写真・映像・音楽

映像編集始めるならこれ!おすすめソフト3選

映像編集をやってみたいけど、なにを選べばいいかわからないという方はいらっしゃいませんか?
ソフトには有料のものを含めると膨大な数があり、優れたものを選ぶのは難しいです。
そこで、映像系大学出身の筆者がおすすめの映像編集ソフトを3つに厳選し、ご紹介します

映像編集始めるならこれ!おすすめソフト3選

映像編集ソフトは無料もあるけど、有料がおすすめ

映像編集ソフトはパソコンに元々インストールされており、使えるものもあります。
しかし、できることが少ないので、本格的に映像を撮って編集していきたいという方にはおすすめできません。
このことを踏まえてぜひ自分好みのソフトを見つけてください。

映像編集ソフトは無料もあるけど、有料がおすすめ

adobe premier

Adobe Premierはあまりにも有名なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?機能がとても多く、ハリウッド映画の編集にも採用されているそうです。
多機能という以外にメリットを挙げると、同じAdobe製品のPhotoshopやIllustrator、AfterEffectsと連携しやすいことです。映像に凝り始めると、それらの製品の必要性も感じるタイミングが来るかと思いますので、本格的に映像制作をやっていきたい方にはおすすめです。
デメリットを挙げると、多機能がゆえに初心者の方には使いづらく感じる場合があります。しかし、慣れれば何も問題はないので、心配する必要はないでしょう。
Premier Proは1ヶ月ごとのライセンス契約で、月額2,180円(税別)で使うことができます。

adobe premier

Final Cut pro

Final Cut Pro はMacユーザ向けのソフトにはなりますが、こちらもおすすめ。 Apple製品ならではの直感的な操作が可能で、初心者でも簡単に操作ができます。Adobe Premierほど多機能ではないですが、本格的な映像編集にも対応出来る機能性は備わっています。
Final Cut Proは月額のライセンス契約ではなく、買い切りが可能なので支払は初回の1回のみ。お値段は34,800円(税込)です。

Final Cut pro

Lightworks

どうしても無料版ということであれば、Lightworksをおすすめします。これが、無料なのかというほどの機能性を備えたソフトです。無料ながらあらゆる映像フォーマットに対応しており、プロの映像制作者も使っているそう。
デメリットを挙げるとすると、日本語対応してないので操作画面はすべて英語になります。しかし、ツールなどのアイコンが何を示しているのかわかりやすいので、慣れれば全く問題はないかと思います。

Lightworks

まとめ

有料ソフトは購入前は高く感じるかもしれませんが、今回ご紹介した編集ソフトを使い始めるとその思いは消えると思います。有料ソフトに関しては、無料のお試し期間がそれぞれありますので、まずは使い比べてみて、好みのソフトを見つけてみてください。

Written by 中村春海
映像系の大学を卒業後、海外生活(フィリピン・インド)した後に帰国。WEBライターとして活動開始。
得意分野は、映画などコンテンツ関連。趣味はサーフィンと映画。海辺のまちに住んでいます。

PICK UP NEWS