マーケティング・ビジネスサポート

個人事業主に最適な会計ソフトを導入して経理業務を効率化しよう

個人事業主としてビジネスを始めることになれば付きまとってくるのが、帳簿づけなど経理の問題です。

でも、今までそんなことやったこと無いし、経理のことなんてよく分からない。何か便利なツールなどがあれば知りたいと思いませんか。

そんな個人事業寿司には会計ソフトを活用することをオススメします。

個人事業主に最適な会計ソフトを導入して経理業務を効率化しよう

会計ソフトで煩雑な帳簿づけを効率化しよう

個人事業主は帳簿付けが義務付けられており、様々な用途で帳簿の登場する場面があります。


例えば、税務申告や経営判断、融資等の申込時の資料などが挙げられます。


それらの資料作成業務を効率化してくれるのが会計ソフトです。

会計ソフトで煩雑な帳簿づけを効率化しよう

パソコンを使った帳簿付けで業務効率が格段に改善

帳簿については特に税務申告時の必要性が取り上げられます。個人事業主は基本、毎年確定申告を行わなければなりません。


その時に必要になるのが申告書類。例えば青色申告を行う場合に必要となる帳簿の作成を全て手作業で行うのはとても時間がかかります。


そして経理の専門知識も求められることになります。何もかも自分でやらなければならない個人事業主にとって、本業以外の作業に多くの時間を割く余裕などありません。


そんな個人事業主にはぜひ活用してほしいのが会計ソフトです。


会計ソフトを利用すれば、経理の専門知識がなくても、お金の出し入れをしっかり記録することができます。そして青色申告に必要な帳簿も簡単に作成することができます。

パソコンを使った帳簿付けで業務効率が格段に改善

会計ソフトを使うことで得られるメリット

手作業の経理が面倒なのは、どんな些細な取引でも1つの帳簿に記録して終わりではなく、例えば仕訳帳、総勘定元帳など作成が必須の関連する情報に書き写していかなければならないからです。


会計ソフトを利用すれば、この転記と呼ばれる書き写しの作業が全く必要なくなります。


いちど取引を入力してしまえば、全て自動的に転記してくれるからです。さらに入力したデータは自動的に集計されて決算書の作成まで会計ソフトが行ってくれます。


手書きの場合


・複数の帳簿をそれぞれ作成しなければいけない


・時間がかかり非効率的


・帳簿に後から取引を追加したり修正したりするのが面倒


・集計作業も面倒で間違いやすい


・決算書の作成が大変


会計ソフトの場合


・1つの帳簿に入力すれば他の帳簿にも自動的にデータが展開される


・余計な時間をかけず効率的に経理が行える


・帳簿に追加の入力や修正も簡単にできる


・集計もソフトが全て自動でしてくれるので間違いがない


・決算書も簡単に作成できる

会計ソフトを選ぶ上でのポイントとは

現在市場には様々な会計ソフトが市販されています。大きく分けるとインストール型の会計ソフト、ウェブ上で使うクラウド型の会計ソフトです。


それぞれにメリットデメリットがありますので、特徴を見極めながら自分に適した会計ソフトを選ぶ必要があります。

インストール型会計ソフト

買取型でパソコンにインストールすることで利用するタイプの会計ソフトです。従来から市場で活用されているため、種類も豊富にあります。昔からの税理士はこのタイプを使っている場合が多く、打ち合わせや情報共有の際に優位性を発揮する点が挙げられます。


また買取型のため、基本的にランニングコストが掛からず利用できる点もポイントと言えるでしょう。


なおシェアの高い製品としては「やよいの青色申告」「みんなの青色申告」「ミロクのかんたん!青色申告」などが有名です。


「やよいの青色申告」は老舗業者である弥生が販売する青色申告ソフト。初心者にも使い勝手がいい仕組みで価格も比較的お値打ちなのが特徴です。税理士の利用者も多いのが強みと言えるでしょう。


「みんなの青色申告」は「会計王」で有名なソリマチが販売する個人事業主専用の青色申告ソフトです。こちらも初心者向けの機能が充実しており、実勢価格もお値打ちな製品として人気があります。


「ミロクのかんたん!青色申告」は大手のミロク情報サービスが提供している青色申告ソフトです。経費按分や減価償却などの青色申告に必要な機能が充実しています。

インストール型会計ソフト

クラウド型会計ソフト

ソフトの購入等は必要なくクラウド上のサービスを利用するタイプです。


現在、クラウド型会計ソフトについては、freee社の「クラウド会計ソフトfreee」、マネーフォワード社の「MFクラウド会計」、弥生社の「弥生会計オンライン」などがあります。


従来の「インストール型会計ソフト」との一番の違いは、パソコンにソフトをインストールする必要がないこと。特定のデバイス以外でも、インターネットに接続できる環境であれば、いつでもどこでも使えるという点です。


アカウントを作成してIDとパスワードを入力すればパソコンやスマートフォンなど、どこからでもアクセスが可能になります。そのため自宅や出張先などからでも遠隔で操作ができるのでその点が最も大きなメリットの1つとなるでしょう。


またデータがインターネット上で管理されているので、万が一のデータ削除や盗難などの心配もなく、バックアップを定期的に取っておけば万全といえます。


そしてクラウド型会計ソフトのもっとも強力なメリットは、金融機関やクレジットカードと完全同期が可能となること。事前に金融機関に届け出を出す必要などはなく、使用するネットバンクなどのIDとパスワードを使えば、簡単に取引明細を自動で取り込むことができます。


また、ただ取り込むだけではなく、取引内容に応じて勘定科目や補助科目を推測して仕訳を自動で作成してくれるという優れもの。仕訳ルールの学習機能などもどんどん進化していて、手動で設定を行う必要もほとんどなくなってきています。

インストール型とクラウド型を選ぶ上でのポイント

以上、インストール型会計ソフトとクラウド型会計ソフトの特徴やメリットを述べてきましたが、実際はどちらにも長所と短所があり、どちらの方がいいというのは一概には言えません。


両者のメリット・デメリットを十分に比較した上であなたにあった製品、サービスを検討する必要があります。ここで簡単にどちらの会計ソフトが比較的適しているかの基準をいくつか挙げておきましょう。


インストール型会計ソフトを導入したい方がいいパターン


・経費支払は現金やATM振込がメインである


・クラウドサーバーの利用に抵抗がある


・会計の目的は基本的に税務申告のみである


・経理経験者など会計・経理の知識があり、使い慣れた会計ソフトがある


クラウド型会計ソフトを導入したほうがいいパターン


・メイン銀行がネット銀行であり、経費支払はインターネットバンキング、クレジットカード決済がメイン


・外出が多く、色々な端末から経理状況を確認したい


・タグ機能などを活用して付加的な管理会計データを作成したい


・若手の税理士と円滑なコミュニケーションを行い、経営方針を相談したい

まとめ

これまで述べてきたように、経費処理を効率的に進める上では会計ソフトの導入は必須と言えます。


特に事業開始から間もない個人事業主にとっては実務以外の業務には極力時間を裂きたくないもの。


会計ソフトを利用することで、経理業務の効率化をはかり、本業に注力する時間を増やすことで業務改善が進むに違いありません。


あなたの状況と相談しながら、インストール型、クラウド型を問わず、最適な会計ソフトを導入するようにしましょう。

Written by HIRO
個人事業主や法人関連のビジネスや税務記事、ウェブ関連ビジネスやSNSマーケティングなどを中心に執筆しています。

PICK UP NEWS