マーケティング・ビジネスサポート

専門知識にもとづくソリューションを提供!コンサルティング業務の副業

一般的にコンサルティング業務というと、副業として行われるイメージはないでしょう。しかし同業他社による競争が激化しており、深刻な人手不足に悩む企業が増えた現代においては、コンサルティング業務すらも副業になり得るのです。今回は副業としてのコンサルティング業務について紹介しましょう。

専門知識にもとづくソリューションを提供!コンサルティング業務の副業

コンサルティング業務の内容は幅広い

そもそもコンサルティング業務の内容は実に幅広くなっています。そのため原則として一人の人材でコンサルティングの全ての工程を担当することはできません。むしろクライアントの悩みを解決するために必要に応じて人材を外注できるマネジメント能力こそ副業としてのコンサルティングに求められます。

コンサルティング業務の内容は幅広い

クライアントがどんな成果を出したいのかがポイント

コンサルティングを行う場合、そもそもクライアントがどのような悩みを抱えていて、そこにどのような解決を望んでいるのかがカギとなります。それを把握するのがコンサルタントの役目なのですね。そして、必要な方法を検討していきます。もちろんその方法はクライアントの予算の範囲内で実現されなければなりません。このようにコンサルティング業務は、全方面に対する調整を行いつつクライアントに結果を示さなければならないのです。

クライアントがどんな成果を出したいのかがポイント

クライアントは過去のつてやクラウドソーシングから探す

副業としてのコンサルティングのクライアントは過去のつてやクラウドソーシングを利用して探していきます。昨今はクラウドソーシングを利用してコンサルタントを探す中小企業も増えてきているため、継続的に探していけばあなたの経験と知識で解決することのできる悩みを抱えたクライアントを見つけることができるでしょう。

クライアントは過去のつてやクラウドソーシングから探す

コンサルティングは在宅で行いにくい

副業というと在宅で行うイメージも強いですが、コンサルティング業務は必ずしも在宅で行うことができるものではありません。業務中は何度もクライアントと打ち合わせを行い、計画の方向性にずれがないか確認しなければならないためです。また必要に応じて、各種の専門技能を持つ人材を集め、業務の調整も行う必要があります。このように在宅で行うには向かないコンサルティング業務ですが、その分高めの報酬を期待することができます。

コンサルティングは在宅で行いにくい

報酬は高いが、本業を圧迫しないように注意

コンサルティング業務であれば、一つの案件で数十万円を手にすることもできます。しかし、その分作業量は多くなるため本業を圧迫しないように注意が必要でしょう。また本業でもコンサルタントをしている場合は、副業と競業しないようにも注意が必要です。

報酬は高いが、本業を圧迫しないように注意

まとめ

このように昨今はコンサルティングすら副業として成り立ちます。クライアントの悩みを解決する手法を組み立てるコンサルタントはまさにビジネスサポートの名に相応しい副業ということができるでしょう。

Written by 坂口 フミヤ
見切り発車で独立した専業ライターです。趣味は読書、映画鑑賞、ワイン、アート鑑賞、主にビジネス系の記事を作成しています。

PICK UP NEWS