写真・映像・音楽

今流行りのおすすめ出張撮影サービス3選

副業カメラマンとしてお金を稼ぎたい、出張撮影サービスに興味のあるカメラマンの方向けに、フォトコンテスト入賞、メディアへの写真提供がある筆者が、副業でカメラマンをするのにおすすめな出張撮影サービスをご紹介します。

3分程で読める内容ですので、出張撮影サービスに興味のあるカメラマンのかたはぜひご一読ください!

今流行りのおすすめ出張撮影サービス3選

今流行りのおすすめ出張撮影サービス3選

この記事では、副業カメラマンにおすすめの出張撮影サービスをご紹介します。
どのサービスも未経験から始めることができます!

具体的には、
・ラブグラフ
・OurPhoto
・fotowa

の順に解説していきます。

今流行りのおすすめ出張撮影サービス3選

ラブグラフ

出張撮影サービスの代表格「ラブグラフ」。
ラブグラフのカメラマンになるメリットとして、
・SDカードデータ破損保険に無料で入ることができる
・全国のラブグラフ所属カメラマンとつながることができる
・ラブグラフがスキルアップのサポートをしてくれる
の3点があります。

□SDカードデータ破損保険に無料で入ることができる
撮影時にSDカードが破損した場合無料で保証をうけることができます。
カメラマンとしてこの制度はかなりありがたいですね。

□全国のラブグラフ所属カメラマンとつながることができる
副業でカメラマンをやっていると情報を共有できる仲間がほしいですよね。
ラブグラフでは全国のラブグラフ所属のカメラとつながることができます。
交流会も行われているようです。

□ラブグラフがスキルアップのサポートをしてくれる
ラブグラフはレタッチや撮影技術のスキルアップのためのセミナーを随時行っています。

□カメラマンの報酬額
カメラマンの報酬額は1件当たり、10,000から26,000円です。
撮影プランやカメラマンのランクによって報酬額は変動するようです。

ラブグラフ

OurPhoto

OurPhotoも有名な出張撮影サービスのひとつです。
キヤノンマーケティングジャパンが主要株主でもあります。
OurPhotoのカメラマンになるメリットとして、
・撮影料金を自分で設定できる
・空いた時間に撮影できる
・キヤノンマーケティングジャパンからサポートや機材販売がある
の3点です。

□撮影料金を自分で設定できる
OurPhotoは撮影料金を自分で設定できます。
自分で撮影料金が設定できるのは面白い仕組みですが、撮影料金の相場を把握しておく必要がありそうです。

□空いた時間に撮影できる
これはどの出張撮影サービスにも共通している良さですね。
スケジュールを自由に決められるので、副業カメラマンは働きやすい環境です。

□キヤノンマーケティングジャパンからサポートや機材販売がある
キヤノンマーケティングジャパンが主要株主であるOurPhotoならではのサポートですね。
キヤノンユーザーはOurPhotoのカメラマンになることをおすすめします。

□カメラマンの報酬額
OurPhotoはカメラマンの撮影料金を自分で設定できます。
撮影料金は8,000円から設定でき、1,000円単位で報酬を増やすことができます。
撮影料金8,000円は顧客が支払う価格で、実際にカメラマンに支払われる撮影報酬額は5,200円になるようです。

OurPhoto

fotowa

fotowaはストックフォトサイトで有名なPIXTAが運営する出張撮影サービスです。
fotowaのカメラマンになるメリットとし、
・好きな時間に働くことができる
・大手ストックフォトサイトPIXTAが運営する出張撮影サービスならではの集客力
・スキルアップできる機会が多い
の3点でです。

□好きな時間に働くことができる
各社共通のメリットですね。
好きな時間に働けるので家事や本業との調整がしやすいのが魅力的です。

□大手ストックフォトサイトPIXTAが運営する出張撮影サービスならではの集客力
fotowaは大手ストックフォトサイトPIXTAが運営しているということで、集客力が強みとのこと。

□スキルアップできる機会が多い
fotowaはスキルアップのセミナーが3社の中もかなり充実しています。
七五三やニューボーンフォトなど撮影ジャンルごとのセミナーが開催され、
神社マナーやコミュニケーション術などカメラ技術以外のセミナーも開催されます。

□カメラマンの報酬額
fotowaの撮影報酬は平日と土日祝日で分かれており、平日は12,830円で、土日祝日は15,422円となるようです。

fotowa

出張撮影サービスで仕事をするには

最後に、出張撮影サービスで仕事をするためにはどうしたらよいのかを解説します。
どの出張撮影サービスも採用までの流れは、
1.一次審査
2.二次審査
3.採用
という感じです。

1.一次審査
一次審査は基本的に書類審査となるようです。
ポートフォリオが必要になるため、あらかじめポートフォリオサイトを作っておきましょう。
ポートフォリオサイトを作るのが技術的にむずかしい場合は、インスタグラムでもよいかと思います。

2.二次審査
二次審査は面談となります。会社で直接面談をするのがむずかしい地方の方などは、スカイプで面談も可能のようです。
fotowaの二次審査は面談以外にも実際に撮影やディレクション能力の審査も行われるようです。
fotowaは審査が他社に比べて厳しそうです。

また、応募条件としてどの出張撮影サービスもPCで写真の編集ができることが必要になります。

出張撮影サービスで仕事をするには

まとめ

どの出張撮影サービスも働く環境は大差ないという印象です。
ただ、カメラマンの撮影報酬は各社で大きく違うことがわかりましたね。

・ラブグラフは撮影プランやカメラマンのランクによって撮影報酬が変動する
・OurPhotoは自分で撮影報酬を決めることができる
・fotowaは平日と土日祝日で撮影報酬が違う

カメラマンはどの報酬制度がよいか考え、登録する必要があります。
この記事が、副業カメラマンの方々に参考になれば幸いです。

Written by 東尾ケイスケ
Webライター&フォトグラファー。クラウドソーシングを中心にWebライターとして活動中。また、フォトグラファーとしてもフォトコン入選、インスタグラムでのフィーチャー、メディアへの写真提供など精力的に活動しています。

PICK UP NEWS