マーケティング・ビジネスサポート

広報としてフリーランスで活動する方法|始め方・成功のコツ

最近、フリーランスとして広報活動を行う方が増えています。
今まで勤めていた会社の枠を飛び越え、様々な企業やブランドの情報発信を行うのが彼ら・彼女らの仕事です。

ただ、フリーの広報として活動することは、今のところそれほど広く認知されているわけではありません。しかし、企業のアウトソーシングが活発になっている昨今、自分のスキルや能力を生かすチャンスといえるでしょう。

今回は、フリーランス広報の始め方や成功のコツ、求められるスキルなどをお伝えしていきます。

広報としてフリーランスで活動する方法|始め方・成功のコツ

広報・企業PRの仕事とは?

「広報・企業PR」という働き方もあります。


広報といえば、今までなら企業に勤めながら自社のPRを行うというイメージが強かったものの、現在ではフリーランスとしての仕事も増えています。


フリーランスになると今度はクライアントの企業用に広報戦略を考えていきます。それだけ広報の仕事をアウトソーシングする企業が増加しているということです。


広報は、様々な商品やサービス、ブランドなどを広く世の中に発信していくことが基本的な業務内容となります。具体的には、テレビやラジオ、Webといったメディアでの広告の方針を考えることが中心です。広告のデザインからキャッチコピー、効果測定など、全体の戦略を考えてクライアントに企画を提案します。

広報の仕事に求められるスキル・経験

広報の仕事に求められるスキルは次の3つです。


・企画力


・プレゼン能力


・コミュニケーション能力


クライアント向けに広報戦略を練り、その具体的な効果まで提案していくため企画力は欠かせません。


また、広告のデザインやキャッチコピーの作成なども行う必要があります。フリーランスだとこうした業務をアウトソーシングすることも可能です。その場合、デザインならデザイナー、キャッチコピーならライターというように、プロジェクトチーム全体を統括するリーダーシップやディレクション能力もあれば役立ちます。


Web広告を扱う場合は、SEO(検索エンジン最適化)まで意識することが重要です。


SEOは独学で習得するのは困難なので、SEOの専門業者とタッグを組んで企画を組むことも考えられます。このように、外部のデザイナーやライター、専門業者など、広告の仕事はかかわる人の数も少なくありません。


全体をうまくまとめたり、プロジェクトをスムーズに進めるためのコミュニケーション能力も求められているでしょう。

広報の仕事に求められるスキル・経験

フリーランスとして広報になることは可能?

フリーランスとして広報で働く場合、クライアントによって扱う広告の媒体や商品のジャンル、業種・業態が大きく異なります。そのため、自分の得意・不得意が成果に影響します。


すでにクラウドソーシングを中心に広報の外注化も進んでいるため、フリーの広報として活動していくことは可能です。


ただ、広告のプランニングが中心となるため未経験では難しく、最低でも2年ほどの実務経験が求められます。もし経験がまったくないという方は、まず広報関係の企業へ就職(転職)することが最適です。広報としての必要な知識やスキルはもちろん、もっとも重要な実務経験と実績を手に入れることができます。


企業である程度経験を積めば、副業として広報活動を進めていけるでしょう。そして、副業でさらにフリーランスとしての実績を積み重ねることで、独立という道も見えてきます。

フリーランスとして広報になることは可能?

副業でフリーの広報として働く方の事例

大手IT企業の事業戦略・ブランド推進部門で働く大崎祐子さんは、フルタイムで本業に勤務するかたわら、副業として広報活動も行っています。


現在は複数の企業の広報戦略作りのほか、プレスリリースの出稿、広報初心者への講師業と幅広い活動が目立ちます。本業ではプロモーションやマーケティングなど広報に役立ちそうな仕事に携わっていますが、具体的な業務内容は少し方向性が違うようです。


ただ、大学時代からブログやSNSを使った情報発信を行っており、それがきっかけとなって「広報の仕事で働いてみませんか」という誘いを受けます。もともと情報発信やPR活動が好きで、その思いが現在の副業で生かされているといえるでしょう。


参考:PR Table Community

副業でフリーの広報として働く方の事例

フリーランス広報として成功するコツ

フリーランスで広報の仕事を成功に導くには、自分の得意・不得意をはっきりさせることです。


企業に勤める広報とは違い、フリーランスになると様々な企業やブランド、商品の情報を扱います。


それだけに、得意な分野もあれば、ときに苦手なジャンルの案件に出会うことも出てくるでしょう。仮に苦手な分野や、これまで経験のない業種になってくると、情報が乏しいため、どうしてもクライアントに提案できる企画の質も落ちてしまいます。


フリーランスの仕事は成果を出さないと継続して仕事をもらえません。そのため、できるだけ得意分野の仕事に集中して取り組むほうが成果も出やすいのです。


フリーランスで広報活動を始めた場合、基本的には本業でPR活動を行っている業種やジャンルを中心に受注活動を行っていきます。普段から扱っている広告情報と似ているため、高い成果に繋がりやすいのです。

フリーランス広報として成功するコツ

広報の仕事を探す方法・始め方

フリーランスの広報の仕事を探すならクラウドソーシングを利用してみましょう。


クラウドソーシングには、企業がアウトソーシングした仕事の募集内容が一覧で表示されます。


利用者は、そのなかから希望の案件を選んで応募するだけです。ただ、応募する際には、「私はこういう仕事ができます」という自己PRや提案が重要となります。特に広報の仕事は、応募時の自己PRの書き方も選考時の重要な材料となります。これまで培ったプレゼン能力や営業力をフルに生かしましょう。


クラウドソーシングを始める場合、利用者にメリットが多い「_ist(イスト)」がおすすめです。


ほかのクラウドソーシングに比べ、募集案件のなかから希望する案件に応募するという基本的な流れは同じですが、イストにしかないメリットもあります。


・システム利用料は基本10%で大手よりも安い


・本人確認やNDA締結済みの案件しかないので安心して受注できる


・マイルストーン払いで報酬金を分割で受け取れる


「広告・PR」の仕事も数多く用意されているため、フリーの広報を目指す方はぜひ活用してみてください。


_ist 〈新しいクラウドソーシングサイト〉

広報の仕事を探す方法・始め方

まとめ

広報の仕事は、様々な企業やブランド、商品などの魅力を伝えるため、広告のプランニングを行います。


しっかりと成果を出せばクライアントから感謝されることも多く、非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。


ただ、フリーランスとして働く場合は、できるだけ実務経験や実績を積んでおくことをおすすめします。高い成果が求められるため、少なくとも2年ほどは企業で広報の実務を学ぶべきです。


すでに広報業務を担っており十分なキャリアがある方は、その知識やノウハウを生かしてフリーランスに挑戦してみましょう。収入に上限はないので、頑張れば頑張るほど稼ぐことができます。

Written by ひろゆき
ライター歴2年半で、主に金融やBtoB分野の記事を得意としています。現在は、始めたてのWebライターの講師業も務めています。自分の記事や情報が多くのフリーランスの方の成功に繋がれば幸いです。

PICK UP NEWS