マーケティング・ビジネスサポート

【企業から個人まで必須】ブランド戦略の方法を3ステップで紹介

ブランド戦略に取り組む必要性があるのかな?となんとなく感じていないでしょうか。

あなたの予感は正しく、商品やサービスがあふれている現代、ブランド戦略は大企業から個人の副業にいたるまで取り組むべきマーケティング手法になっています。

今回、初心者向けにブランド戦略のメリットや取り組まないことで起こるリスク、具体的なやり方についてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

【企業から個人まで必須】ブランド戦略の方法を3ステップで紹介

ブランド戦略は企業から個人の副業まで取り入れるべき手法

そもそもブランド戦略とは、企業やあなた自身が持つ強みや独自の価値などを世の中に認知してもらうことで、ロイヤリティの高い顧客を獲得する戦略です。


一般的に、安定した売上につなげる効果が高いことで知られ、企業では最終要視されている戦略の1つでしょう。


また昨今は、SNSなどのWebサービスの発展で、小規模な企業や個人でも簡単にブランド戦略ができるようになってきています。実際、フリーランスや副業で成功している個人はセルフブランディングに成功している人が多いです。


しかし、なぜブランド戦略がここまで重要視されているのでしょうか?ブランド戦略のやり方を紹介していく前に、効率的に施策に取り組めるように、ブランド戦略がもたらす効果を確認していきましょう。


 


<ブランド戦略の3つのメリットを知っておこう>


ブランド戦略には、大きく分けて3つのメリットが以下の通り存在します。


 ・ロイヤリティの高い顧客がつく


 ・競合との差別化


 ・利益率の高い価格設定が可能になる


上記3点をそれぞれ詳しく説明していきます。


まず、冒頭でも軽く紹介した通り、ブランドに愛着を持っている「ロイヤリティの高い顧客がつく」のが大きなメリットです。


たとえば、家電製品を特定企業の製品でそろえたり、スマートフォンの買い替えをずっと同じブランドにしたりといった買い方は、典型的なロイヤリティの成果だといえます。ブランドのファンともいえるロイヤルティの高い顧客がつくと、長年にわたって売上がつくというわけです。


 


次に、「競合との差別化」も大きなメリットの1つだといえます。


ほとんどの業界では、競合商品があり、常にシェア争いがされているのが実情です。


そこで、強みや他社との違いをブランドとして訴求、認知してもらうことによって、買ってもらえる理由を作り出そうというわけです。営業マンや広告で必死に他との違いを訴求しなくても、顧客側が違いを認知してくれていれば売上が上がりやすいですし、宣伝コストなどもカットできます。


 


最後に、「利益率の高い価格設定が可能になる」点を説明していきます。


ブランド戦略に成功している状態は、信頼性の裏返しともいえる状態です。つまり、高価格であっても、高価格な理由やその価格でないとそのブランドの商品はつくれなかったり、価値が得られなかったりすることを顧客が知っている状態だといえます。このメリットが行き着く先は、細分化した市場の独占や独自の市場を築いた状態ともいえますので、リターンは非常に大きなものといえるでしょう。


 


ここまでご紹介してきた他にもメリットはまだまだあります。一方で、ブランド戦略に取り組まないことで発生するリスクも存在するのです。もはや小規模な企業や個人でも、直接顧客を相手にする業界なら、ブランド戦略は必須といえる状況になってきているといえます。


というわけで、施策に取り組むモチベーションを強く持っていただくきっかけにするために、ブランド戦略をしないままだと発生するリスクについて、紹介していきましょう。


 

ブランド戦略は企業から個人の副業まで取り入れるべき手法

ブランド戦略に取り組まないことで起こるリスク

ブランド戦略に取り組まない代表的なリスクは、価格競争さらされざるを得ないということです。仮に、競合他社の製品とは一線を画する強みがあったとしても、顧客に認知されていなければないのと同じです。


もちろん、営業や広告などで差別化ポイントを訴求すれば、販売にはつながりますが、最初の認知度が低ければそれだけ価格を引き上げるのは難しくなります。ブランド認知の有無で販売個数は雲泥の差が出ることでしょう。


 


いかなるビジネスも売上高は、販売数×単価で決まります。ブランド力のなさから、単価が上げられないままだと、シェア率しだいでは販売数を確保するために、単価をより下げることも考えなければならないでしょう。


最悪の場合、シェア率トップ企業の一人勝ちの市場が出来上がってしまい、トップ企業のブランドがより認知され、独占状態となってしまうことも考えられます。資本が潤沢な大企業はともかく、個人や規模の小さな企業は淘汰されてしまうおそれがあるのです。


したがって、細分化した市場でも生き残れるように、差別化ポイントを訴求してブランドを認知してもらう必要性があるといえます。

ブランド戦略に取り組まないことで起こるリスク

ブランド戦略のやり方を3ステップでご紹介

ここからはブランド戦略のやり方をご紹介していきましょう。具体的には、以下の3つのステップで進めていきます。


 1.自身の強みを打ち出し、コンセプトを作る


 2.ターゲットとポジションを定める


 3.訴求方法を決める


さっそく上記3ステップについて、解説していきます。


まず、ブランドを語るわけですから、自身のコンセプトが絶対に必要になります。つまり、他とは違う何かを強みとして、顧客に訴求していかなければいけないのです。強みをあらためて見つめ直したい場合は、SWOT分析や3C分析などに取り組みましょう。


ブランド戦略は、マーケティングの1つの手法に過ぎません。コトラー教授のマーケティングプロセスなどを遵守して各分析をやっておけば、より効果的なブランド戦略を実施できます。


↓ こちらの記事も読んでみてね♪ ↓


【コトラーのマーケティング4.0】本質をついた施策で成果を!


 


また、競合他社や異業界からの参入、社会的な要因などもブランドに大きな影響を与えます。マーケティングプロセス通りに、PEST分析やファイブフォース分析などもやっておくとリスクを回避し、チャンスをつかむことができるでしょう。


強みからコンセプトを打ち出せたら、ターゲットとポジションを確認していきましょう。つまり競合がいる中で、誰に対してどのように位置づけでブランドを打ち出していくのかを決めいきます。


STPやSWOT分析などをきちんとしておけば、ある程度だれに対してどう訴求するか、方向性が見えてきているはずです。勝てない競合とは戦わずに、勝てるポジションで戦うのがビジネスの原則。STPなどをまだやっていないのであれば必ず行い、ブランド戦略をねる時に見直しもするのがおすすめです。


 


最後に、ブランドの訴求方法を固めていきましょう。つまりターゲットに、どのようにブランドを知ってもらっていくかを決めていくのです。具体的な手段としては、CMやSNS、広告などがあげられますが、もちろんターゲットに最適な媒体を選ぶ必要があります。


もう少しターゲットに最適な媒体や方法に具体的なイメージを持ちたければ、ターゲットの年齢や趣味嗜好などを分析して、理想の顧客像であるペルソナを作るといいでしょう。ターゲットの悩みや1日の流れが見えてくるペルソナマーケティングとブランド戦略は相性の良いマーケティング手法です。


 

ブランド戦略のやり方を3ステップでご紹介

まとめ

ブランド戦略についてご紹介してきましたが、理解は深まったでしょうか?


商品やサービスがあふれている現代、ブランド戦略は大企業から個人の副業にいたるまで、避けては通れない施策になってきています。


ぜひ、今回紹介した方法で、ブランド戦略に取り組んでみてください。

Written by 室井一誠
企業と個人を支援する複業家。大学院で研究→商社マン→総合コンサル/Webライターという異色の経歴で身についたスキルと経験から、マジメな個人の幸せを応援するメディア-Para-を運営中です。

PICK UP NEWS