写真・映像・音楽

クラウドソーシングにみる映像で稼げる案件

クラウドソーシングにみる映像で稼げる案件
映像に関する仕事をクラウドソーシングを通してやってみませんか?
現代では映像の需要が高まるにつれて、制作側もより求められるようになっています。
こちらでは、クラウドソーシングでは映像に関する仕事はどのようなものがあるのかご紹介します。

クラウドソーシングにみる映像で稼げる案件

クライアントが考えるメリット

映像制作を発注するクライアントが考えるメリットは大きくわけて3つ挙げられます。まず、1つ目は制作費用を抑えられるということです。
制作会社や広告代理店に依頼すると小規模の仕事でさえも、関わってくる人の数や工程が多くなってくるため、制作費用が高くなりがちです。クラウドソーシングを利用し、個人に依頼することで、制作費用を抑えることが可能なのです。
2つ目は、納期を柔軟に考えられるということです。クラウドソーシングを利用し働いているクラウドワーカーは多いので、納期に合ったクラウドワーカーを選ぶことができます。
3つ目は、クラウドソーシングでは多様な案件に対応できるということです。クラウドワーカーのバックグラウンドやスキルは様々なので、クライアントが発注する案件にぴったりの人物を見つけることができます。

クライアントが考えるメリット

クライアント側からみるデメリット

クライアント側にはデメリットもあります。
やはり、映像制作会社や広告代理店のように一定の担保されたクオリティーがクラウドワーカーにはないことが多いです。その反対に、クラウドワーカーは過去に制作したものをクライアントに提供することで、クライアントを安心させることができ、仕事が取りやすくなります。

クライアント側からみるデメリット

多様な案件

クラウドソーシングサイトにて、よく募集されている案件は以下のようなものがあります。
・Youtubeの動画編集
・YoutubeのオープニングCG作成
・映像のクオリティチェック
MVやCM制作の案件もありますが、Youtuberの案件が多くなっています。

多様な案件

求められるスキル

クラウドソーシングにて仕事をする際、よく求められるスキルをご紹介します。自分にそのスキルがなくても、何を身につければ仕事ができるのかわかりますので確認してみてください。
1つ目は、納品の早さです。クライアントがクラウドソーシングを利用するメリットにもあげたように、仕事の早さが求められます。
2つ目は、編集スキルです。案件の説明の中で、求めるスキルの中に書かれているのは、Adobe PremierやAfter Effects、Final Cut Proなどです。編集ソフトの使用経験があると、仕事は取りやすくなるようです。
3つ目は、現場経験です。実際に制作会社などで働いた経験や、自分で撮影・編集・納品といった流れで仕事をした経験を求められる場合があります。映像制作の流れがわかっているというのが重要なようです。

求められるスキル

まとめ

いかがでしたか?映像制作の案件はクラウドソーシングサイトに溢れています。
クライアントが考えていることや求めるスキルを把握することで、仕事がしやすくなります。
この機会に、クラウドソーシングで映像制作の仕事に挑戦してみてください。

Written by 中村春海
映像系の大学を卒業後、海外生活(フィリピン・インド)した後に帰国。WEBライターとして活動開始。
得意分野は、映画などコンテンツ関連。趣味はサーフィンと映画。海辺のまちに住んでいます。

PICK UP NEWS