写真・映像・音楽

写真が上手になりたいなら。知っておきたい構図のはなし

写真の構図について意識したことがありますか?構図を少し意識するだけで、自分で撮る写真は変わり、見る人にその写真を印象づけることができます。 また、ほかの人が撮った写真を見る目が変わり、構図に当てはめて写真を見るだけでも、とても勉強になります。 今回は数ある構図の中から、よく使われ、簡単で意識のしやすい写真の構図をご紹介します。

写真が上手になりたいなら。知っておきたい構図のはなし

日の丸構図

日の丸構図は、みなさんが普段から意識せず、使っているかもしれない日本人になじみのある構図です。 名前の由来はそのままですが、日本の国旗のように対象物を真ん中に配置することから来ています。 対象物の周りをぼかすと、よりインパクトのある印象深い写真になるでしょう。
写真では花が真ん中に配置され、周りがボカされています。 花の中に吸い込まれそうな印象を持ちませんか。

日の丸構図

三角構図

写真に奥行きを出したいなら、三角構図が使えます。
そのままですが対象物に三角形をイメージし撮影します。
三角形の底辺の部分を手前側に配置し、反対側に奥行きを出していきます。 そうすることで、対象物に迫力を持たせることができます。
写真ではどこまでも続いていきそうな自然の広大さが、三角構図を使って表現されています。

三角構図

三分割構図

三分割構図はフレームを上下に3分割し対象物を配置する構図です。
上下に引いた2本ずつの線の交点に対象物を配置すると、収まりの良い印象になります。
写真では人物が、右上の線の交点付近に配置されています。
建物の収まりが良く、人物に目が行くような構図です。

三分割構図

対角線構図

フレームに対角線を引き、その対角線上に対象物を配置する構図です。
写真を撮影するとき基本的には、水平を意識することが多いと思いますが、 対角線構図にうまく当てはめると、対象物を動きのあるように撮影できます。 写真では対象物である2つの山の頂上が、対角線上に配置されています。

対角線構図

額縁構図

額縁に入った絵のように対象物の周りを囲む構図。
周りを囲むことで、見せたいものに視線を集中させることができます 。また、額縁のように中に入れた対象物を絵画のように見せることができます。 写真では門が額縁のように、その奥に続く風景が絵画のように表現されています。

額縁構図

フィボナッチスパイラル

フィボナッチスパイラルとは、イタリアの数学者のレオナルド・フィボナッチが見つけたフィボナッチ・ナンバーを 図形に表現したものです。 フィボナッチ・ナンバーとは以下のような数字です。
(例)
0,1,1,2,3,,5,8,13,21,34
3つの連続した数を取ると、最後が前の2つの数字を足した合計になりますが、この数字は永遠に続きます。
フィボナッチスパイラルを構図として利用し、写真にするのは非常に難しいですが、うまく使えると非常に印象的な写真にできます。
写真では螺旋階段がフィボナッチスパイラルの構図に当てはめられて撮影されています。

フィボナッチスパイラル

まとめ

いかがでしたか?
今回は数ある写真の構図の中でも簡単で意識のしやすいものをご紹介しました。
構図を意識して写真を撮り始めると、写真が上手くなったと感じやすくなるでしょう。
気になったものがありましたら、すぐにでも実践できるので試してみてください。

Written by 中村春海
映像系の大学を卒業後、海外生活(フィリピン・インド)した後に帰国。WEBライターとして活動開始。
得意分野は、映画などコンテンツ関連。趣味はサーフィンと映画。海辺のまちに住んでいます。

KETWORD

PICK UP NEWS