マーケティング・ビジネスサポート

マーケティングにおける5C分析とは?

マーケティングにおいて戦場分析は市場構造を理解するために欠かすことができません。
市場構造を理解することができれば、その市場の中で有利に経営を続けていくことができます。
かつての戦国武将たちが地の利を得て戦を有利に進めたように、ビジネスにおいても市場を理解して経営を有利に進めていかなければ他の企業に後れを取って勝ち残れなくなってしまいます。
今回は、市場構造を理解するために必要不可欠な戦場分析の1つの方法である5C分析をご紹介します。

マーケティングにおける5C分析とは?

5C分析の5つのCとは?

5C分析の5つのCは次の5つの英単語の頭文字を取ったものです。
Company(自社)、Consumer(消費者)、Customer(中間顧客)、Competitor(競合他社)、Community (地域)。
これらの5Cを分析することで戦場分析をして市場構造を理解します。

5C分析の5つのCとは?

5C分析のCompany(自社)とは?

ここでは自社の経営資源や強みや弱みを分析します。
自社にはどれだけの予算や設備、知財、情報があるのかを分析するのはもちろんのこと、どのような能力を持った人材がいるのかを分析することも欠かしてはいけません。
そして自社の過去の経験を踏まえて強みは何なのか、弱みは何なのかを分析することも必要です。

5C分析のCompany(自社)とは?

5C分析のConsumer(消費者)とは?

消費者を分析することがマーケティングの根幹となっていると言っても過言ではありません。
消費者をしっかりと分析できなければ、マーケティングが成功しているとは言えないんです。
まず消費者を分析するには、年齢や性別などの量的に分析します。
どの年齢層の人が主に商品を購入しているのか、消費者はどちらの性別が多いかなどを分析します。
そして、ここでは消費者の深層心理も分析しなければいけません。
なぜこの商品を購入したのか、消費者にはどんな悩みや欲望、価値観があるのかを徹底的に分析します。

5C分析のConsumer(消費者)とは?

5C分析のCustomer(中間顧客)とは?

中間顧客とは自社と消費者の間にいる流通業者や販売業者などを指します。
この中間顧客を分析しておかなければ、実際に商品が消費者の目に届く店頭を支配することができません。
店頭を支配することができなければ、そもそも商品を消費者に届けることができないので中間顧客の分析は重要になってきます。
中間顧客の分析では自社の分析と同じように、経営資源や強み弱みなどを分析していきます。

5C分析のCustomer(中間顧客)とは?

5C分析のCompetitor(競合他社)とは?

競合他社とはライバル会社のことです。
例えば、チョコレート業界で言えばロッテと明治は競合他社となります。
そして、ロッテにとって競合他社となるのはチョコレートを販売している企業だけではありません。
もっと広く競合という意味を捉えると、お菓子を販売している全ての企業も競合他社と言えます。
このように、競合他社は一般的に考えられがちなライバル会社だけでなく、一見関わりのないような企業も競合他社として捉えて分析しなければいけません。

5C分析のCompetitor(競合他社)とは?

Written by ユウスケ
SE、プログラマー
現在はアフィリエイターの専属ライターとしてアフィリエイト記事を毎日書いております。
また、Webライターとして様々なジャンルの記事を執筆中。
ライティングスキルを磨くために日々精進しています。

PICK UP NEWS