マーケティング・ビジネスサポート

他言語のスキルがお金に!翻訳業務はビジネスサポートの代表例

従来、翻訳は一部の専門家が行うもので、素人が副業として始めるには高いハードルがありました。しかしクラウドソーシングの発達と、業界の人材不足から現代においては、副業として単発から翻訳業務を行うことができます。あなたの他言語スキルを活かし、副業収入を得ていきましょう。

他言語のスキルがお金に!翻訳業務はビジネスサポートの代表例

翻訳のニーズはいたるところにある

昨今、中小企業であっても海外進出を目標としていることも多く、翻訳業務に対するニーズは高まりを見せています。特に中小企業は社内に翻訳家を雇う資金力に欠けることもあり、必要に応じて翻訳業務を外注するというスタイルをとることが多いのです。つまりあなたの多言語スキルを活かすチャンスは無数に転がっているということです。

翻訳のニーズはいたるところにある

クライアントの多くは中小企業もしくは個人

このように副業として行う翻訳業務のクラインとは多くの場合、中小企業もしくは個人となります。それこそ昨今は個人の作った動画コンテンツに英語の字幕をつけるといった業務もあります。そのため一つのクライアントから継続的に依頼を受ける機会は決して多くありません。そのため翻訳の副業で継続的な副業収入を得るためには複数のクライアントと関係を構築する必要があるでしょう。

クライアントの多くは中小企業もしくは個人

翻訳対象は短文かた書籍まで様々

副業としての翻訳業務の対象となるものは、短文から書籍1冊丸ごとまで非常に幅広く存在します。中には企業のホームページのテキストを英語にしてほしいといった依頼もあります。そのため、あなたの他言語スキルに応じて業務を選べる点も嬉しいポイントです。

翻訳対象は短文かた書籍まで様々

報酬は時間との兼ね合いで決める

翻訳作業については時給制がとられることは少なく、成果物を納品した時点であらかじめ合意した報酬が支払われることが多くなっています。そのため報酬額は、翻訳にかかる時間との兼ね合いの中で決めていきましょう。時間ばかりかかって報酬が低いと、実質的に支給200円などになってしまうこともあります。実績作りの段階では仕方がない部分もありますが、あまりに安い報酬で翻訳をするのは損失が大きいと覚えておきましょう。

報酬は時間との兼ね合いで決める

専門知識が必要な場合に注意

翻訳業務の多くは他言語スキルを持つことで携わることができますが、中には専門知識が必要となるものもあります。例えば、専門用語が頻繁に使用される自動車の部品についての翻訳や、論文の翻訳などがそれにあたります。これらは高い報酬が設定されていて魅力的に見えることも多いですが、他言語スキルだけでは対応することが難しい場合もあるのです。

専門知識が必要な場合に注意

まとめ

以上のように翻訳は副業として高いニーズを持つものです。あなたが他言語スキルを習得しているのであれば、明日にも報酬を生む副業に携わることができます。まずは短文の翻訳からはじめて、感覚を取り戻すことができたあかつきには大きな仕事で高い報酬を狙っていきましょう。

Written by 坂口 フミヤ
見切り発車で独立した専業ライターです。趣味は読書、映画鑑賞、ワイン、アート鑑賞、主にビジネス系の記事を作成しています。

PICK UP NEWS