マーケティング・ビジネスサポート

マーケティングと販売の違いとは?顧客との関係性と起点を比較

あなたは、マーケティングと販売の違いをはっきりと説明できますか?
実際にマーケティングと販売の違いは、その対象と顧客との関わり方を比較することによってハッキリと見えてきます。
今回はそんなマーケティングと販売の違いについて詳しくみて行きましょう。

マーケティングと販売の違いとは?顧客との関係性と起点を比較

「マーケティング」と「販売」の違いとは?

マーケティングとは、市場を調査し顧客のニーズに合わせた商品を作り、販路を考え世に送り出す道筋を考える活動です。
それに対し販売とは、商品が既にありそれを如何に顧客に購入してもらうかを行うための活動ですね。

このようにマーケティングと販売では、ハッキリとした違いがありその違いを知っている人であれば同じだと考えたりはしないでしょう。
例えば、マーケティングにおいては3C分析というテクニックが主に使われており、

・Customer(市場・顧客)
・Competitor(競合)
・Company(自社)

をそれぞれに分析し、その特徴を割り出す作業を行います。
このことにより、自社の特徴だけではなく顧客の特徴や競合の特徴が可視化し、その後の経営戦略などに活かせるのです。
このようにマーケティングは販売とは違い、商品を顧客まで届けるための工程全てを担っているのです。

「マーケティング」と「販売」の違いとは?

マーケティングと販売の顧客との関係性

販売とは多くの人のイメージだと、商品を顧客に買ってもらうための活動であり、商品が売れればとりあえずはゴールだと言えますね。
その点、マーケティングは商品が売れたらゴールという訳ではなく、その後も長い目で見て顧客とより良い関係性を築いて行くことこそが、本当のゴールと言えます。

このようにマーケティングと販売は着地点も違う訳で、顧客との関係性を比較しても
・販売=短期的
・マーケティング=長期的
と全く違ってきますね。

なんども言いますが、販売はあくまでも商品が売れることがゴールですが、マーケティングは商品が売れた後も長く顧客と付き合っていくにはどうすれば良いかまで考えることが必要です。

マーケティングと販売の顧客との関係性

マーケティングと販売の起点

マーケティングの場合は「顧客は何を求めているのか?」から始まりますが、販売の場合は「自分たちの売りたいもの」から始まります。
このように、始まりの部分から全く違うのがマーケティングと販売なのです。

営業マンの方で、商品が売れないと困ったことはありませんか?
それは商品ありきで考えている販売活動を行なっているからに他なりません。

その点マーケティングをしっかりと行なっていれば、顧客が求めていることは何なのかしっかりと分析してから、競合を調査し、商品作りを行うので必然的に売れるのです。

ここでマーケティングと販売を比較するのは間違った解釈ではありますが、このように全く違ったことだということはお分かりいただけると思います。

マーケティングと販売の起点

まとめ

マーケティングと販売というと、一見同じ意味のように捉えがちですが中身を見てみると全く違ったものだということがお分りいただけたと思います。
それぞれに顧客との関係性と起点が違うということを押さえておけば、これから先同じだと認識することはないでしょう。

Written by TAKUMA
2021年から海外移住することを目標に,オンライン英会話やらプログラミング学習に励んでます! 趣味で,ブログやYouTubeもやってます.月間最高1.2万PV.ライター歴3年.クラウドワークス受注実績160件.フリーランス3年目.

PICK UP NEWS