上を目的とした開発に集中させることができます。そのため、長期的な開発期間を要する業務システム・ソフトウェアの導入を外製化することは、経営資源の有効活用にもつながります。

経営資源の有効活用

外製化のデメリットとは?

業務システム・ソフトウェアの開発を外製化するデメリットとして、社内ノウハウの蓄積機会の損失や多大なコストが挙げられます。生産性向上につながる業務システム・ソフトウェアの開発の最新技術や情報の蓄積が難しく、また、専門性の高い外部の開発会社を利用することで開発費用が高騰しがちとなります。そのため、業務システム・ソフトウェアの規模や費用対効果をしっかりと分析した上で、最適な開発会社を選定することが大切です。

外製化のデメリットとは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS