写真・映像・音楽

インターネットの活用!音楽を副業にできる時代の到来

一般的に音楽というと副業にしにくいイメージがあります。それこそ一部のプロしか音楽で食べていくことができないと考えている人も多いでしょう。しかし昨今はインターネットの発達により、音楽を副業にしてお金を稼いでいる人が増えてきています。今回は音楽を副業とする方法について見ていきましょう。

インターネットの活用!音楽を副業にできる時代の到来

誰もが自分の音楽を発信することのできる時代

インターネットの発達により素人でも動画を配信することができるようになり、音楽を副業にすることのできる時代が到来しました。もちろん音楽だけで食べていくことは現代であっても決して簡単ではありませんが、それすらも実現することのできる土壌は確かに整ってきているのです。以下では音楽を副業とする具体的な方法を紹介します。

誰もが自分の音楽を発信することのできる時代

作成した楽曲を動画配信する

音楽を副業としようとした際に第一の選択肢となるのが制作した楽曲の動画配信です。YouTubeなどの動画サイトであれば、素人であっても簡単い動画を配信することができるためそこから副業の可能性が広がります。もちろん1つの動画のみで収入を生むことは難しいですが、コツコツと続けることでファンが増え、一定の広告料を得ることができるようになるでしょう。

作成した楽曲を動画配信する

動画配信なら音楽とトークを組み合わせることができる

動画サイトで楽曲を配信していくのであれば、音楽をトークと組み合わせて視聴者に届けることができます。そうすると、あなたの人となりが伝わり、人気が出るのも早くなるでしょう。はじめのうちは楽曲だけを配信せずに、様々なコンテンツと組み合わせて動画を制作することをおすすめします。まずはあなたの楽曲を知ってもらうことが重要なのです。

動画配信なら音楽とトークを組み合わせることができる

楽曲をサイトで売る

現在は、写真だけでなく音楽もサイトで売ることのできる時代です。それこそ楽曲を作って登録していくだけで、それを気に入った人が購入してくれるのです。購入された音楽は動画などのコンテンツに使われることが多くなっています。このようなストック型の販売手法は、一度作ったもの登録しておくだけで収入を得る仕組みを作ることができるので大変におすすめです。

楽曲をサイトで売る

ストック型のサイトを通して制作依頼が来ることも

自作の楽曲をストックしておくことのできる販売サイトの中には、あなたの連絡先を登録できるものがあります。そうすると、あなたの曲を知ったコンテンツ制作者が新しい楽曲の作成を依頼してくる場合があります。そこまで副業を発展させることができると継続的な収入を得られるようになるでしょう。

ストック型のサイトを通して制作依頼が来ることも

まとめ

このように現代は必ずしもプロでなくとも、音楽を利用して収入を得ることのできる時代です。それこそパソコンを利用して楽曲を作ることも決して難しくないため、興味がある場合はすぐにでも始めることができるでしょう。いつかあなたの作った楽曲が動画に使われて多くの人の耳に届くかもしれません。

Written by 坂口 フミヤ
見切り発車で独立した専業ライターです。趣味は読書、映画鑑賞、ワイン、アート鑑賞、主にビジネス系の記事を作成しています。

KETWORD

PICK UP NEWS