写真・映像・音楽

カメラを始めるなら知っておきたい露出のはなし。

一眼レフカメラやミラーレスカメラで写真を撮るとき露出について考えていますか?
露出を理解していると、写真の明るさを自由に決めることができ、写真を撮るのがより楽しくなります。
そこで今回はカメラの露出について解説します。

カメラを始めるなら知っておきたい露出のはなし。

カメラで露出の設定をできるようになろう

露出とは写真を撮る時、カメラに取り込む光の量のことです。
露出は3つの要素からなるので、順番に解説していきます。

カメラで露出の設定をできるようになろう

適正露出

適正露出とはその写真にとって、適当な明るさのことです。適正といっても、決められた数字があるわけではなく、撮影者が思うその写真に合った明るさが適正露出になります。露出を決める時に重要な要素になるのが、絞り・シャッタースピード・ISOの3点。
では、順番に説明していきます。

適正露出

絞り

一眼レフなどのレンズを見ると、羽のようなものが見えますが、これが絞りです。絞りは数字が小さくなると、羽が開いている面積が狭くなります。光のとりこめる量が少ないので暗くなります。逆に数字が大きくすると、羽の開きの面積が広くなるので、光がより多くとりこめるので、明るくできます。
その絞りの明るさはF値で表され、以下のような数値になります。
(例)F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22
F値は上げるほど暗くなり、ピントが合いやすい。下げるほど明るくなりボケやすくなるということを覚えておきましょう。

絞り

シャッタースピード

シャッターが開きまた閉じるまでの速さのことをシャッタスピードと言います。1/1000秒(0.001秒)の一瞬のものから数十秒の長い時間まで、写真をとる目的によって、設定するシャッタスピードが違います。数字が大きければ、長い時間シャッターが開いているということなので、より多くの光を取りこみ写真を明るくできます。明るさだけではなく、何をとるかによってもシャッタスピードを考える必要があります。スポーツの写真を撮る場合は、動きのある被写体の一瞬を撮影したいのでシャッタスピードの数字は小さい方が向いてますし、反対に止まっている花のような被写体を撮る場合は、長めのシャタースピードを設定してもよいでしょう。明るさと何を撮るかということを考慮すれば、シャッタスピードは設定できます。

シャッタースピード

ISO感度

ISO感度とはカメラのセンサーが光を受ける感度の数値のことです。数値が高くなれば光をよく受けるので、写真を明るくできます。
明るくなるから、むやみに数値を上げて良いということではなく、上げすぎるとノイズが出て目立ってしまいます。ISO感度に関しては状況に応じた数値を設定することが重要でしょう。

ISO感度

まとめ

いかがでしたか。今回はカメラの露出について解説しました。
基礎の部分ではありますが、写真を撮る上でとても重要な要素で、知っているとカメラで写真を撮るのがもっと楽しくなります。
カメラには自動で露出を決めてくれる機能もありますが、これを機にマニュアルで自分好みに露出を設定できるようになりましょう。

Written by 中村春海
映像系の大学を卒業後、海外生活(フィリピン・インド)した後に帰国。WEBライターとして活動開始。
得意分野は、映画などコンテンツ関連。趣味はサーフィンと映画。海辺のまちに住んでいます。

PICK UP NEWS