写真・映像・音楽

初期費用5万円で音楽の副業!DTMで楽曲制作を始める方法

楽曲制作と聞くと、なかなかハードルが高いものと感じてしまうかもしれませんが、実は最近、在宅で楽曲を作って副業収入を得ている人が増えているのです。そして、自宅での楽曲制作は初期費用5万円程度から始めることができます。あなたも今までは趣味であって音楽づくりをビジネスに繋げていきましょう。

初期費用5万円で音楽の副業!DTMで楽曲制作を始める方法

DTMとは

DTMとはデスクトップミュージックを省略してものです。つまり、パソコン上で音楽を作ることのできるシステムを指します。DTMは副業として楽曲制作をする際に必須といえるアイテムです。現に多くの副業作曲家がDTMを利用して音楽を提供し、収入に結び付けています。

DTMとは

DTMを扱うためには一定のスペックのパソコンが必要

DTMのためにははじめにパソコンが必要となります。

そしてDTMはパソコンに大きな負荷がかかるため、古いものでは満足に音楽を作ることができません。
そのため、メモリで4GB以上、CPUでcorei3程度のスペックは最低限必要となります。

パソコンに詳しくない場合は、使用目的と伝えて家電量販店の店員に相談すると良いでしょう。

DTMを扱うためには一定のスペックのパソコンが必要

DAWはパソコンに入れて使うソフト

DTMのためには、パソコンにDAW(デジタルオーディオワークステーション)をダウンロードして使う必要があります。

そしてこのDAWには無料のものから有料のものまで幅広く存在しています。
もちろん有料のものの方が表現の幅も広がりますが、はじめは無料のものから使ってみましょう。

無料のものでもデモ音源は十分に作ることができます。

DAWはパソコンに入れて使うソフト

録音をする際はマイクを用意

このようにDTMはパソコンとDAWを持っていれば始めることができます。

しかし、DAWを無料にすると使うことのできる音も限られるため、自分で音を録音するためのマイクも容易しておきましょう。
もちろん声を入れることもできるようになります。

自分で音を録って楽曲制作をすると考えると、急にプロらしさが出てきますね。

録音をする際はマイクを用意

まずは手軽に始めてみよう

ここまで紹介したとおり、現代は初期費用5万円程度で十分に音楽造りを開始することができます。
そのため、少しでも興味がある場合は深く考えずに、とりあえずDTMを始めてみることをおすすめします。

そうして初めてみると、不足している点や改善すべき点が見えてきて、あなたの楽曲制作がより優れたものになっていくのです。

まずは手軽に始めてみよう

まとめ

このようにDTMはパソコンとDAWがあれば、とりあえずは始めることができます。
DAWの中には様々な音が入っているため、見様見真似で音楽づくりを開始することができるのです。

それこそすでに一定のスペックのパソコンを持っていて、無料のDAWを使うのであれば初期費用をゼロにすることもできます。

コツコツと音楽作りを続け、あなたも在宅で副業収入を得ることを目指していきましょう。

Written by 坂口 フミヤ
見切り発車で独立した専業ライターです。趣味は読書、映画鑑賞、ワイン、アート鑑賞、主にビジネス系の記事を作成しています。

PICK UP NEWS