写真・映像・音楽

映像を撮るなら知っておきたい!フレームレートの基礎知識

映像を撮影したり、編集したりするときに重要な要素であるフレームレートはご存知ですか?
フレームレートを知ることで自分の意図にあった映像制作しやすくなります。
そこで今回は、映像制作に重要な知識であるフレームレートについて解説します。

映像を撮るなら知っておきたい!フレームレートの基礎知識

フレームレートとは

フレームレートとは、1秒の映像が何枚の画像で構成されているか表現したものです。動画は1枚1枚の画像が連なって、動いているように見えているというのはご存知かと思いますが、その枚数はフレームレートによって変わります。
フレームレートは、fpsという言葉で表現されますがFlame Per Secondの略で、直訳すると「1秒ごとのフレーム」となります。具体的によく見かけるフレームレートは、24fps、30fps、50fps、60fpsなどです。

フレームレートとは

フレームレートの高い動画

フレームレートの高い動画の特徴は、映像がより滑らかに見えるということです。パラパラマンガを思い浮かべていただくと、わかりやすいかもしれません。枚数を増やし、めくる数を増やすことで、パラパラマンガに書かれたものの動きはより滑らかになります。
フレームレートに関しても同じことが言えます。しかし、フレームレートをあげると1秒間に使う画像の数が多くなるので、容量が大きくなります。ただ、滑らかだからいいというわけではなく、自分の意図にあったフレームレートを設定することが重要です。

フレームレートの高い動画

インタレースとプログレッシブ

カメラでの撮影や動画サイトなどで見かける、24pや30iといった数字のあとについている「p」や「i」はprogressive(プログレッシブ)とinterlace(インターレース)の頭文字です。テレビやパソコンの画面は点が集まってできていますが、その点を光が走ることで画面に映像が出力されます。その線のことを走査線と呼びます。その走査線が走る方式が2つあり、これがインタレースとプログレッシブです。インタレースでは、上から奇数番目と偶数番目に分かれて走査線が走ります。インタレースの特徴はテレビ放送で使われているということ、一時停止をすると映像がブレて見えることなどが挙げられます。プログレッシブでは走査線が順番に走ります。特徴としては、一時停止でも綺麗に見えるということが挙げられます。動画サイトなどでは、基本的にプログレッシブで出力されますので、動画を制作しアップロードするような場合は、この走査線方式をしっかりと確認しておくことも重要です。

インタレースとプログレッシブ

フレームレートを使いわけよう

いかがでしたか?今回はフレームレートに関する基礎的な部分をご紹介しました。フレームレートは使い分けが重要です。自分の好みや、仕事であればクライアントの意向、スポーツなら高めのフレームレートなど。この機会に、ぜひフレームレートを意識して映像制作を行ってみてください。

フレームレートを使いわけよう

Written by 中村春海
映像系の大学を卒業後、海外生活(フィリピン・インド)した後に帰国。WEBライターとして活動開始。
得意分野は、映画などコンテンツ関連。趣味はサーフィンと映画。海辺のまちに住んでいます。

PICK UP NEWS