マーケティング・ビジネスサポート

マーケティングの副業は3種類!特徴・やりがい・応募方法を解説

副業でマーケティング関係の仕事ができるのをご存知ですか?

ネットを活用した副業といえばアフィリエイトやネットオークション、ポイントサイトなどが有名ですが、実は自分のスキルを生かして仕事をすることもできるのです。最近はネットを活用する企業も増えたため、広告運用やSEO対策などWebマーケティングを外注するところも増えています。

そこで今回は、副業マーケティングで代表的な3つの仕事内容を紹介していきましょう。Webマーケティングの知識や経験がある方におすすめです。

マーケティングの副業は3種類!特徴・やりがい・応募方法を解説

副業でマーケティングを行うメリット

「マーケティングは企業に勤めて業務するもの」という印象を抱く方は多いでしょう。しかし、最近ではマーケティング関連のアウトソーシングも盛んになり、様々な関連業務を副業として行うことができるようになりました。


「Webマーケターの経験がある」という方は、本業のスキマ時間を利用してマーケティングの副業を探してみてはいかがでしょうか。


副業でマーケティングを行うと次のようなメリットがあります。


-------------


・副業の時間を生かしてスキルアップできる


・様々な企業のニーズや課題を知ることができる


・ほかの職種に比べて働きやすい


-------------


副業でマーケティング業務を行うことで、空いた時間を利用してスキルアップが可能です。しかも、フリーランスとして自分の力を試せることから、会社勤めのときより得られるものは多くなることでしょう。


マーケティングの外注は思っている以上にニーズがあります。最近、インターネットを通じて、様々な企業がWebメディアや広告業界に参入しているからです。そのため、スキルや知識さえあれば、基本的に仕事獲得に困ることは少ないでしょう。


フリーランスとして働く場合は、リモートワーク(遠隔での仕事)が基本となるので自宅で作業することもできます。特にマーケティング業務はネットだけで完結する内容も多いため、ほかの職種に比べて働きやすい環境が整っています。


では、副業のマーケティングにはどのような業務があるのでしょうか。クラウドソーシングなどで実際に発注されている募集案件をもとに、具体的な仕事内容を紹介していきます。

副業でマーケティングを行うメリット

副業マーケティング①Webコンサルティング

副業マーケティングの代表的な仕事がWebコンサルティングです。特に、SEO(検索エンジン最適化)やWeb広告関係のコンサルティングが一般的となります。もし、今までにSEOや広告関連の仕事をしたことがある方は、そのノウハウを生かしてコンサルタントとして働いてみてはいかがでしょうか。


ただ、コンサルタントといえば、コネや人脈などがないと取引先を確保するのが難しいように感じますよね。しかし、心配はいりません。


最近はクラウドソーシングサービスが企業の外注として主流になりつつあるので、Webコンサルティングに関する仕事もすぐに見つかります。クラウドソーシングでは仕事が一覧になって表示されるので、気に入った案件があれば募集するだけで済むのです。


また、Webコンサルティングの場合、顧客の企業先を訪問する機会は週に1回ほどとなります。少ない場合は月に1回ということもあります。そのため、忙しすぎて本業に支障をきたすということも考えにくいでしょう。


 

副業マーケティング①Webコンサルティング

副業マーケティング②リスティング広告運用

ネットで自社コンテンツを発信する企業が増えたということは、それだけリスティング広告を使う会社も多くなったということです。副業マーケティングでは、リスティング広告運用も人気があります。


リスティング広告運用の仕事は非常にシンプルです。クライアントから要望のあった検索キーワードをもとに、より運用効果があがる広告内容を考えていきます。納期はクライアントとの調整次第ですが、働いた時間より成果が大事なので、自分のペースで仕事ができる点がメリットです。


リスティング広告が得意なWebマーケターの方にとっては恵まれた副業といえるでしょう。経験や知識がある方は、ぜひクラウドソーシングなどで応募してみてください。

副業マーケティング②リスティング広告運用

副業マーケティング③SEO設計・調査

副業マーケティングにはSEO設計や調査に特化した仕事もあります。SEOマーケターという呼び名もあるほど、副業マーケティングのなかでも人気を集めています。


クライアントとしては、主にWebメディアがほとんどです。Webメディアが発信する記事の設計のため、検索キーワードや競合性、KPI(重要業績評価指数)に対する期待効果などを測定し、クライアントに提案を行います。


このSEO設計が、今後のメディアのアクセス率やコンバージョン率にもかかわるため、非常に重要な仕事の一つです。こちらも時間よりも提案内容が重要となるため、自分のペースで仕事をしやすいといえます。

副業マーケティング③SEO設計・調査

クラウドソーシングで依頼されているマーケティング案件

クラウドソーシングで依頼されているマーケティング案件は、上記で紹介したほかにも次のような種類があります。


-----------------------------


・Amazonや楽天市場の広告運用


・クラウドサービスにおける競合他社との分析レポート


・インバウンド向け販促プロモーションの企画・プランニング


・チャットやメールを利用したWebディレクション


・中国向けホームページのSNSマーケティング支援 など


-----------------------------


ただ、クラウドソーシングには様々な種類があるため、「どれを選んでよいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。大手だとクラウドワークスとランサーズの2社が有名です。ただ、正直なところ、両者はマーケティング関係の仕事はそれほど多くありません。


そこで、副業マーケティングにおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介していきましょう。

クラウドソーシングで依頼されているマーケティング案件

マーケティングの副業なら「_ist(イスト)」

マーケティングの副業なら「_ist(イスト)」がおすすめです。クラウドワークスやランサーズと同じくクラウドソーシングサービスの一つですが、Webマーケティングや広告・PRといった業務が豊富に揃っています。


また、ほかのクラウドソーシングサービスにはない3つのメリットがあります。


----------------


・システム利用料が安い


・本人確認やNDA(秘密保持契約)は必須


・一部のギャランティを「国境なき医師団」へ寄付


----------------


イストのシステム利用料(手数料)は基本的に10%です。クラウドワークスやランサーズは20%が基本となるため、大手に比べてコストが安いという点がメリットでしょう。システム利用料が20%だと、クライアントから受け取った報酬の5分の1を運営側に支払わなければなりません。


また、イストは本人確認やNDAが必須となっております。ほかのクラウドソーシングでは、本人確認などが任意手続きとなっているため、なかには悪質なクライアントも存在します(報酬の未払いなど)。一方で、イストの場合はしっかりと身元を確認したクライアントだけなので安心です。


登録料は無料、メールアドレスさえあれば特別な資格も要りません。ぜひイストを使ってマーケティングの副業を始めてみてください。


_ist 〈新しいクラウドソーシングサイト〉

マーケティングの副業なら「_ist(イスト)」

まとめ

副業でマーケティングを始めるなら今がチャンスです。ネットでメディア事業などを展開する企業が増えてきたことから、今ではリスティング広告運用やSEO分析といった様々な仕事が存在します。


コネや人脈がないという方でも、クラウドソーシングなら比較的簡単に仕事を受注することが可能です。スキマ時間を活用してスキルを高めたり、副収入をゲットしていきましょう。

Written by ゆきひろ
ライター歴2年半で、主に金融やBtoB分野の記事を得意としています。現在は、始めたてのWebライターの講師業も務めています。自分の記事や情報が多くのフリーランスの方の成功に繋がれば幸いです。

PICK UP NEWS