写真・映像・音楽

副業カメラマンでお金を稼ぐ具体的な方法

「副業でカメラマンをしたい!」
「趣味の写真でお金を稼ぎたい!」

趣味の写真でお金を稼ぎたいと考えている方は上記のような悩みを持っている方が多いかと思います。

そこでこの記事ではフォトコンテスト入賞、メディアへの写真提供がある筆者が、
副業でできる写真の仕事を紹介したいと思います。


3分ほどで読める内容ですので、写真で副業をしたい方は是非ご一読ください!

副業カメラマンでお金を稼ぐ具体的な方法

副業カメラマンでお金を稼ぐ具体的な方法

この記事では、副業カメラマンで稼ぐための方法を紹介します。

具体的には
・ストックフォトで稼ぐ
・クラウドソーシングサイトで稼ぐ
・出張撮影サービスで稼ぐ
・noteで稼ぐ
・SNSで発信する

の順で解説いたします。

副業カメラマンでお金を稼ぐ具体的な方法

ストックフォトで稼ぐ

手っ取り早く写真で副業を始めるならストックフォトがおすすめです。

ストックフォトの魅力は、

・すぐに副業を始めることができる。
・撮りためた写真をすぐに販売することができる

です。

ストックフォトは登録すればだれでもクリエイターとして登録することができます。
すぐに副業として取り組むことができますし、撮りためてある写真を投稿することができます。
ストックフォトのデメリットは、

・審査が厳しい
・なかなか稼げない


です。

ストックフォトは審査が厳しいことで有名です。

ポートレート写真はモデルから署名をもらわなければなりませんし、風景写真も知的財産権や企業のロゴが写っていないかなどをチェックする必要があります。


もうひとつデメリットして、ストックフォトはなかなか稼ぐことができないということです。
ほとんどの人は月数千円~数万円ほどの稼ぎです。

もちろん、トップのカメラマンはストックフォトで生活している方もいらっしゃいますが、ほとんどのカメラマンはお小遣い程度の稼ぎだということを認識しておきましょう。

ストックフォトで稼ぐ

クラウドソーシングサイトで稼ぐ

クラウドソーシングサイトで案件を受注するというのも、副業カメラマンで稼ぐためのひとつの手です。

クラウドソーシングサイトに登録して写真関係の仕事を検索すると、写真関係の案件がヒットしますので、その中から自分のできそうな案件に申し込みます。

ポートレート撮影、メディアへの写真提供、物件撮影など幅広い案件が募集されています。
業務委託(フリーランス)契約としてお仕事をすることになるので、ひとつの案件で数万円の収入を得ることも可能です。

デメリットとして、クラウドソーシングサイトで仕事を受注するとシステム手数料がかかります。
また、稼いだお金を口座に振り込む際にも手数料がかかりますので、システム手数料と振込手数料の2つの手数料の支払いがあります。

クラウドソーシングサイトは、初めは実績がないため案件を受注するのがむずかしいかもしれません。
案件を受注するコツとして、プロフィールを充実させて信用性を高めることです。
プロフィールに自分のポートフォリオサイトやインスタグラムのURLを載せて、写真に実力を見せるのもよいでしょう。

クラウドソーシングサイトで稼ぐ

出張撮影サービスで稼ぐ

最近流行りの出張撮影サービスもおすすめの副業のひとつです。

出張撮影サービスで稼ぐというと、副業でやれるのか不安という方が多いかと思いますが、出張撮影サービスのラブグラフに所属しているカメラマンは副業でカメラマンをやられている方が一番多いです。

具体的な数字は、
・副業:48.2%
・フリーランス:33.7%
・学生:18.1%字

です。(ラブグラフ公式ホームページ参照)


平日は会社員をやりながら、週末はカメラマンとして働いている方もいらっしゃるようです。

自分の都合の良い日に撮影を入れられるので、出張撮影サービスは副業カメラマンに最適だと思います。

気になる報酬額ですが、ラブグラフの場合ですと撮影1回あたり1回あたり10,000~26,000円とのこと。

報酬額は撮影内容やカメラマンのランクによって変動するようです。

出張撮影サービスで稼ぐ

noteで稼ぐ

クリエイターと読者を繋ぐプラットフォーム、noteで稼ぐのも良いかと思います。

noteは自分で文章や写真などのコンテンツに値段をつけて販売することができます。

カメラマンであれば、自分の撮った写真を販売できます。

また、自分の持っている写真の技術や知識を文章にして販売するのもよいかと思います。

noteで稼ぐ

SNSで発信する

ツイッターやインスタグラムなどのSNSで写真を発信して仕事を得る方法もあります。

このやり方は難易度が高い上にすぐに稼げるわけではありませんが、SNSで毎日自分の写真を発信することで、仕事の依頼や写真提供の話が舞い込むことがあります。

ぼくは、実際にこの方法で商品撮影やメディアへの写真提供の依頼をもらうことができました。

また、SNSで写真を発信し自分にファンを増やすことで、個人から撮影の依頼を受けることがあります。

どういうことかというと、出張撮影サービスやクラウドソーシングサイトを通さずに直接個人の撮影を行うことができるということです。

ですので、自分で価格設定をすることができシステム手数料なども取られることがないので、そのぶん報酬額も増やすことができます。

SNSで発信する

まとめ

この記事では、副業カメラマンとしてお金を稼ぐ方法を紹介しました。
副業カメラマンとしてお金を稼ぐ方法は、
・ストックフォトで稼ぐ
・クラウドソーシングサイトで稼ぐ
・出張撮影サービスで稼ぐ
・noteで稼ぐ
・SNSで発信する
の5点でしたね。


いろいろな方法を紹介してきましたが、ぼくが個人的におすすめする方法は、
・出張撮影サービスのカメラマンになる
・クラウドソーシングサイトに登録して案件を獲得する

です。

この2つが一番再現性の高い方法だと思いますので、ぜひ試してみてください。

また、副業でお金を稼ぐのに重要なのは一番最後に紹介した「SNSで発信する」ことです。
SNSで写真を発信しながらセルフブランディングをし、副業カメラマンとして活動しましょう。

Written by 東尾ケイスケ
Webライター&フォトグラファー。クラウドソーシングを中心にWebライターとして活動中。また、フォトグラファーとしてもフォトコン入選、インスタグラムでのフィーチャー、メディアへの写真提供など精力的に活動しています。

PICK UP NEWS