マーケティング・ビジネスサポート

マーケティングミックスとは?事例で分かりやすく解説!

マーケティングの分野において最近注目されている「マーケティングミックス」。これだけ聞いても何のことかサッパリ分からない人のために、今回はマーケティングミックスについてどこよりも分かりやすく、事例を交えて解説して行きます。

マーケティングミックスとは?事例で分かりやすく解説!

マーケティングミックスとは?

マーケティングミックスとは、複数のマーケティングツールを合わせて利用することにより、より望ましい反応を市場からえるための方法です。

分かりやすく言えば、会社が考えたアイディアを戦略的に落とし込むために使われるワークフレーム(4Pや4Cなど)がマーケティングミックスと呼ばる考え方ですね。

マーケティングミックスとは?

マーケティングミックスの活用事例

マーケティングミックスの代表的な例である4Pを分かりやすく解説すると、

・製品(Product):商品・サービス開発やブランディング
・価格(Price):価格・支払方法など
・プロモーション(Promotion):広告宣伝活動
・流通(Place):チャネル

となります。

「4P」とはそれぞれの頭文字を取った略語で、例えばみかんを商品として販売するとするならば、他のみかんとの差別化などはどうやって行うのか?
価格設定はいくらぐらいが良いのか?
どうやって自社のみかんをお客様に知ってもらうのか?
どうやってお客様まで自社のみかんを届けるのか?

などを先ほどの4つのPを活用してそれぞれ落とし込んで、考えなければなりませんね。

逆に前述した4Cとは顧客側からみた視点のことで、

・顧客価値(Customer Value)
・顧客にとっての経費(Cost)
・顧客とのコミュニケーション(Communication)
・顧客利便性(Convenience)

を意味します。

こちらも、頭文字のCを4つとって「4C」とマーケティングの世界では使われている業界用語の一つですね。

販売する側とお客様側からみた視点で考えることが、マーケティングミックスの重要なポイントとも言えるでしょう。

マーケティングミックスの活用事例

マーケティングミックスの位置付け

マーケティングには様々なプロセスが存在しており、その中でもマーケティングミックスは下流の位置にあたります。

以下は、マーケティングの全体像を表したものです。

<マーケティング戦略のステップ>

①市場調査(マーケティングリサーチ)
②市場細分化(セグメンテーション)
③ターゲティング
④ポジショニング
⑤マーケティングミックス
⑥実行
⑦分析

このように、マーケティングの中でも様々なステップがあり、その中でもマーケティングミックスは下流の位置にあることがお分かりいただけると思います。

マーケティングミックスの位置付け

まとめ

マーケティングにおいてとても重要な要素であるマーケティングミックスは、今では様々な会社や組織で使われている手法の一つです。

もちろん、それだけではマーケティング戦略としては成り立ちませんが、しっかりとその位置付けを理解し活用することで効果を発揮するので是非とも覚えておきましょう。

Written by TAKUMA
2021年から海外移住することを目標に,オンライン英会話やらプログラミング学習に励んでます! 趣味で,ブログやYouTubeもやってます.月間最高1.2万PV.ライター歴3年.クラウドワークス受注実績160件.フリーランス3年目.

PICK UP NEWS