IT・WEB開発

CSSのフレームワークとは?レスポンシブに対応している?

Web制作にとってCSSはなくてはならない重要な要素です。ただ、WebサイトやWebアプリケーションを作る時に1からCSSを組むのは労力を要します。実はそれを解消してくれるCSSフレームワークという存在があるのをご存知ですか?
ここではCSSフレームワークの概要やメリットデメリットおすすめのCSSフレームワークについて説明します。

CSSのフレームワークとは?レスポンシブに対応している?

CSSフレームワークとは?

CSSフレームワークは最初からある程度のデザインやレイアウトが決まっているフレームワークで、ルールで決められたクラス名やIDを指定するだけで、あらかじめ作られたデザインが適用されるようになっています。


そのため、Web制作を効率的に進めることができ、工数削減につながります。また、CSSフレームワークにはルールが決まっているため、複数人で作るときもClass名の付け方などが統一され、一貫性を保つことができてメンテナンスも容易になります。

CSSフレームワークとは?

CSSフレームワークはレスポンシブに対応している

スマートフォンの登場から対応必須になっているレスポンシブ対応もCSSフレームワークは適応済みであり、自分たちで対応する必要はありません。そのため、安心してCSSフレームワークを使用することができます。


またあらかじめレスポンシブ対応が組み込まれているということは、自分たちで行うよりルールが明確化されるため、ミスの減少につながります。そのためWebサイトやWebアプリケーションが完成してからのチェックも少なくすることができるため、開発段階だけではなく確認段階の工数も削減することが可能になります。

CSSフレームワークはレスポンシブに対応している

CSSフレームワークは使うべき?

CSSフレームワークはWebアプリケーションなどで同一のデザインレイアウトを適用したい場合は使うべきで、特に有効なのは管理画面などデザインがあまり重要ではない画面です。逆に使わない方が良い場面は、企業のWebサイトなどでオリジナリティを出したい時です。


CSSフレームワークはあらかじめ用意されたテンプレートデザインをメインで使うため、全体の統一感は出るのですが逆にいうとどこにでも見られるデザインになるので、人の目を引く効果は望めません。そのため、オリジナリティや見た相手に印象づけする必要がある時はCSSフレームワークの適用は控えたほうが良いでしょう。

CSSフレームワークを使うメリット

CSSフレームワークを使うことで得られるメリット大きく、魅力的なものが多いでしょう。ここではCSSフレームワークを導入することで受けられるメリットを紹介します。


 


・デザイナーがいなくても魅力的なデザインを使える


CSSフレームワークは優れたテンプレートデザインが用意されているため、デザイナーが不在でも魅力的なデザインをしているWebサイトやWebアプリケーションを作成することができます。デザインにあまり詳しくない人が不慣れなデザインを行うと余白がなかったり、文章の行間がない、配色にセンスがないといった問題が発生しますが、CSSフレームワークを使えばこれらの問題は解決します。また、デザイナーがいない小さなソフトウェア会社はデザインを外注することもありますが、CSSテンプレートを使用することでデザイン面をクリアできるため、外注費を抑えることも可能です。


 


・コーディングルールが統一されているのでメンテナンスが楽


CSSテンプレートはあらかじめ決められたコーディングルールに則ってID名やCLASS名などを設定していきます。そのためマークアップ担当がそれぞれの判断でバラバラのID名やCLASS名をつけることがないため、開発時はもちろんメンテナンスするときもコーディングルールに従って作業すればよいので楽に行なえます。


 


・厳格にCSSルールを守ってコーディングされている


CSSフレームワークのCSSはW3Cが設定したCSSルールに厳格にそってコーディングされています。そのため、ブラウザ間で崩れることもなく、安全にデザイン面を構築していくことができ、確認も時間をかけず行えるため工数削減にもつながります。


 


・アニメーション要素が揃っている


WebサイトやWebアプリケーションでよく使う要素にスライドショーやスムーススクロールなどアニメーションがありますが、自分たちで実装していくとなるとライブラリを揃えたりコーディングする手間がかかります。しかし、CSSフレームワークではアニメーションの定義が定義されているため、新しく実装する必要はありません。


 


・ボタンなどUIに関する部品が揃っている


CSS フレームワークではボタンやフォーム、情報の送信成功時や失敗時のアラートなどWebサイトやWebアプリケーションで必要となるUIに関する部品が一通り揃っており、新しく定義する必要がありません。UIに関する部品のデザインやレイアウトを一から行おうとすると手間になるため、労力た制作時間の節約に役立ちます。


 


・レスポンシブデザインのブレークポイントの定義が不要


レスポンシブデザインではパソコンタブレットスマートフォンの画面に切り替えるためのブレークポイントの設定が重要になりますが、自分たちで決めようとすると設定する箇所が多く面倒です。CSSフレームワークではあらかじめブレークポイントが定義されているため、設定を遵守すればデバイスを切り替えた時にデザイン崩れが起こる心配もなく、安心して制作に取り組むことができます。

CSSフレームワークを使うメリット

CSSフレームワークを使うデメリット

CSS フレームワークはメリットが目立ちますがデメリットも存在します。ここでは代表的なデメリットを説明します。


 


・学習コストがかかる


CSSフレームワークにはコーディングルールがあるため、どうしても学習コストがかかってしまいます。ある程度コーディングルールを把握するまでは制作しながら公式リファレンスを見たり、Webで検索して情報を仕入れながら行うことになるため時間がかかりやすい傾向にあります。しかし、覚えてしまえばスムーズに制作を進めることが可能になりますので、それまでの我慢することが大事です。


 


・公式リファレンスが初心者には難しい


公式リファレンスは基本的にHTMLやCSSに対してある程度知識がある前提で書かれているため、マークアップ初心者には少々お分かりづらくつらい面があります。また、多くは英語を日本語に翻訳しているため日本語として不自然な面もあり、行間を読む必要もあります。


 


・特徴的なデザインになりにくい


CSSテンプレートの特性上仕方のないことではありますが、人目を大きく引く特徴的なデザインにはなりにくいところがあります。


 


・細かいデザインの調整に向いていない


CSSテンプレートは厳格にCSSが構築されているため、余白を少し開けたいなどデザインの調整に向いていません。逆に調整をしてしまうことでバランスが崩れたり不都合が出たりと厄介な問題が発生することが多く、デザインの調整は控えてたほうがよいでしょう。

CSSフレームワークを使うデメリット

おすすめのCSSフレームワーク10選

CSSフレームワークは様々なものがリリースされています。ここではおすすめのCSSフレームワークを10個紹介します。


 


・Bootstrap4


あのNASAでも使用されているCSSフレームワークの代表的存在で、世界で一番使われています。CSSだけではなくJavaScriptも含まれているため、ダイアログボックスなども標準で搭載しています。また日本でも多く利用されていることもあって情報が多く、初心者にも優しいCSSフレームワークであるといえるでしょう。


 


・UIkit


CSSフレームワークの問題点であるほかのCSSとバッティングをしにくいように設計されたCSSフレームワークです。独自のCSSを取り入れたい人におすすめです。


 


・Materialize


Googleが提唱しているマテリアルデザインを取り入れたCSSフレームワークです。使い方はBootstrapに似ていBootstrapを使ったことがある人は少ない学習コストで使用できるでしょう。


 


・Foundation


世界中で人気であるBootstrapの次に人気があるといわれているCSSフレームワークで、カスタマイズ性を重視しています。CSSフレームワークをベースにデザインを調整したいと考えてる人に最適でしょう。


 


・Pure


軽量であり無難なデザインをしているためどんなWebサイトやWebアプリケーションにも対応することができるCSSフレームワークです。


 


・Skeleton


グリッドやボタン、フォーム、テーブルなど CSSコンポーネントだけで構成されており、必要最小限のスタイルに限定したCSSフレームワークです。非常にシンプルなため、学習コストが少なくて済むというメリットがあります。


 


・Base


WebサイトやWebアプリケーションのデザインに必要となる最小限の部品だけで構成されているCSSフレームワークです。Baseで用意された部品を上書きし、カスタマイズすることが前提として設計されています。


 


・Bulma


軽量さとFlexboxを採用した点が特徴のCSSフレームワークで、徐々に支持を集めています。JavaScriptを必要としないため、手軽に使える点もポイントです。


 


・chota


僅か3KBという驚異的な軽さを持つCSSフレームワークです。特徴はCSSコンポーネントのみ保持しており、JavaScript を持っていないところでしょう。そのため、シンプルな構造を実現しています


 


・Almost Flat UI


デザインパーツがすべてフラットデザインで構成されていて、2019年現在のニーズに沿っているため使いやすいCSSフレームワークの一つです。

おすすめのCSSフレームワーク10選

CSSフレームワークを使うべき場面

CSSフレームワークを使うべき場面は、デザインにあまり時間をかけられないときやWebアプリケーションのモックアップを作るときなどでしょう。


短時間で美しいデザインを実現できるため、時間や労力のコストパフォーマンスがとてもよいわけです。デザインより機能重視のWebサイトやWebアプリケーションの場合などにも効果を発揮するでしょう。

CSSフレームワークを使うべき場面

まとめ

CSSフレームワークには様々な種類がありますが、共通しているのは決められたコーディングルールに沿って制作していくことです。


CSS フレームワークを使うことによってデザイナーがいない会社でも見栄えの良いWeb サイトやWebアプリケーションを作ることができるので重宝しますが、どうしても学習コストがかかってしまいます。CSSデザインが提供するメリットとデメリットを天秤にかけて、採用するかしないかを選択する必要性があります。

Written by 秋場和輝
Web制作会社でマークアップ・PHPエンジニアとして勤務したのち、現在は知見を活かしてIT・Web ・モバイル業界を得意分野とするライターとして活動。様々なオウンドメディアで記名記事を執筆している。

PICK UP NEWS