マーケティング・ビジネスサポート

フリーでマーケティングプランナーになる方法|始め方・成功法則

マーケティングプランナーはWebマーケティングの仕事の一種です。最近はWebメディア事業に進出する企業も多いことから、企画立案から集客、販促までできるプランナーへの需要が高まっています。

もしフリーのマーケティングプランナーとして働きたいなら、受注をとりやすいクラウドソーシングを活用してみましょう。今回は、その始め方や成功する秘訣をお伝えしていきます。

フリーでマーケティングプランナーになる方法|始め方・成功法則

マーケティングプランナーとは?

市場調査やマーケティング分析などを通して、エンドユーザーへの販路を最適化する仕事です。


たとえば、Webメディアの場合、マーケティングプランナーは、まず検索キーワードから市場調査を行います。キーワードの競合性の高さや検索ボリューム、ユーザーニーズを調べ、顧客企業に最適な戦略を考えることが基本です。メディアへの集客力を高めるため、SEO(検索エンジン最適化)対策を考えるほか、リスティング広告の戦略立案や運用まで担います。さらにSNSで情報を発信することでメディアへの導線を確保するなど、マーケティングプランナーが行う業務は多彩です。そのため、単にマーケティングといっても、学ぶべきスキルやノウハウなどは非常に多いといえるでしょう。


特に、フリーのマーケティングプランナーには3つのスキルが重要とされています。次の章で詳しくお伝えしていきます。

マーケティングプランナーとは?

マーケティングプランナーの必須スキルは3つ

マーケティングプランナーに求められるスキルは次の3つです。ほかにも必要なスキルはありますが、以下の3点は必須といえるでしょう。


・論理的思考能力


・営業力


・コミュニケーション能力


マーケティングプランナーの仕事は、クライアントの売上に繋がる集客や販促のプランニングを行うことにあります。SNSやSEOを使って集客を行い、Webサイトに人を集め、そこからどのように商品やサービスの売上に繋げていくのか、その導線作りが重要です。そのため、論拠を立てて結論まで繋げていく論理的思考能力は必須となります。それに加え、売上に至るまでにどのような道筋を描くのかという発想力や想像力もあると良いでしょう。エンドユーザーの行動心理を読み解く、心理学の知識も押さえておくと役立ちます。また、フリーのマーケティングプランナーとして活動するときは営業力も欠かせません。仕事は自分で獲得しなければならないからです。自分の実績や強みを客観的に捉え、ポイントを押さえてクライアントに伝える能力となります。さらにコミュニケーション能力も鍛えておきましょう。マーケティングプランナーは、まずクライアントが抱える経営課題を適切に捉えなければなりません。そのため、ヒアリングや企画提案といった受信・発信が必要なので、コミュニケーション能力が求められています。

マーケティングプランナーの必須スキルは3つ

フリーでマーケティングプランナーになるのは可能?

フリー(フリーランス)でマーケティングプランナーになることは可能です。


最近はWebメディア事業に進出する企業も多く、アウトソーシングも盛んに行われるようになったため、能力次第では本業以上に稼ぐこともできます。ただし、フリーで活動するということは、自分自身で仕事を獲得していかなければなりません。自分の能力を客観的に捉え、それを上手にアピールする能力が要ります。また、できるだけクライアントの信頼を得るために、最低限の実績や経験は必須です。マーケティングは企業の業績を決定づける重要な仕事です。たとえば、先ほどお伝えしたWebメディアの事例では、マーケティングプランナーの企画に沿ってWebデザイナーやライター、イラストレーターといった人たちに仕事を割り振ります。そのため、根本となるプランニングの質が低ければ、デザイナーやライターから上がってくる納品物の質まで悪くなってしまうのです。こうなれば集客効果は低い、売上は上がらない、思い通りにいかないと悪循環に陥ってしまうでしょう。クライアントもそのことは重々承知しているため、信頼がおける、もしくは実力のあるマーケティングプランナーにしか仕事は依頼しません。このように書くとフリーのマーケティングプランナーは非常に厳しい仕事のようにも思えますが、代わりに会社員のように収入の絶対量が決まっているわけではないメリットもあります。努力するほど際限なく稼げるということがフリーで働く大きな利点です。

フリーでマーケティングプランナーになるのは可能?

フリーのマーケティングプランナーで成功するコツ

フリーのマーケティングプランナーとして成功するには、クライアントが求めるものを読み解くことが重要です。


フリーとして仕事をしていると、「Webサイトに人を集めたいのでリスティング広告を検討している」といった、非常にあいまいな発注内容の案件をよく目にします。こうした大雑把な依頼を自分の解釈だけで作業を進めてしまうと、「こんな仕事は求めていなかった」と、後でクライアントと揉めることにもなりかねません。そのため、正確なプランニングができるよう、できるだけ詳しい情報を集めるようにしましょう。Webメディアの場合だと、最低でも「メディアの方向性」「ペルソナ」「中心となる検索キーワード」「人気記事の傾向」は調査すべきです。マーケティングプランナーの仕事は、主に市場やエンドユーザー、競合他社の情報を調査することが基本となりますが、その大元であるクライアントへのヒアリングも疎かにしないよう気をつけてください。

フリーのマーケティングプランナーで成功するコツ

フリーランス向けのマーケティングプランナー案件の探し方

フリーランス向けのマーケティングプランナー案件を探すには、クラウドソーシングがおすすめです。


クラウドソーシングなら仕事が一覧で表示されるため、応募するだけで採用される可能性があります。従来の一般的な営業手法と比べれば、随分と仕事を獲得しやすくなったといえるでしょう。マーケティングプランナーの仕事を見つけるには、クラウドソーシングのなかでも「_ist(イスト)」がおすすめです。クラウドワークスやランサーズといった大手サイトにはない独自の機能が多いため、初心者の方にも大いにメリットがあります。


【イストのメリット】


・システム利用料は大手クラウドソーシングの半分(10%)


・本人確認やNDA締結済みの仕事だけなので初心者にも安心


・マイルストーン払い(分割払い)に対応しており資金繰りが安定しやすい


 


Webマーケティングに関する案件も多数そろっているため、気になる方は以下よりアクセスしてみてください。


【_ist(イスト)】


https://iam-ist.jp/

フリーランス向けのマーケティングプランナー案件の探し方

まとめ

マーケティングプランナーは市場分析から集客、売上への誘導まで商品販売までのプランニングを行う仕事です。業務範囲が広く求められるスキルも高度ですが、非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。最近ではWebマーケターへのアウトソーシングも進んでいるため、仕事数も徐々に増えつつあります。フリーのマーケティングプランナーを目指す方には大きなチャンスです。クラウドソーシングなら仕事も獲得しやすいので、ぜひとも新しい働き方にチャレンジしてみてください。

Written by ゆきひろ
ライター歴2年半で、主に金融やBtoB分野の記事を得意としています。現在は、始めたてのWebライターの講師業も務めています。自分の記事や情報が多くのフリーランスの方の成功に繋がれば幸いです。

PICK UP NEWS