マーケティング・ビジネスサポート

【3分で分かる】SNSマーケティングとは?特徴と活用法を徹底解説

私たちのみじかにあるFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSは、今では誰もが利用しているサービスです。

誰もが利用しているからこそ、企業側も無視できなくなりそれを逆にマーケティングとして活用しようと考えたのがSNSマーケティングですね。

今回はそんなSNSを活用したマーケティング「SNSマーケティング」について、分かりやすく解説していきます。

【3分で分かる】SNSマーケティングとは?特徴と活用法を徹底解説

SNSマーケティングとは?

SNSマーケティングの目的としては、多くは企業のブランディングになります。
SNSというみじかなツールを駆使して、自社商品の好感度を上げたり認知度を高めたりするのが「SNSマーケティング」ですね。

SNSマーケティングを行うことにより、ユーザーの購買力を高め売り上げに大きく貢献することができます。
また、SNSマーケティングの生まれた背景には昨今爆発的に増えたSNSユーザーが原因と言われており、主に日本人の8割がSNS(Facebook、Twitter、Instagram等)を利用しているのです。

そういった背景を元に、企業側でも公式アカウントを作成しフォローワーを増やしたり、直接顧客とコミュニケーションを取ったりしながら企業イメージを上げるための手段として活用しているところも少なくありません。

SNSマーケティングとは?

SNSマーケティングのメリットとデメリット

SNSマーケティングでは大きなメリットがある反面、デメリットもしっかりと存在します。
以下からメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

<SNSマーケティングのメリット>

・投下したコンテンツが拡散されやすい
・顧客との距離感が近いため、好感を得られやすい
・ブランディングに繋がる
・商品や会社が認知されやすい

Twitterを例に挙げると、その特徴は何と言っても拡散力にあります。
投下したコンテンツの質に関わらずすぐにユーザーからの反応が得られる反面、間違えれば思わぬ炎上を招くこともあるので注意が必要です。
また、SNSは基本的に顧客との距離感が近いため、企業や商品の好感度を上げやすく認知度も上がりやすい傾向にありますね。

<SNSマーケティングのデメリット>

・炎上する恐れがある

SNSマーケティングを行なっている企業で一番怖いのが、「炎上」ではないでしょうか。
中には炎上商法などと呼ばれる手法も存在しますが、一度企業イメージが悪くなってしまうと信頼を取り戻すにはかなり時間がかかってしまいます。
そのため、企業によってはSNSマーケティング部門などといった、特別な部署を設けることも少なくありません。

<SNSマーケティングのデメリット>

まとめ

SNSマーケティングは今では多くの企業で利用されている手法の一つですが、ただFacebookやTwitterを更新するだけでは意味がありません。

マーケティング戦略にのっとってしっかりと市場を調査し、どういったユーザーが見ているのか把握する必要性があります。

上手く活用すれば大きな収益に繋がるので、是非とも興味がある方は実践してみてくださいね。

Written by TAKUMA
2021年から海外移住することを目標に,オンライン英会話やらプログラミング学習に励んでます! 趣味で,ブログやYouTubeもやってます.月間最高1.2万PV.ライター歴3年.クラウドワークス受注実績160件.フリーランス3年目.

PICK UP NEWS