IT・WEB開発

Pythonでできることは?Webアプリは開発できるの?

Pythonというプログラミング言語をご存知ですか?プロの開発現場やプログラミング界隈で数年前からとても盛り上がっている言語です。

pythonはシンプルな文章構造が特徴的なプログラミング言語でさまざまな分野で、使用されています。もちろんウェブの分野も例外ではありません。この記事ではそんな魅力溢れるPythonでできることについてついて説明します。

Pythonでできることは?Webアプリは開発できるの?

Pythonとは?

プログラミング言語として今非常にホットで人気のあるPythonは、1991年に登場した歴史のあるプログラミング言語。C言語などに比べてシンプルでわかりやすい文法が特徴的で、処理を短く書くことができるようにすることによってPythonでプログラミングを行うプログラマーが高い生産性を出せるように設計されています。


また、誰が書いても似たコードになる作りのためにシステムの保守面でも信頼性があり、実務でも非常に扱いやすい点もポイントです。  Pythonの本体部分関わるコードは必要最小限に作られており、外部のライブラリや関数などで拡張していくことを前提とした言語設計がなされています。これらの多くは無料で入手できるため、使用用途に応じて拡張することが可能です。


なぜPythonが支持されているかというと後述する機械学習のほか、開発現場で使用することによって他言語と比べると開発者の数を減らすことができ、開発期間も短縮できることからコストパフォーマンスが良い点が挙げられます。


実際にGoogleもPythonを採用していることから、ソフトウェアハウスにおいてPythonは大きな魅力を持っていることが分かるでしょう。

Pythonとは?

Pythonでできること

Pythonは汎用性の高いプログラミング言語であり、Webアプリケーション・組み込みアプリケーション・機械学習・デスクトップアプリケーション・Androidアプリと幅広いアプリを開発することができます。一言でいうとなんでもできるプログラミング言語といっても良いでしょう。


Pythonでできることの代表が機械学習です。人間のようにものごとを判断して画像や音声を解析したり、データを蓄積することで学んで成長していくことが可能な技術です。とても盛り上がっている分野ですので、詳しくはのちほど別の章で説明します。


ほかにもPythonでできることで特徴的なものが、スクレイピング。スクレイピングとは、Webサイトから特定の欲しい情報だけを抽出して取得し、新しい情報に作り変える技術です。スクレイピングを行うためのプログラムはスクレイパーとも呼ばれます。 スクレイピングを使うことでネットオークションや株価など常に値が変動していくものを追跡できます。集めた情報は今後の値の変動を予想するために使うなどマーケティング活動などに有効活用できます。


また、スクレイピングを使った代表的な例がGoogleやYahoo!の検索エンジンです。さまざまなWebサイトを回遊して情報を収集し、検索順位の設定に使用されています。

Pythonでできること

Pythonは機械学習に利用されている

前章で少しだけ説明した機械学習についてここでは詳しく解説します。


機械学習とは、コンピュータに対して人間が明確な指示を行わなくてもルールやパターン、推論を自ら使用して学習していくアルゴリズムのことを指します。


近年とても盛り上がっている機械学習ですが、じつは新しい概念ではなく昔から研究されてきた題材なのですが、コンピュータの性能の向上によってビッグデータを高速に扱えるようになったこともあって成長が著しく、機械学習に挑戦する企業やエンジニアの増加もあり、注目されている分野なのです。


また、Pythonといえば機械学習を連想する方も多いはずです。それくらいPythonは機械学習に使われているというイメージが浸透しています。


なぜ機械学習にPythonが使用されているかというと純粋に機械学習に向いているPamdasやNumpyを代表する多くのフレームワークやライブラリが揃っているためです。つまり機械学習に最適化されているといえるわけですね。


機械学習自体は他のプログラミング言語でも可能ですが、フレームワークやライブラリが潤沢に揃っているPythonを使う方法が一番合理的なわけです。


高度で学術的な印象を受ける機械学習ですが、じつは身近なところですでに使用されています。例えばAmazonのレコメンド機能は機械学習を用いて利用者に最適な商品を提案してきますし、Twitterでもつぶやきの把握に使用されています。


機械学習は我々の生活に浸透しており、今後より一層の発展が期待される分野なのです。

Pythonは機械学習に利用されている

Pythonはweb開発にも使用される

Pythonは機械学習のイメージが強いため、影に隠れがちですがWebアプリケーション開発にも利用されています。海外で積極的にWebアプリケーション開発に採用されており、プログラミング言語としてシンプルな文法と誰が書いても同じようなコードになる保守性の高さが人気の秘訣です。


また、Pythonを使えば他のプログラミング言語で実現するハードルが高い機械学習を利用したWebアプリケーションの開発も可能になります。  Pythonで開発されている代表的なWebアプリケーションはYouTubeで、Pythonはサーバー処理を目的として使用されています。他にもオンラインストレージであるDropbox、アメリカ版の5ちゃんねると呼ばれるRedditなど有名なWebアプリケーションの開発にPythonは使われているのです。

Pythonはweb開発にも使用される

Pythonを使う職種

Pythonを使う職種というとプログラマーやシステムエンジニアを連想するのではないでしょうか。いわゆるPythonエンジニアです。PythonエンジニアはPythonを専門的に扱うエンジニアのことで、主にWebアプリケーション開発、機械学習、データの分析が中心となる業務になります。


Pythonエンジニアはまだ数が少なく、機械学習が盛り上がってきていることから今後の需要が期待されている職種であるため、Pythonを使った開発やデータ分析に興味があるエンジニア志望の方は目指して損をすることはないでしょう。


エンジニアといえば資格が豊富な職種ですが、Pythonに関する資格も存在しており、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が実施している民間資格に「Python3エンジニア認定基礎試験」と「Python3エンジニア認定データ分析試験」があります。Pythonにさらに詳しく学びたいと考える方は資格取得も視野に入れるとよいでしょう。


Pythonを使用する職種でエンジニアのほかに存在する代表的なものがデータサイエンティストです。データサイエンティストはビッグデータを解析して、導き出した結果を用いて企業の事業戦略を考案する業務を中心に行います。近年の機械学習の流行によって、よく名前を見るようになった職種のひとつでもありますが、日本ではまだ数千人程度しかいません。


ビッグデータを扱うデータサイエンティストはPythonのほかにもデータベースの操作に必要となるプログラミング言語であるSQLや統計学や分析に関する知識が必要となるため、データサイエンティストに興味のある方はこれらをおさえておくとよいでしょう。

Pythonを使う職種

Pythonでweb開発するために必要なもの

PythonでWeb開発するためにはPython本体と統合開発環境、フレームワークをパソコンにインストールする必要があります。


Python本体はPythonを使ってプログラミングするために必須の存在です。下記のページからダウンロードしてインストールしましょう。


▶ダウンロードはこちら


 


次に説明する統合開発環境ですが、Pythonなどプログラミング言語で開発を行う際に使用するエディタ、コンパイラ、デバッガなどをひとまとめにしたツールのことを指します。IDE(Integrated Development Environment)とも呼ばれており、これがなくてはプログラミングが行えないといっても過言ではありません。


Pythonの統合開発環境はPycharmがおすすめです。コード補完が強力なため、コーディングの時間を短縮でき、かつデバッガも優れているので初心者から上級者まで誰でも快適にプPythonプログラミングを行うことができます。


▶Pycharmはこちら


 


最後にフレームワークですが、効率よく開発を進めるために必要な要素が詰まったツールであり、開発現場では必須の存在です。


PythonでWeb開発を行いたい場合はDjangoが良いでしょう。DjangoはWebアプリケーションに必須であるユーザー認証や管理画面など、使用頻度の高い機能があらかじめ含まれているだけではなく、拡張性に優れているため、さまざまな規模のアプリケーション開発にも使用でき、あとから機能追加が決まったときも柔軟に対応できます。


▶Djangoはこちら


 


これら3つをインストールすることからPythonを使用した開発はスタートします。

Pythonでweb開発するために必要なもの

Pythonを使ったwebアプリ開発のおすすめ学習方法

Pythonの学習方法は学習サイトで学ぶ方法がおすすめです。学習サイトでは、体系的に学ぶことができて実際に手を動かしながら学習を進めたり、動画を使うなどしているため、飽きにくいというメリットがあります。


飽きにくいという点は重要なポイントで、プログラミング言語を学ぶ上で最大の敵は「飽きる」ことだからです。プログラミングは難易度が高い分野ですので、うまく行かないことによってストレスを溜め込んで飽きてしまうことが度々ありますが、学習サイトでは飽きさせない作りになっているため、プログラミングの勉強を継続しやすいのです。


学習サイトのメリットをお伝えしたところで、おすすめの学習サイトを2つ紹介します。


まずはProgate(プロゲート)です。Progateはサイト上で実際にプログラミングしながら学習するので、開発を行うために必要となる開発環境を自分のパソコンに用意する必要がありません。開発環境の構築は初心者がつまづきやすいポイントでもあるため、純粋にPython学習に専念できる点は嬉しいですね。


コードを書いて実行することでどのような動きをするのか見ながら学習することができるため、頭に入りやすく効率的にPythonを学ぶことができます。


Pythonの基礎学習は無料で行え、応用学習は月額980円かかりますが、費用を払う価値はあります。


 


次はドットインストールです。3分間の短い動画でPythonに関する説明を見ながら学習することができます。


学習書では文字中心の視覚情報だけのため、初心者はわかりにくいと感じるケースが多いのですが、ドットインストールでは動画で視覚・聴覚に訴えるため理解しやすく、学習書を読むより内容を早く身に付けることができる点がポイントです。


31レッスンまでは無料で受けることができ、以降は月額980円の有料登録が必要になります。

Pythonを使ったwebアプリ開発のおすすめ学習方法

まとめ

Pythonはシンプルで保守性の高いコードが誰でも書けることから機械学習やWebアプリケーション開発に人気のプログラミング言語。


Pythonは学習サイトで学ぶことができるため、簡単に学習することができます。興味がある人は挑戦してみると良いでしょう。

Written by 秋場和輝
Web制作会社でマークアップ・PHPエンジニアとして勤務したのち、現在は知見を活かしてIT・Web ・モバイル業界を得意分野とするライターとして活動。様々なオウンドメディアで記名記事を執筆している。

PICK UP NEWS