写真・映像・音楽

動画編集スキルを上達させる3つのポイント

動画編集はプロフェッショナルな技能が必要であると考えられがちですが、大物アーティストのミュージックビデオならいざ知らず、YouTubeなどで使われる動画コンテンツを制作するためにはそれほど高いスキルは必要ありません。今回の記事では、動画編集のスキルを向上させる3つのポイントを紹介します。これを知ることで、あなたの動画がより見やすく、拡散されやすいものになるはずです。

動画編集スキルを上達させる3つのポイント

実はカンタン!今すぐにあなたの動画を見やすくする3つのポイント

自分で撮った素材を使って動画編集をしてみたけど、いまいちよい動画になっていない気がする…というのは初心者であれば誰もが通る道です。そのようなとき、ついつい「ソフトを変えてみようかな…」と考えてしまいますが、それは早計です。実はカンタンすぎて見逃している3つのポイントを見直すことで、動画は一気にわかりやすく魅力的になるのです。

実はカンタン!今すぐにあなたの動画を見やすくする3つのポイント

分断された動画を繋ぐテンポにメリハリをもたせる

動画コンテンツを制作する場合、素材となる動画から使える部分を切り取り、それらを繋ぎ合わせていく手法が必要となります。そうすることで要点のみを視聴者に伝えることのできるコンテンツを作ることができるのですね。その際、繋ぎ合わせるテンポにメリハリをつけることを意識してみましょう。例えば、動画の最大の見せ場では短い素材をテンポよく繋ぎ、動画の終盤では呼びかけや感想をゆったりとしてテンポで視聴者に伝えるのです。メリハリがあると、動画の山場がわかりやすくなり、視聴者も見やすくなります。

分断された動画を繋ぐテンポにメリハリをもたせる

テロップは短く、大きく

動画コンテンツにはテロップが使われることが多いですが、映画の字幕のようにセリフ全てをテロップにすると視聴者はせわしない印象を受けてしまいます。バラエティ番組を参考に、テロップは必要最小限の情報を大きく表示することを心がけましょう。またテロップの色を統一しておくことも、見やすい動画作りには欠かせません。ついつい力を入れすぎてしまうテロップ作りですが、肩の力を抜いて行う必要があります。

テロップは短く、大きく

冒頭で動画の主旨を説明する

YouTubeなどで人気を博す動画の多くは、視聴者にとってわかりやすいものとなっています。特に冒頭で動画の主旨を説明することは重要で、それによって動画の全体像を事前に伝えることができ視聴者を安心させることができるのです。趣旨はセリフとテロップの双方で伝えることをおすすめします。

冒頭で動画の主旨を説明する

優れた動画を見て学ぼう

インターネットが発達した現代であれば、動画編集技術を磨くことのできる参考例は無料でいくらでも見つけることができます。あなたも優れた動画をいくつも見て、自分の中にわかりやすいコンテンツのイメージを蓄積していきましょう。

優れた動画を見て学ぼう

まとめ

このように動画コンテンツの視聴数を向上させたい場合は、簡単な3つのポイントから改善していく必要があります。あなたも身の回りに存在する優れた動画を参考に、よいり多くの人に見られるコンテンツを作成していきましょう。

Written by 坂口 フミヤ
見切り発車で独立した専業ライターです。趣味は読書、映画鑑賞、ワイン、アート鑑賞、主にビジネス系の記事を作成しています。

PICK UP NEWS