写真・映像・音楽

販売用の写真撮影に必要な機材

プロのカメラマンは、数十万〜数百万円もするカメラやレンズ、大規模な撮影機材や撮影スタジオなどを持っています。でも、ストックフォトで写真販売の副業をするのに大げさな機材は必要ありません。今回は売れる写真を撮るために最低限必要な機材をご紹介します。

販売用の写真撮影に必要な機材

機材はジャンルや被写体に合わせて用意しよう

本業・副業にかかわらず、写真撮影を仕事にするからといて必ずしも高価な機材を揃える必要はありません。また必要とされる機材は、撮影する写真のジャンルや被写体によっても変わります(プロのカメラマンでもすべての撮影機材を持っているわけではありません)。まずは自分が撮りたい写真のジャンルや被写体を見極めて、それに合った機材をその都度揃えるようにしましょう。

機材はジャンルや被写体に合わせて用意しよう

カメラ

どのような写真を撮るにしても、最低限必要なのは「カメラ」です。中にはスマホのカメラで十分!という人もいるかもしれませんが、販売用の写真を撮るなら、やはりある程度高性能なカメラを用意するのが無難でしょう。といっても何十万円もするような高価なカメラは必要ありません。数万円の高級コンデジやミラーレスカメラでも十分クオリティの高い写真が撮れます。とりあえずの目安としては、「露出」「絞り」「シャッタースピード」をコントロールできるものを選ぶようにしましょう。

カメラ

三脚

必ずしも必要な機材ではありませんが、三脚があれば手ブレや構図の傾きなどの少ないクオリティの高い写真を撮りやすくなるでしょう。目線の高さでカメラを固定する中型〜大型の三脚はもちろん、テーブルの上にカメラを固定する小型の三脚も便利です。値段は数千円から数万円と幅がありますが、必ずしも高価なものが使いやすいとは限りません。三脚自体の重さや畳んだときのかさばり具合、操作ハンドルの感触など、実際の利用シーンを思い浮かべながら自分の目で見て選ぶようにしてください。

三脚

レフ板・簡易撮影ブース

写真撮影では光のコントロールが非常に重要です。たとえば太陽や人工照明のある場所で光の反射を利用する場合、レフ板と呼ばれる反射板や幕を利用することがあります。人物撮影などでは重宝するため、簡単なものをひとつ持っておくと良いでしょう。またブツ撮りをするなら箱型の簡易撮影ブースも便利です。値段も数千円程度なので、もし小物を撮るなら持っていて損はありません。

レフ板・簡易撮影ブース

まずは必要最小限の機材から始めよう!

撮影機材にはいろいろなものがあるため、最初からすべて揃えようとするのはお勧めできません。まずは必要最小限の機材で撮影を始めてみましょう。上で紹介した三脚やレフ板などの機材がなくても、構図のとり方やちょっとした工夫をすれば十分クオリティの高い写真を撮ることは可能です。また機材を揃える際も、決して高価なものは必要ありません。撮りたい写真のレベルや内容に合わせて、無理のないものを選ぶようにしてください。

まずは必要最小限の機材から始めよう!

Written by 中村
IT専門学校講師、ツアー添乗員などを経て、フリーランスのライター&行政書士として独立。
得意ジャンルはIT・観光・ビジネス・法律などで、特にインターネットサービスの活用やWEBマーケティングが得意分野です。
カメラ片手の現地取材や電話取材も行っています。

PICK UP NEWS