マーケティング・ビジネスサポート

マーケティングってそもそも何?なぜマーケティングが必要なのか

近年、大企業だけでなく中小企業でもマーケティングが注目され始めています。
マーケティングにはあまり意味がないという見方を持った企業もまだありますが、マーケティングを企業に取り入れることで大成功を遂げた企業も存在します。
そこで今回は、企業の成長にも絶大的な効果を発揮するマーケティングについて解説していきます。

マーケティングってそもそも何?なぜマーケティングが必要なのか

マーケティングの意味は何?

マーケティングは定義が曖昧なところがあります。
見込み客となるお客様を集客することをマーケティングと呼ぶこともあれば、売れる仕組みを作ることをマーケティングと呼ぶこともあります。
マーケティングには色々な解釈の仕方がありますが、まずは1つの定義にとらわれずに様々な解釈や定義を知っておくといいですね。
しかし、マーケティングには様々な解釈の仕方がありますが、結果的には収益に繋がることを目的として行うことがほとんどです。

マーケティングの意味は何?

マーケティングは消費者の意見を取り入れるために行う

企業がマーケティングをするときは、消費者の意見を自社の業務やサービスに役立てるために行います。
ちなみに、BtoCの場合は一般の消費者ですが、BtoBの場合は企業の需要などを調査する事になります。
そしてマーケティングをする時は、消費者が欲しているもの悩みや不安などを調査して理想的な消費者像を作り上げていきます。
多くの企業では消費者の意見を取り入れていれるようで取り入れられていないことが多いんです。
なぜなら、企業の人たちは自社の商品やサービスのことを知り尽くしていますが、消費者は商品やサービスのことをほとんど知らないというギャップがあるからなんですね。
そのギャップを埋めるためにマーケティングで消費者の意見を取り入れる必要があるんです。

マーケティングは消費者の意見を取り入れるために行う

マーケティングは技術力だけではモノが売れない時代を勝ち抜くために必要

一昔前は他社よりも優れたモノを作るだけで勝手に商品が売れていました。
テレビで広告を打てるような大企業だけが、市場をほぼ独占しているような状況になっていました。
しかし、それは一昔前の話です。
今はモノが溢れて、インターネットを使えば誰でも簡単に広告を出して商品やサービスをアピールすることができるようになったのです。
そのような時代になったからこそ、マーケティングで消費者が本当に求めているモノが何なのかを調査しなければいけません。
消費者が本当に求めているモノを提供してこそ、買ってもらうことができるのです。
逆に、機能は優れているけど消費者が求めているものと異なるものを提供しても買ってはくれません。
そして、マーケティングではブランディングも必要になります。
ブランディングで消費者の頭の中にある企業のイメージを、マーケティングによって支配することによって、収益の増加を狙っていくというわけです。
日本の中でマーケティングが十分浸透していない今だからこそ、時代を少し先回りしてマーケティングを勉強し始めてみてはいかがでしょうか。

マーケティングは技術力だけではモノが売れない時代を勝ち抜くために必要

Written by ユウスケ
SE、プログラマー
現在はアフィリエイターの専属ライターとしてアフィリエイト記事を毎日書いております。
また、Webライターとして様々なジャンルの記事を執筆中。
ライティングスキルを磨くために日々精進しています。

PICK UP NEWS