IT・WEB開発

Rubyとは?Webプログラミング初心者にオススメな理由

「どのプログラミング言語から勉強すればいいかわからない」「Rubyがオススメって聞いたけど、実際どうなの?」

プログラミング言語って種類が多くて、どれから勉強すればいいか迷いますよね。

今回は、Webエンジニアによく使われているRubyを、基本から解説します。

Rubyとは?Webプログラミング初心者にオススメな理由

そもそもRubyってなに?

Rubyは、さまざまな機能をもつWebページを制作するために、よく使われているプログラミング言語。似たようなプログラミング言語としてPHPが挙げられます。ほとんどのWebエンジニアは、Ruby、PHPいずれかのプログラミング言語を使用しています。

Rubyは、日本人のまつもとゆきひろさんが開発したプログラミング言語。そのため、日本人には直感的に理解しやすく、日本人エンジニアに人気があるプログラミング言語です。

Ruby on Railsと呼ばれるフレームワークを使用することで、シンプルなコマンド入力でWebページを開発できます。

他のプログラミング言語と比べて手軽に開発できるので、年々人気が高まっているプログラミング言語なんですよ。

そもそもRubyってなに?

Rubyでできること

結論からいうと、Rubyを使うことでWebサービスが開発できます。具体的にいうと、入力された情報をサーバーに保存して処理、ソートして表示など、Webページに機能を持たせられるんです。「Twitter」「食べログ」「cookpad」もRubyで作られていることで有名ですね。

Rubyでできること

どうして初心者にRubyがオススメなのか

Rubyは「楽しさ」を重視した設計であるため、初心者にもわかりやすいプログラミング言語。他のプログラミング言語と比べ、難しいことを考えず、直感的に開発ができるんです。

Rubyは、同じコードを繰り返し書かないように設計されています。そのため、他のプログラミング言語に比べてシンプルになり、圧倒的にコードが短縮。コードがシンプルになると、わかりやすくなるだけではなく、バグが出にくくなる実用的なメリットもあるんですよ。

どうして初心者にRubyがオススメなのか

Rubyのオススメ勉強法

プログラミングの勉強法は大きく分けて3つ。「本を読んで独学」「無料アプリで学習」「プログラミングスクールに通う」です。Rubyは比較的わかりやすいプログラミング言語なので、どれを選んでもいいでしょう。

勉強する際には、とにかく手を動かすのがオススメ。プログラミングは、実際にコーディングしてみないと覚えられません。エラーを解決することも大事な勉強なのです。

エラーが出て、エラー理由を考えてもわからないときは、エラーコードをそのままインターネットで検索しましょう。同じような悩みを抱えたQ&Aが出てくると思うので、参考にすると問題解決への近道となりますよ。

Rubyのオススメ勉強法

Written by KURO
フリーランスエンジニア。メインはサイト制作。SEO対策やリスティング広告、SNSマーケティングで、顧客対策も行う。

PICK UP NEWS