マーケティング・ビジネスサポート

Webマーケティングで独立するには?専業マーケターへの道のり

現在副業でWebマーケティングの仕事を行っている方、または企業でマーケターとして働いている方で、「将来独立したい」と考えることもあるはずです。独立し専業マーケターになることで、今まで以上の収入を確保できたり、より自由な働き方で仕事を行うことができるでしょう。

ただし、Webマーケティングで独立するには何点か注意事項があります。今回は3つの注意点と、独立前の準備方法をお伝えしていきます。

Webマーケティングで独立するには?専業マーケターへの道のり

Webマーケティングで独立するには実績と経験が必要

勤め先でWebマーケティングについて十分な経験を積んだ方なら、独立してより高い収入を目指すことも悪くありません。IT分野に進出する企業が増えたことから、Webマーケティングに関する仕事は増えつつあります。独立してフリーランスになっても、十分な収入を稼ぐことができるでしょう。


ただし、独立には実績と経験が必要です。また、取引先がまったくない状態でいきなり独立してしまうと、十分な売上を確保できないリスクにもさらされます。Webマーケターとして独立するには、まず入念な準備が必要でしょう。


経験のある方で独立が困難なら、未経験の方はより難しくなります。焦って会社を辞める前に、まず実績作りから始めていくべきです。


そのためにも、最初は副業としてWebマーケティングの仕事を行うことをおすすめします。


副業であれば本業の収入があるため、仮に仕事がとれなかったとしても生活に支障はきたしません。また、副業を行う間にしっかりと実績を積み重ねていけば、近いうちに独立への道も見えてくるでしょう。


では、Webマーケターとして独立するには、事前にどのような準備をしておくべきなのでしょうか。次の章で詳しくお伝えしていきます。

Webマーケティングで独立するには実績と経験が必要

Webマーケティングの分野で独立するには?6つのステップ

Webマーケティングの分野で独立するには、次のような6つのステップを順番に踏んでいきましょう。


①独立に必要な資金を集める


②実績や経験を十分に積んでおく


③生活費の見直し


④勤め先の退職スケジュールを組む


⑤クレジットカードやローンの手続き


⑥退職後の手続き


このなかでも特に②の「実績や経験を十分に積んでおく」ことは重要です。


実績がある人ほど、新しい仕事の獲得や受注をとるときに有利に働きます。クライアントの立場になれば、やはり「未経験で初めて」という人より、「Webマーケティング経験10年」という人のほうが信頼して仕事を任せられますよね。


また、④の「クレジットカードやローンの手続き」も大切です。


現在の日本では、フリーランスの信用力は会社員より圧倒的に劣ります。そのため、クレジットカードを作って予定通りに返済していきましょう。これだけで信用履歴が積み重なっていくのです。ただし、返済が滞らないよう使い過ぎには注意してください。

専業マーケターに必要なスキル

Webマーケティングで独立すれば専業マーケター(フリーランス)として働くことになります。副業でWebマーケティングの仕事をするときとは異なり、今度は本業の収入はあてにはできません。そのため、しっかりとスキルを身につけて、安定した収入を稼ぐ必要があります。


専業マーケターに求められるスキルは次の6つです。


①コミュニケーション能力


②営業力


③課題解決能力


④SEO・集客力


⑤タスク管理能力


⑥資金管理能力


①の「コミュニケーション能力」と、②の「営業力」は必要不可欠です。


Webマーケティングの仕事はネット上だけで完結することも多いですが、メールやチャットだけのやり取りでもコミュニケーション力が欠かせません。クライアントと長く付き合うにも「結局は人次第」なので、応対やマナーが悪ければ継続して仕事を発注してくれなくなります。


また、自分の能力やスキル、得意分野などをアピールする営業力も重要です。比較的受注の取りやすいクラウドソーシングでも、数ある応募者のなかから選ばれるのは一握りのマーケターしかいません。そのため、独立する前に営業力を磨いておきましょう。


さて、ここまで独立前の準備方法についてお伝えしてきました。今度は独立前の注意点について3つのポイントに絞って紹介していきます。

専業マーケターに必要なスキル

独立する前の注意点①安定した売上が確保できそうか

独立する前は、安定した売上が確保できるかという点をよく考えておきましょう。


たとえば、東京(23区)で一人暮らししようと思えば最低でも月15万ほどの収入が必要です。もう少し余裕のある生活をしたい場合、月20~25万円ほどは欲しいところですよね。


Webマーケティングの案件で、1件あたり3万円の報酬が発生するのであれば、最低限の生活を送るためには5つの取引先が要ります。そのためには、現状の平均単価や取引先数を正確に見直して、月当たりの売上を求めなければなりません。


もし、現在の収入ベースだと生活するのが難しいという場合、独立は後回しにして、ひとまず単価アップや取引先の獲得に努めるようにしましょう。

独立する前の注意点②自己資金は十分にあるか

Webマーケターとして独立する前に、必ず十分な自己資金を用意しておきましょう。


Webマーケティングはネット上で仕事が完結することも多いため、独立してもほとんどお金がかからないことも珍しくありません。基本的にはパソコンがあれば仕事はできます。個人事業主として一人で活動する場合は、備品や設備などを無理に買いそろえる必要もないでしょう。


ただ、万が一のトラブルや事故が発生したときに備えて、2~3ヶ月分の収入にあたる余裕資金を準備しておきましょう。


この先、同じクライアントとずっと取引できるとは限りません。体調を崩してしまい、長期間仕事ができなくなるリスクもあります。こうしたリスクに備えて、ある程度の資金だけは用意しておくべきです。

独立する前の注意点③目的や計画はあるか

Webマーケティングで独立するには、その目的や計画があることが絶対条件です。たとえば、「Webマーケターとして成功したい」「サラリーマンのときよりお金を稼いでみたい」など、目的は何でも構いません。


ただ、目的や計画なしに「何となく」という理由で独立してしまうと、事業を長続きさせることは難しくなります。途中、「何のためにマーケターになろうとしていたのか」と必ず迷うことになるため、仕事をしていても辛いだけです。


どうしても目的を見出しにくいという方は、今までの就業体験を振り返ってみて、自分が楽しみややりがいを感じる仕事、得意分野、好きなことなどを洗い出してみることをおすすめします。

Written by ゆきひろ
ライター歴2年半で、主に金融やBtoB分野の記事を得意としています。現在は、始めたてのWebライターの講師業も務めています。自分の記事や情報が多くのフリーランスの方の成功に繋がれば幸いです。

PICK UP NEWS