マーケティング・ビジネスサポート

コンテンツマーケティングの必須知識!SEOの基本の考え方

副業としてコンテンツマーケティングの記事作成を行う場合、知っておくべきことのひとつに「SEO(検索エンジン最適化)」があります。SEOの細かなアルゴリズムは日々アップデートされていますが、基本的な考え方は変わりません。ここでは、その基本的な考え方について紹介します。

コンテンツマーケティングの必須知識!SEOの基本の考え方

コンテンツマーケティングのSEOで重視すべきは「ユーザー」!

SEOとは、ひとことで言うならば「ウェブページをGoogle検索結果の上位に表示させるために必要な対策」です。そのために必要なこととして、何年か前までは、表示させたいキーワードをページのテキスト全体の何%程度含めることや、外部リンク(ほかのページからのリンク)を多く取得することなどが必要だと言われてきました。しかし、現在はこの方法は通用しません。

コンテンツマーケティングのSEOで重視すべきは「ユーザー」!

まずはGoogleの「ウェブマスター向けガイドライン」をチェック

SEOを考えるときにはまず、Googleの「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に目を通しておきましょう。このガイドラインには、Googleがどんなページを評価するか、つまり検索結果の上位に表示するかについての考え方が書かれています。Googleの検索アルゴリズムは日々変化していきますが、重要な考え方であるこのガイドラインはそう頻繁に変わりません。

まずはGoogleの「ウェブマスター向けガイドライン」をチェック

ユーザーに役立つオリジナルの記事を作成することが大切

記事を作成するときに必要なことは、ユーザーの役に立つ、オリジナルの文章を書くことです。たとえば、「コンテンツマーケティング」というキーワードで検索したときに上位表示される記事を作りたければ、コンテンツマーケティングに関する、あなたにしか書けない文章を書かなければいけません。ほかのページの文章を適当にコピーして作った文章や、内容が薄い文章は上位に表示されにくくなります。

ユーザーに役立つオリジナルの記事を作成することが大切

「ユーザーは何を知りたがっているのか」を考える

ユーザーに役立つ記事を作成するにはまず、ユーザーが知りたがっていることについて考える必要があります。「コンテンツマーケティング」というキーワードで記事を書くなら、そのキーワードで検索している人が何を知りたがっているのか考え、その答えとなるような記事を書く。これが、SEO目的の記事を作成するために必要な基本の考え方です。SEOについての細かなテクニックは、この基本を理解した上で使っていく必要があります。

「ユーザーは何を知りたがっているのか」を考える

Written by 鶴原早恵子
企業のコーポレートサイトやECサイトのウェブページやコラム、ECサイトのメールマガジンなどを中心に作成しているライター。
得意ジャンルはマーケティングや働き方関連、鉄道や京都案内など。インタビューなどの取材経験も豊富。

PICK UP NEWS