IT・WEB開発

WordPressとは?使うメリットやデメリットは?

代表的なCMSであるWordPressを知っていますか?
WordPressを使うことでWebサイトからブログまで簡単に作れてしまうため、WordPressは世界中から多くの支持を集めています。この記事ではWordPressの概要からメリット・デメリット、おすすめの学習方法などを中心に説明します。

WordPressとは?使うメリットやデメリットは?

WordPressとは?

WordPressとはCMS(コンテンツマネジメントシステム)の一つで、Webサイトを公開する手段の一つとして挙げられます。


一般的なWebサイトはマークアップやプログラミングの知識が多少必要になりますが、WordPressを使用することで専門的な知識は必要なくなり、ブログを更新する感覚で簡単に記事の投稿ができます。そのため、企業のコーポレートサイトから個人や法人が経営するアフィリエイトサイト、キュレーションサイトなどから、ブログまで幅広い用途で使用されています。


WordPressのほかにもCMSは存在していますが、CMS=WordPressといった具合にCMS市場のほとんどのシェアを持っており、世界中のWebサイトの約4分の1はWordPressで作られていると言われているほど有名なコンテンツです。

WordPressとは?

WordPressの特徴

WordPressにはいくつか見逃せない特徴があります。


・オープンソースであり、無料で手に入る


WordPressの最大の特徴がオープンソースで作られているということです。オープンソースはソースコードを無償で展開して、自由に改変して配布することを許可しているということ。そのため、WordPressは無料で手に入り、開発者有志によって継続的に開発され続けています。


・サーバーにインストールする必要がある


WordPressはブログサービスなどではなく、あくまでソフトウェアですから、使用するためにはレンタルサーバーを借りてインストールする必要があります。インストール作業はパソコンにある程度精通している人なら問題ありませんが、パソコンが苦手な人には少し難しいかもしれません。


・広告を掲載できる


WordPressは、ブログサービスと異なって制限がないため、アフィリエイト広告やGoogleアドセンスなど広告を自由に掲載できます。そのため、月間何万PVものコンテンツに育てば広告料が手元に入ってくる可能性もあります。

WordPressの特徴

WordPressのメリット

WordPressはプログラミングやマークアップがわからない人でも扱えるよう、ユーザーフレンドリーな設計が行われています。ここではWordPressが持つメリットを説明します。


・記事作成や投稿が簡単


WordPressは、編集画面の操作がわかりやすいため、簡単に記事の投稿を行うことができます。文章だけでなく、画像や動画の挿入も可能です。


・プラグインで拡張できる


WordPressには「プラグイン」と呼ばれる、便利な拡張機能があります。設置する際にPHPやCGIの知識が必要になるお問い合わせフォームもプラグインを使えばインストールするだけで使用可能になります。


・デザインを簡単に変更できる


WordPressには、デザインを変更できるデザインテンプレートがあります。自分の目的に沿ったデザインを選ぶだけで、簡単に魅力的なWebサイトを作成できます。

WordPressのメリット

WordPressのデメリット

WordPressは大きなシェアを持つCMSですから、悪質なクラッカーからターゲットにされやすく、セキュリティの面で心配があります。セキュリティアップデートは常に行われていますが、アップデートが行われても100%安心とはいえません。未発見の脆弱性を見つけて攻撃してくる可能性だってあるのです。


また、WordPressは表示するときにWebサイトのデータベースからページを構成するパーツを呼び出して表示することから、データベースを使用していない静的なHTMLのみで作られたWebサイトと比べると表示するまでに時間がかかります。

WordPressのデメリット

WordPressを使うべき場面

WordPressを使うべき場面は多くの人に見てもらいたいコンテンツを配信する場面です。WordpressはSEO(検索エンジン最適化)に強く、書いた記事などのコンテンツをGoogle やYahoo!で検索上位に表示させることが可能になっています。


また、多くの人にウェブサイトに行ってきてもらうことで収益化が図れるアフィリエイトサイトやキュレーションサイトにも向いているといえるでしょう。

WordPressを使うべき場面

WordPressのおすすめ学習方法

WordPressを学習するためには、プログラミング学習サイトから入って、学習書を読み、テーマを自作してみるといった順番で勉強する方法がおすすめです。


1. ドットインストールで学習する


WordPressを学習するために、まずはプログラミング学習サイト「ドットインストール」を利用しましょう。ドットインストールは、動画を通してWordPressの基礎やテーマ作り方を学ぶことができるため、WordPress初心者が学習する最初の一歩として最適な学習サイトです。


ドットインストールを使うことでWordPressの基礎知識はほぼおさえることができるため、頑張りましょう。


2. 学習書で学習する


ドットインストールで基礎的な知識を学んだら、WordPressの学習書を読んで、本格的に学習しましょう。細かい部分まで知ることでより深くWordPressについて理解することができます。


3. 自作のテーマを作る


ドットインストールや学習書である程度学習したら、WordPressで自作のテーマを作ってみましょう。実際に操作し、テーマを一から作ることで、WordPressの仕組みについて理解できるようになるでしょう。

WordPressのおすすめ学習方法

WordPressのおすすめ学習書

ここではWordPressの勉強に役立つおすすめの学習書を紹介します。


 


【初心者におすすめ】


・はじめてのブログをワードプレスで作るための本


初めてブログを作る人に焦点を当てたWordPressの入門書です。WordPressの使い方や独自ドメイン、サーバーのレンタル方法などブログを書くために必要不可欠な知識が詰まっています。


 


【デザインを学びたい人におすすめ】


・WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書


WordPressの基礎知識やサイトを構築するための手順オリジナルのテーマの作成や運用など、WordPressを使ったWebサイトの構築運用に役立つ知識が一冊に詰まっています。Webデザイナー向けということもあって特にWordPressのテーマ作成に関する記述が多く、WordPressの中でも特にデザインに関して勉強したいと感じてる人にオススメの一冊です。


 


【深く学びたい人におすすめ】


・WordPress Web開発逆引きレシピ WordPress 4.x/PHP 7対応


WordPressの教本ではなく WordPressを使ったWeb開発で使うことができるTIPS集になっています。開発の現場でぶつかる壁を乗り越えるために逆引き式に作られており、一冊を通して読み込むのではなくトラブル対処のマニュアルとして使用されることを想定して書かれている本です。

WordPressのおすすめ学習書

まとめ

WordPressは世界で大きなシェアを持つCMSで、マークアップはプログラミングの専門的な知識がなくても扱えることからさまざまな人から幅広い用途で使用されています。


編集画面の操作が分かりやすく、簡単に記事の投稿ができますが、悪質なクラッカーのターゲットになりやすいのでセキュリティには常に気をつけましょう。


WordPressの操作や使い方を知っているとWebサイト制作やブログの運営などで役に立つので、覚えておいて損はないでしょう。

Written by 秋場和輝
Web制作会社でマークアップ・PHPエンジニアとして勤務したのち、現在は知見を活かしてIT・Web ・モバイル業界を得意分野とするライターとして活動。様々なオウンドメディアで記名記事を執筆している。

PICK UP NEWS