写真・映像・音楽

映像制作は準備で決まる!撮影までにやるべきこと

映像制作を始めようと考えている方はいらしゃいますか? 今はスマホで高画質な動画を撮影することができ、無料の編集ソフトを使えば、 お金をかけずに映像制作をできる時代になっています。 だからこそ知って欲しいのが、映像制作は準備で決まるということです。
そこで今回は映像を撮り始める前にやるべきことを解説していきます。

映像制作は準備で決まる!撮影までにやるべきこと

誰に見てもらうかを考える

映像を制作始める前に1番はじめに考えることは、その映像を通して「誰に何を伝えるのか」ということです。 このことを考えず撮影した映像は、誰にも見てもらうことなく終わってしまいます。 例えば、Youtubeで最新のカメラを紹介映像を制作するとします。 この場合、誰に見てもらえたいかを考えると、カメラの購入を考えている人ということになります。 ターゲットがわかれば、「何を伝えるのか」というのは決めやすく、それはカメラの魅力いうことになります。 はじめに誰に何を伝えるのかということを設定しておくことで、撮ろうとしている映像にどんな内容を詰め込めばいいのか明確になり、映像制作がスムーズになります。 また、制作している段階で迷った時に、ここで決めたことを振り返ることで、その迷いを解消することができます。

誰に見てもらうかを考える

どのようなスタイルで伝えるか考える

ターゲットと伝えたいことが決まれば、次はどのような映像のスタイルで伝えるかを考えましょう。 映像とひとことで言えますが、映像にも様々な種類があります。
・映画
・ミュージックビデオ
・アニメーション
・CM
・Youtubeの動画 など。
先ほど決めた、「カメラの購入を考えている人にそのカメラの魅力を伝える」ということを例にとります。 Youtubeにアップロードすると決めていても、どのようなスタイルで撮ればいいでしょうか。 映像制作者自らが使っている動画、カメラ自体を撮影し文字で説明するなど、様々な映像のスタイルを考えることができます。 正解はないので、自分ができるスタイルを考えてみましょう。

どのようなスタイルで伝えるか考える

何を撮影するべきか考える

最後に何を撮影するのか決めましょう。 「カメラの購入を考えている人にそのカメラの魅力を伝える」ためにカメラ自体を撮影し文字で説明する動画を例にとります。 そうすると、以下のような映像を撮る必要があると考えられます。
・カメラの本体
・レンズ
・付属品
・外箱 など。
この時、映画やCMなど映像を仕事している人たちは、コンテというものを書きます。 完成した映像を想像し、必要な映像を絵に表現します。そこに、カメラはどのような動きをするのか、 その映像に何が写っている必要があるのかを書き込むことで制作をスムーズに行うことができます。 このように、何を撮影するべきかをあらかじめ決めておくことで、映像の撮影漏れを防ぐことができます。

何を撮影するべきか考える

準備で映像の質を上げよう

いかがでしたでしょうか? 映像を制作していく上で、とても準備は重要になります。 この準備の過程は、どの映像制作の業界でも行われていることです。 映像制作を考えているなら、以上で紹介したような準備をしっかりして、 伝えたいことが伝わる映像を目指しましょう。

準備で映像の質を上げよう

Written by 中村春海
映像系の大学を卒業後、海外生活(フィリピン・インド)した後に帰国。WEBライターとして活動開始。
得意分野は、映画などコンテンツ関連。趣味はサーフィンと映画。海辺のまちに住んでいます。

PICK UP NEWS