マーケティング・ビジネスサポート

有料集客について知ろう!マーケティングの副業で稼ぐコツ

マーケティングの分野には副業につながる知識とノウハウが幅広く存在します。そして、広告の中においても良質な集客を期待できるものが有料広告です。今回はマーケティングと有料広告の関係を紹介し、どのような副業が成り立つのか解説していきます。

有料集客について知ろう!マーケティングの副業で稼ぐコツ

有料広告には幅広い手法がある

有料広告とは、その名のとおり媒体にお金を支払うことで広告を載せてもらうものです。具体例としては、古くからある新聞広告やテレビCMなどが代表例でしょう。しかし、副業として有料広告の作成を行う場合、対象となるのはインターネット広告であることが多いです。

有料広告には幅広い手法がある

インターネットの有料広告の代表がリスティング広告

インターネットの中における代表的な有料広告がリスティング広告です。リスティング広告とは、Googleなどでキーワードを検索した際に、「PR」という文字とともに検索結果の上部および下部に表示されるものです。こちらは検索キーワードと内容が紐づいているため、広告に興味を持ちやすいユーザーだけを狙って表示させていくことができます。

インターネットの有料広告の代表がリスティング広告

リスティング広告のメリット

先ほど述べたとおり、リスティング広告は商品・サービスに興味を持つであろうユーザーを狙って広告を表示させることができるため、広告の効果が高くなるメリットがあります。それこそ新聞広告は不特定多数の読者に広告を表示していきますが、リスティング広告は検索キーワードを利用することで商品・サービスの販売を高く見込むことのできる対象を狙うのです。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のデメリット

一方でリスティング広告は当然ながら集客のために大きな広告費がかかります。昨今はインターネット上での広告合戦も過熱してきているため、一つのリスティング広告をうつだけでも巨額の費用が必要となるケースもあるのです。特に同業他社が数多くいる業界においては、広告費は右肩上がりになる傾向があります。

リスティング広告のデメリット

副業でリスティング広告を作る

このようなリスティング広告について副業でかかわっていく場合、広告の中身を作る仕事が多くなります。広告の中にはテキスト、画像、写真などが効果的に配置されているため、コンテンツディレクターのもとでライター、イラストレーター、カメラマンとしてかかわり、副業とすることができるのです、ただし、いずれについても高国内の要素を的確に作成するスキルとノウハウが必要になります。

副業でリスティング広告を作る

まとめ

このようにマーケティング上で重要な位置を占める有料広告の作成を副業にすることができます。実際に効果のある広告を作成することができれば、それだけ単価もあがり、最終的に本業をしのぐ大きなビジネスとなることも少なくありません。副業でマーケティングを行うのであれば、有料広告の作成に関する知識はぜひとも頭に入れておきたいものです。

Written by 坂口 フミヤ
見切り発車で独立した専業ライターです。趣味は読書、映画鑑賞、ワイン、アート鑑賞、主にビジネス系の記事を作成しています。

PICK UP NEWS