写真・映像・音楽

アマチュアでも稼げる?写真販売の魅力

写真から収入を得るのは、プロカメラマンだけの専売特許ではありません。勝負する分野さえ間違わなければ、アマチュアカメラマンであっても写真販売を副業にして収益を上げることは可能です。今回は写真関連でお勧めの副業分野を紹介します。

アマチュアでも稼げる?写真販売の魅力

写真から収入を得る方法とは?

プロ・アマを問わず、写真から収入を得る方法は大きく分けて2種類あります。ひとつは「撮影技術」そのものを売ること。そしてふたつめは「撮影した写真」を売ることです。前者の例としては商品撮影やイベントへの同行撮影が挙げられますし、後者の代表例としては、いま話題のストックフォトがあります。

写真から収入を得る方法とは?

撮影代行

撮影代行とは、文字通り依頼を受けて撮影を代行することです。たとえばネットショップやチラシ・カタログなどに掲載する商品の写真を撮影したり、企業のWEBサイトやSNSに掲載する写真の撮影をイメージするとわかりやすいでしょう。もちろん依頼者としては、自分では撮れないような高品質な写真を期待しています。ですからこの分野に取り組むにはある程度高度なテクニックと機材が必要です。写真学校で撮影技術を磨いてきたり、フォトスタジオなどで働いてきた経験がある方にお勧めの副業と言えるでしょう。

撮影代行

イベント撮影

イベント撮影とは、依頼者が主催・参加するイベントに同行して撮影をおこなうことです。代表的なものでは結婚式や披露宴の撮影、運動会やスポーツイベントの撮影、修学旅行などの同行撮影などがあります。この場合も一定水準以上の品質やテクニックが求められることは言うまでもありません。また結婚式の写真などでは撮影した写真をその場で編集することもあるため、撮影だけでなく編集ソフトを扱う技術・センスも求められます。

イベント撮影

写真販売

写真販売とは文字通り、あらかじめ撮影した写真を販売することです。主に各種WEBサイトやチラシ・ポスター向けのイメージ画像などとして需要があり、インターネットの普及に合わせて急成長している分野です。販売方法としては「ストックフォト」と呼ばれるサービスを利用するのが一般的です。ストックフォトサービスを扱うサイトにはいろいろな種類があり、それぞれ利用条件や報酬規定が違います。自分の写真スキルや目的に合わせてサイトを選べるため、比較的初心者でも挑戦しやすい分野と言えるでしょう。

写真販売

手軽に始めるなら写真販売がお勧め

写真を使った副業として最も人気が高いのは、最後に紹介した写真販売です。写真1枚ごとの単価が安いためまとまった収益を出すのは難しいですが、そのぶんカメラ初心者でも比較的簡単に始められます。もちろん、本人のがんばり次第では報酬が大きく跳ね上がることもあります。まずは手持ちのカメラや撮影機材で写真販売を行い、技術が上がったら撮影代行やイベント撮影を手がけてみるのも良いでしょう。

手軽に始めるなら写真販売がお勧め

Written by 中村
IT専門学校講師、ツアー添乗員などを経て、フリーランスのライター&行政書士として独立。
得意ジャンルはIT・観光・ビジネス・法律などで、特にインターネットサービスの活用やWEBマーケティングが得意分野です。
カメラ片手の現地取材や電話取材も行っています。

PICK UP NEWS