マーケティング・ビジネスサポート

副業Webマーケティングの具体的な業務と収入の目安

マーケティングという概念は非常に幅広いため、具体的な時業務内容がいまいち想像つかないという場合もあるでしょう。特に副業として行う場合、どういった業務を任されるのか不安です。そこで今回は副業として行うWebマーケティングの具体的な業務と臭にゅのめ目安について紹介します。

副業Webマーケティングの具体的な業務と収入の目安

幅広い業務から選ぶことができるのが副業のメリット

Webマーケティングを副業として行う場合、マーケティングに属する非常に幅広い業務からあなたのしたいものを選択することができます。もちろんクライアントとなる企業により依頼される業務内容は異なりますが、クライアントそのものを選択することで様々な業務に携わるチャンスがあるのですね。そのため収入もピンからキリまで様々となります。

幅広い業務から選ぶことができるのが副業のメリット

マーケティング戦略を提案する仕事もあります

副業であるにもかかわらず、企業のマーケティング戦略の立案にかかわる依頼も存在します。週に1~2度、リモートもしくは企業を訪れて、社員とともに戦略を練るのです。1日の業務で報酬が1万円を超えることもあり、副業収入5万円程度ならば比較的簡単い達成することができるでしょう。

マーケティング戦略を提案する仕事もあります

資料作成は比較的安価がだ、自宅でできる

資料作成の方面からWebマーケティングにかかわる副業もあります。資料作成の大きな魅力は自宅で作業ができる点であり、隙間時間を使って進めることができるのです。受注するためにはパワーポイントなどの基本操作ができる必要こそありますが、コミュニケーションコストも低く、副業として人気です。報酬としては、10ページ程度の資料作成で1万円程度のことが多いです。

資料作成は比較的安価がだ、自宅でできる

SNSによる集客の依頼は大きな成果が次につながりやすい

Webマーケティングの仕事には、SNSを利用した集客を任されるものもあります。Twitter、フェイスブック、インスタグラムといった利用者の多いSNSの投稿を後進して、商品・サービスに対する集客を行うのです。更新方法の大枠はクライアントから指示されることが多いですが、成果を出すことができるとあなたの実績として次の仕事に繋げることができます。報酬は1文字1円程度からが多くなります。

SNSによる集客の依頼は大きな成果が次につながりやすい

企業に足を運ぶ業務の方が報酬は高いが、時間的コストもかかる

このように副業として行うWebマーケティングは、企業のオフィスで働くこともできれば、リモートで在宅で行うこともできます。そして、企業に足を運ぶ業務の方が報酬は高くなる傾向があります。しかし同時に時間的コストもかかるため、あなたの生活に相応しい働き方を選びましょう。

企業に足を運ぶ業務の方が報酬は高いが、時間的コストもかかる

まとめ

Webマーケティングに必要なスキルと知識は多岐にわたります。これは裏を返すと、あなたのスキルを活かす場面が多いということです。過去にマーケティングをかじったことのある人は、自分の働きやすい方法を見つけてぜひとも副業としてのWebマーケティングに挑戦してみてください。

Written by 坂口 フミヤ
見切り発車で独立した専業ライターです。趣味は読書、映画鑑賞、ワイン、アート鑑賞、主にビジネス系の記事を作成しています。

PICK UP NEWS