マーケティング・ビジネスサポート

ポジショニングを理解して副業を有利に!

マーケティングを行う際には、さまざまな視点から考え、分析することが必要です。その視点や考え方のひとつに、ポジショニングと呼ばれるものがあります。ポジショニングの考え方は副業をするときも役立つので、ぜひ理解しておきましょう。

ポジショニングを理解して副業を有利に!

ポジショニングとは、自分だけのポジションを確立すること

ポジショニングというのは一言でいえば、競合他社と差別化し、自分だけのポジションを作ることを意味します。たとえば新しいスマートフォンを開発する場合に「デザイン性はA社が、カメラの性能はB社が優れている。であればうちは、耐久性で勝負してアウトドアでも安心して使える機種を開発しよう」と、既存の人気機種とかぶらない特徴を探して開発コンセプトにするようなことだ、と理解するといいでしょう。

ポジショニングとは、自分だけのポジションを確立すること

だけど、独自ポジションを確立すればOKと限らない

ポジショニングを考える際に気をつけなければいけないのは、自分だけのポジションであればいいとは限らないということです。副業として写真を撮影・販売する場合、「きれいな写真はたくさんあるから、あえて雑然とした雰囲気の写真を撮って販売しよう」と決めたところで、その写真に対するニーズがなければ写真は売れません。「ここにビジネス(副業)としてやっていけるだけのニーズはあるか」を考えることを忘れてはいけません。

だけど、独自ポジションを確立すればOKと限らない

ポジショニングの実践~まずは、ライバルを研究!

そこでするべきは、まずライバルの研究です。副業で写真を撮影し販売する場合、まずはどんな写真が売れているのかをチェックします。そして、その売れ筋の写真からちょっと軸をずらしたところにニーズがないかを考えます。鮮やかな風景の写真があれば、色調を抑えたり、セピアやモノクロに加工したりした風景写真は売れるだろうかと試してみればいいでしょう。ブログ用のサイズが小さい画像が人気なら、ポスターやカードなどに印刷しても十分美しい高解像度の写真のニーズはどうだろうか、と考えてみてください。

ポジショニングの実践~まずは、ライバルを研究!

ポジショニングには試行錯誤が必要

ポジショニングは、1回できちんと決まることはまずありません。何度も仮説を立て、試行錯誤を繰り返していくことが必要です。また、差別化するために価格を抑えたりすると、安売り競争に巻き込まれ「せっかく副業をしているのに収入が思ったように増えない」という本末転倒になってしまいます。きちんと副業収入を得られるよう、適正な価格でユーザーのニーズに応えられる独自のポジションを確立することが重要です。

ポジショニングには試行錯誤が必要

まとめ

ポジショニングについて、基本的な考え方と副業への活かし方について簡単に説明しました。今回はわかりやすい写真販売を副業の例に取り上げましたが、ライターや音楽・動画制作でも基本は同じです。ぜひ、競合やニーズを研究して自分のポジションを見つけてください。

Written by 鶴原早恵子
企業のコーポレートサイトやECサイトのウェブページやコラム、ECサイトのメールマガジンなどを中心に作成しているライター。
得意ジャンルはマーケティングや働き方関連、鉄道や京都案内など。インタビューなどの取材経験も豊富。

PICK UP NEWS