写真・映像・音楽

ストックフォトサイトの選び方

副業として写真を販売したいなら、まずはストックフォトを利用するのが効率的。インターネット上にあるさまざまなストックフォトサイトから、特に人気のあるお勧めのストックフォトサイトを紹介するとともに、自分のレベルや目的に合ったストックフォトサイトを見つけるコツを紹介します。

ストックフォトサイトの選び方

利用しやすいストックフォトサイト3選

ストックフォトサイトと一口に言っても、スマホで手軽に利用できるものから3,500万点以上の写真素材を扱う国内大手サイト、さらにあ世界中でサービスを展開する巨大サイトまでさまざまです。これらの中から自分に合ったものを探すには、まずは自分のレベルや目的をしっかり見極めることが肝心。ここでは参考として、特に人気の高い3つのサービスをピックアップしました。

利用しやすいストックフォトサイト3選

PIXTA

PIXTAは約3,580万点(2018年9月現在)の写真素材を取り扱う国内大手のストックフォトサイトです。高品質ながら、単品なら1点あたり540円、定額制プランなら最安1点39円からというリーズナブルな料金設定も人気の秘密。売り手にとっても販売のチャンスが大きいため、魅力的です。もちろん高い品質が求められるのは言うまでもありません。写真の腕に自信のある方なら、ぜひチャレンジしてみましょう。

PIXTA

shutterstock

shutterstockはニューヨークに本社を置き、世界150ヶ国以上でサービスを展開しているストックフォトサイトです。掲載している素材は写真・動画・音楽など延べ2億3,200万点にも及びます。売り手にとって、世界中の利用者をターゲットにできるのは大きなチャンスと言えるでしょう。ただし毎日数千点の素材が追加される巨大サイトなので、収益を上げるためには質の高さやオリジナリティなどが特に求められます。

shutterstock

PhotoAC

PhotoACは国内最大級の無料写真素材サイトです。厳密に言えば有料のストックフォトサイトとは違いますが、売り手にとっての流れ(写真の投稿〜売上発生まで)にそれほど差はありません。また会員数や利用者の多さは無料サービスならではです。写真販売を始めたばかりで、より多くの人に見てもらいたい、ダウンロードしてもらいたいという方にぴったりのサービスと言えるでしょう。

PhotoAC

目的や使いやすさに合わせて選ぼう

ここで紹介した他にも、ストックフォトサイトにはさまざまなものがあります。国内に特化したもの、世界中でサービス提供しているもの、写真の登録審査が厳しいかわり報酬が高いもの(あるいはその逆)など、特徴はそれぞれです。写真販売をする際は、自分の撮影レベルや写真のクオリティ、売りたい相手や欲しい収益などに合わせてストックフォトサイトを選んでみてください。一部のストックフォトサイトはスマホから簡単に投稿できるアプリを用意しているので、使いやすさ基準で選ぶのもアリですね。

目的や使いやすさに合わせて選ぼう

Written by 中村
IT専門学校講師、ツアー添乗員などを経て、フリーランスのライター&行政書士として独立。
得意ジャンルはIT・観光・ビジネス・法律などで、特にインターネットサービスの活用やWEBマーケティングが得意分野です。
カメラ片手の現地取材や電話取材も行っています。

PICK UP NEWS