マーケティング・ビジネスサポート

マーケティングの資格を取得するメリットとは?

マーケティング関連の資格を取得しておいたほうがいいか悩んでいる人もいることでしょう。マーケティング関連の仕事をする上で、資格は必ずしも必要ではありません。しかし、資格を取得することやそれに向けて勉強することにはいくつかのメリットもあります。

マーケティングの資格を取得するメリットとは?

マーケティング関連の資格取得が意味するもの

マーケティング関連の試験には、マーケティング・ビジネス実務検定などいくつか有名な資格・検定試験があります。マーケティングの仕事には、これらの資格や検定は必ずしも必要ありません。資格を取らずにマーケティングの仕事をしている人は多くいます。しかしだからといって、マーケティング関連の資格取得に意味がないと考えるのは正しくありません。マーケティングの資格取得や検定受験にはいくつかメリットもあります。

マーケティング関連の資格取得が意味するもの

資格試験は体系的な知識習得・定着のチャンス

資格試験のメリットの中でも最も大きなものは、マーケティングについて体系的に勉強する機会が得られることです。マーケティングでわからないことが出てきたときは、インターネットで検索をすればその答えはわかります。しかし、そうやって得た知識は断片的になりがちです。また、マーケティングの書籍を読めばある程度まとまった知識を得ることができますが、読んだだけではなかなか知識は定着しません。しかし、試験を受けるために勉強するとなると、体系的に知識を得、それをきちんと定着させることができます。

資格試験は体系的な知識習得・定着のチャンス

資格取得が差別化につながる可能性

実務経験が浅い人の場合、資格を持っていることが差別化につながる場合があります。たとえば実務経験が同じ年数の場合、資格を持っているほうがマーケティング関連業務に対して意欲的であり、知識もあると判断される可能性は高くなるでしょう。しかし、十分に実務経験がある場合は、資格の有無より実務経験や実績に評価の重点が置かれるため、すでに現在ある程度の実績がある人にとっては、メリットはそれほど大きくないでしょう。

資格取得が差別化につながる可能性

資格取得にかかるコストと取得後のメリットを考えて判断

資格取得にはコストや時間がかかります。マーケティング関連の資格は民間団体の資格がほとんどで、中にはスタートして日が浅く規模も小さく、信頼性も十分とは言いがたいものもあるでしょう。こういったことを踏まえ、取得にどれだけコストがかかるか、取得後その資格がどれだけ実務に役立つかなどを考慮して取得するかどうか考えてください。

資格取得にかかるコストと取得後のメリットを考えて判断

まとめ

マーケティング関連の資格は、仕事をする上で必須ということはありません。しかし、マーケティングに関する知識を系統立てて学んでおきたいのであれば、そのきっかけとして取得を目指すことは意味があります。自分が現在持っているマーケティングの知識や経験に照らして、取得を目指すべきかどうか判断することが必要です。

Written by 鶴原早恵子
企業のコーポレートサイトやECサイトのウェブページやコラム、ECサイトのメールマガジンなどを中心に作成しているライター。
得意ジャンルはマーケティングや働き方関連、鉄道や京都案内など。インタビューなどの取材経験も豊富。

PICK UP NEWS