IT・WEB開発

PHP初心者でも使いやすいフレームワークは存在する?

PHPで使用するフレームワークをご存知ですか?実際のWebアプリケーション開発現場では、フレームワークを使わないプロジェクトはほぼありえないといってもよいでしょう。それぐらいWebアプリケーション開発で重要なフレームワークとはどういう存在なのでしょうか?
ここではPHPに関係するフレームワークの概要からメリット・デメリット、初心者におすすめのPHPフレームワークを中心に説明します。

PHP初心者でも使いやすいフレームワークは存在する?

そもそもPHPのフレームワークとはなに?

PHPフレームワークはWebアプリケーションを開発するために使用する骨組みであり、基盤となるひな形のことを指します。


ひな形にはログイン機能や管理画面機能など多くのWebアプリケーションで使われる機能があらかじめ用意されており、ひな形で足りる部分はそのまま利用し、足りない機能は自分たちで実装するという使い方をします。


自分たちで最初から機能を構築する必要がないため、開発期間を短くでき、人員にかかる負担を減らすことができる点もフレームワークの利点です。


また、フレームワークには効率よく開発するためのルールが決められており、代表的なものは変数名の命名規約や設定値を書くファイルの指定、新しく作ったファイルを配置するためのフォルダなどです。


これらのルールは一見するとわずらわしく感じますが、フレームワークを使用した開発はルールを守らないとフレームワークの仕組みが崩壊して不具合が起きることもあるため、遵守することが大事になります。


また、フレームワークが使われるプロジェクトはエンジニアを複数人投入される大きな規模であることが多いため、それぞれが勝手な判断で開発を行ってしまうと破綻します。破綻を防ぐためにもフレームワークのルールは重要なものになります。

そもそもPHPのフレームワークとはなに?

PHPでフレームワークを使うメリット・デメリット

PHPでフレームワークの利用は、開発にさまざまなメリットをもたらしてくれますが、同時にデメリットもあります。ここではフレームワークのメリット・デメリットについて説明します。


・メリット


フレームワークを使用する最大のメリットは、開発効率の向上です。前述したとおり、フレームワークは開発するために必要となるひな形であり、多くのWebアプリケーションで搭載される機能はあらかじめ用意されています。そのため、無駄な機能の開発を行わずに済み、必要最小限のプログラミングで事足りるためにバグも残りにくく、工数削減に効果を発揮します。


また、フレームワークを使うことで機能追加も容易になるため、Webアプリケーションをリリースしたあとに新機能を実装する難易度が下がります。


・デメリット


フレームワークを使う最大のデメリットは、フレームワークの使い方に関する勉強が必要になるため、学習コストがかかるという点です。フレームワークは基本的に海外産のものが多いため、リファレンスも英語で書かれており、英語が読めないと翻訳サービスに頼ることになるため正しい日本語として情報を読み取りにくいという面もあります。


また、フレームワークは複数種類リリースされていますが、それぞれ書き方や細かいルールが異なっているため、たとえ1つフレームワークを経験したとしても別のフレームワークで知識が活きにくいところも問題といえるでしょう。

PHPでフレームワークを使うメリット・デメリット

PHPの開発現場ではフレームワークの知識が必須

フレームワークは開発現場で重要な存在であり、中規模から大規模なプロジェクトでフレームワークを導入していないところはほぼないといってもよいでしょう。そのため、PHPエンジニアにとってフレームワークの知識は必須であり、PHPを学ぼうと考えている人もPHPだけではなく、合わせてフレームワークに触れて同時に学習することをおすすめします。


また、フレームワークは、各プロジェクトの特性に合わせて使用する種類が異なるため、扱えるフレームワークの種類が多ければ多いほど重宝される傾向があります。とはいえ、世の中に出ている全てのフレームワークに精通することはできません。


この章以降でPHPフレームワークやトレンドを説明するので、参考にして学ぶフレームワークを選定するとよいでしょう。

PHPの開発現場ではフレームワークの知識が必須

初心者におすすめのPHPフレームワーク5選

PHPにフレームワークはさまざまな種類が存在しており、フレームワーク初心者はどれから触ればよいのかわからないはずです。そのため、ここでは初心者におすすめするフレームワークを5つピックアップしました。それぞれの特徴も紹介しますので、参考にしてください。


・Laravel(ララベル)


Laravelは2011年に登場した比較的新しいFrameworkです。GithubでPHPフレームワーク上最高の評価を受けたことから世界的に注目されて普及してきており、シェアナンバーワンを取るのも時間の問題とされています。


フレームワークはコーディング規約などのルール付けが厳しいものですが、Laravelは比較的ゆるく、自由にプログラミングすることが可能です。そのため、コードを書きやすいというメリットがあります。


・CakePHP(ケイクピーエイチピー)


CakePHPは日本で高いシェアを誇るフレームワークです。世界的に代表的なフレームワークの一つで、CakePHPという名前はケーキを焼くように簡単に開発が行えるという意味が含まれています。


フレームワークの構造が分かりやすく、比較的学習コストがかからないことから日本で多くの案件で使用されています。


・Symfony(シンフォニー)


シンフォニーが2005年にリリースされた比較的古いフレームワークでコーディング規約を重視しており、保守性と安定性に定番があります。


開発よりもリリースした後の保守整備を重視したフレームワーク設計そのため、開発が重要な中小規模の開発よりも保守が重要になる大規模な開発に向いています。


・FuelPHP(フュエルピーエイチピー)


FuelPHPは2010年にリリースされたもので、CakePHPやシンフォニーなどといった既存のフレームワークを参考にして開発されました。そのため、それぞれの長所を引き継いだ特性を持っています。


また、フレームワークは全体を通してコーディング規約が厳しく、自由にコードが書けない問題がありますが、FuelPHPの場合はコーディング規約に悩まされないよう設定を重視して設計されてるため、規約に縛られすぎて開発が滞るといった問題が発生しにくいというメリットが存在します。


・CodeIgniter(コードイグナイター)


フレームワークはコーディング規約が強くて自由に書きづらいというデメリットがありますが、CodeIgniterの場合は、コーディング規約がゆるめに設定されているため、フレームワークにしては自由度が圧倒的に高いという特徴があります。


また、軽量なため小規模なWebアプリケーションの開発に向いているという性質も存在します。

初心者におすすめのPHPフレームワーク5選

抑えておきたいPHPフレームワークのトレンドは?

2019年現在のPHPフレームワークのトレンドはLaravelでしょう。Laravelの情報を中心に収集することで流れに遅れることはありません。

どのPHPフレームワークを優先的に勉強すべき?

初心者が優先して学習すべきフレームワークはなんといっても日本で高いシェアを持つ、CakePHPとlaravelの2つです。


CakePHPはフレームワークの中でも構造が単純な部類なため、少ない学習コストで身につけられるでしょう。CakePHPを学ぶことでフレームワークの基本的な構造を理解できるはずですので、次はlaravelに挑戦し、今後のフレームワークのトレンドをおさえられればベストです。

どのPHPフレームワークを優先的に勉強すべき?

初心者向けPHPフレームワークの学習方法

フレームワークを学習するためには、まず公式サイトのリファレンスを読むことからはじめるとよいでしょう。基礎的なことはすべて公式サイトに記載されているので、逆に公式サイトを読まずにネットで検索して情報収集しながら勉強しても効率が悪くなってしまいます。


リファレンスを読みながら一歩ずつ学習を進めることをおすすめします。また、学習書の購入も良い手でしょう。学習書は、一冊読むだけで体系的にフレームワークの知識をつけることが可能になっているため、通して読むことで基礎知識は一通りつけることができます。

初心者向けPHPフレームワークの学習方法

まとめ

PHPを使ったWebアプリケーション開発において、フレームワークは必須の存在ですので、PHPの学習と一緒にフレームワークの学習を進めることをおすすめします。


また、おさえておくべきフレームワークはCakePHPとLaravelの2つです。可能であれば、どちらとも使いこなせるようになっておくと実際に開発が絡んだ時に便利です。

Written by 秋場和輝
Web制作会社でマークアップ・PHPエンジニアとして勤務したのち、現在は知見を活かしてIT・Web ・モバイル業界を得意分野とするライターとして活動。様々なオウンドメディアで記名記事を執筆している。

PICK UP NEWS