IT・WEB開発

仮想サーバーとは?仕組みやメリット・デメリットを説明!

サーバーといえばWebアプリケーションや、Webサイトを動かすために必要となる要素です。そのサーバーに仮想サーバーと呼ばれるものがあることをご存知ですか?この記事では仮想サーバーの概要や仕組み、メリット・デメリットについて紹介します。

仮想サーバーとは?仕組みやメリット・デメリットを説明!

仮想サーバーとは?

仮想サーバーとは1台の物理的なサーバーに対して仮想化ソフトを使って複数の仮想化されたサーバーを立ち上げて分割利用する方法です。


この方法を採用することで1台のマシンが複数台のサーバーの役割を果たしてくれるようになります。


 


仮想サーバーを導入することによってサーバーが複数台必要になったとしてもマシンは1台で済み、新しく購入する必要がないため金銭にも優しいという特徴があります。


また急遽新しいサーバーが必要になったとしても仮想サーバーを使用することによって、新規で仮想サーバーを立ち上げれば解決するため、新しいマシンの購入に走らなくてもよくなり時間的労力的なコストの削減に役立つ点も見逃せません。

仮想サーバーとは?

仮想サーバーの仕組み

仮想サーバーの手法としてメジャーなのがホスト型とハイパーバイザー型という二つの方法です。ここではホスト型とハイパーバイザー型の仕組みについて説明していきます。


 


・ホスト型


ホスト型はホストとなるOSで仮想化ソフトを利用してゲストOSをインストールし利用していく方法のことを指します。


具体例を挙げて説明するとパソコンに直接インストールされたWindowsで仮想化ソフトを使い、ゲストOSとしてLinuxを立ち上げて使うという方法です。


ホストOSに仮想ソフトをインストールするだけで済んでしまうため簡単ですが、ホストOSを経由してゲストOSが動作しているというかたちになるため、ハードウェアのスペックを十分に発揮できないという点が存在します。


つまり、ハードウェア→ホストOS→仮想化ソフト→ゲストOSの流れで動いているというわけですね。


 


・ハイパーバイザー型


ハイパーバイザー型ではハードウェアの上でホストOSを経由することなくゲストOSを動かします。


ホスト型ではどんなハードウェアでも実現することが可能でしたが、ハイパーバイザー型では専用のハードウェアが必要になります。手間はかかりますが、直接ハードウェア上で動作するためホスト型と比べると処理速度が速く、近年ではハイパーバイザー型が主流になっています。


ホスト型と比べるとハイパーバイザー型は、ハードウェア→ハイパーバイザー→ゲストOSの流れで動いているのです。

仮想サーバーの仕組み

仮想サーバーのメリット

仮想サーバーには物理的なサーバーにはない特徴的なメリットが存在します。その代表が省スペースで済むということです。


サーバーが必要な数だけ物理サーバーを集めるとそれだけサーバーを設置している部屋のスペースを占領してしまいますが、仮想サーバーを利用すれば物理的サーバー1台に複数台仮想サーバーを立ち上げることができるため、物理サーバーは最小限の台数で済みます。


また、サーバー台数を1つにまとめることによって効率的に運用することも可能になります。例えば会社の部署ごとにサーバーを導入している場合、それぞれ各サーバーの稼働率が低くハードウェアの性能を十分に引き出せていないことがあります。例えば部署が5つあるとして、各部署に導入されているサーバーのCPU使用率が10%程度の場合は、ハードウェアの性能がオーバースペックのため、わざわざ5台のサーバーで運用する必要はありません。その場合は仮想サーバーを導入することによってハードウェアを1台に集約することで、リソースを有効活用することが可能になります。


つまり、1台のハードウェアで仮想サーバーを5台稼働させるようにすればCPU使用率は50%になり、オーバースペックだったハードウェアのリソースを有効活用できるというわけです。


サーバーを集約すれば部署ごとで導入していたサーバーを他の用途に回すこともできるため、物理的なリソースの再利用が可能な点も利点でしょう。

仮想サーバーのメリット

仮想サーバーのデメリット

仮想サーバーのデメリットは、1つのハードウェアの上で複数の仮想サーバーを運用するため、ハードウェアのスペックが低いと逆に効率が悪くなってしまう可能性があるという点です。そのため仮想サーバーを運用する上では、高スペックのハードウェアを選定する必要があります。


また限られたハードウェアの台数で複数の仮想サーバーを動かしているため、バックアップのタイミングやハードウェアが万が一故障した場合の障害対策など運用面が複雑になる点もデメリットといえます。

仮想サーバーのデメリット

仮想サーバーと物理サーバーの違い

ここまで仮想サーバーのことを説明してきましたがそもそも物理サーバーとはどういったものなのでしょうか。


物理サーバーはその名前の通りハードウェアに直接インストールされたサーバーのことを指します。


インストールされたサーバーに登録されたユーザー数やアクセスが多くなり現状のスペックではきついと感じた場合はハードウェアにメモリを増強したり、ハードディスクやSSDの容量を多くするなど自在にカスタマイズすることが可能です。


 


また1台のハードウェアに1台のサーバーしか入っていないため、ハードウェアの障害が起きた場合はインストールされているサーバーにしか影響が出ません。もし、仮想サーバーが複数台入っている場合はそのすべてに影響が出てしまいますが、物理サーバーの場合は最小限の影響にとどめることが可能です。


物理サーバーと仮想サーバーをわかりやすく比較すると物理サーバーは自社ビルを持っている会社、仮想サーバーはオフィスビルの中に入っている一つの会社と表現できるでしょう。

仮想サーバーと物理サーバーの違い

主な仮想化ソフト

仮想サーバーに必要な仮想化ソフトは複数種類があります。ここでは主な仮想化ソフトを紹介します。


 


【ホスト型仮想化ソフト】


・VMWare Workstation Pro


VMware Workstation ProはVMware社が開発し1999年にリリースして、現在もなお使われ続けている仮想化ソフトです。ワークステーションを利用すればホストOSの上に複数のゲストOSを同時に起動することが可能です。


 


・Oracle VM VirtualBox


virtualboxはオラクル社が開発して2007年にリリースした仮想化ソフトです。VMware Workstationと同じく現在も使われ続けており、ホスト型仮想化ソフトの代表的な存在です。


 


virtualboxのホストOSの上に複数のゲストOSを同時に展開して起動することが可能になっています。


 


 


【ハイパー型仮想化ソフト】


・Microsoft Hyper-V


Microsoftが開発してリリースしている Hyper-Vはハイパーバイザー型の仮想化システムであり1台のハードウェア上に複数のゲストOSを展開することが可能になっています。Hyper-VはWindowsの一つの機能として提供されているものであり、他の仮想化ソフトとは違ってWindows系OSでしか使用することができません。


 


・VMWare vSphere


vSphereはVMware社の開発したハイパーバイザー型の仮想化システムで、hyper−v同様1台のハードウェア上で複数のゲストOSを立ち上げることができます。


 


vSphereはセキュリティが強固であることが有名で、同じハイパーバイザー型のHyper−V と比較すると導入するリスクが低く、ファイルサイズも小さいため攻撃対象にもなりにくいという利点があります。

主な仮想化ソフト

仮想サーバーを提供しているサービス

仮想サーバーを提供しているサーバーサービスをVPSといいます。VPSは「Virtual Private Server」の略で、日本語では「仮想専用サーバー」という意味になります。


ここでは代表的なVPSサービスを提供している業者を紹介します。


 


・さくらのVPS


さくらのVPSは1996年創業の老舗サーバーホスティング業者であるさくらインターネットが運営しているサービスです。長年サーバホスティング業を行ってきただけあって信頼性が高く、特に法人に向けられてサービスが設計されているため、性能の高いサーバーを借りることが可能です。


 


・ConoHa VPS


ConoHa VPSは利用者数が16万人を超える人気のサービスで、パソコンの知識があまりない人でも目的に合ったVPSを作れるようになっている点が高く評価されています。使用可能なOSの種類も国内VPSの中では一番多く、様々な人のニーズを叶えることができるサービスです。


 


・KAGOYA CLOUD


kagoya Cloud はホスティング事業を20年以上行っているカゴヤ・ジャパンが運営しているサービスです。サポートに力を入れているところで、ほかではあまり行われない電話サポートを毎日受け付けており、対応も良いと評判です。

仮想サーバーを提供しているサービス

まとめ

仮想サーバーは1台のハードウェアに複数台立ち上げられるため経済的でもあり、特に中小企業ならば重宝する技術ではないでしょうか。


仮想化ソフトを使うだけで仮想サーバーを導入できてしまうという手軽さも魅力です。


特に技術力も必要ないため、興味があるのであれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

Written by 秋場和輝
Web制作会社でマークアップ・PHPエンジニアとして勤務したのち、現在は知見を活かしてIT・Web ・モバイル業界を得意分野とするライターとして活動。様々なオウンドメディアで記名記事を執筆している。

PICK UP NEWS