写真・映像・音楽

販売目的の写真撮影で注意すべきこと

販売目的の写真では、他人の著作物の映り込みや肖像権にも十分注意する必要があります。個人で楽しむ写真と同じ感覚で撮影していると、ストックフォトサイトの審査を通過できないことも! 今回は写真撮影の際に気をつけるポイントを紹介します。

販売目的の写真撮影で注意すべきこと

個人で楽しむ写真と販売用の写真は別物!

テーマパークで撮った写真に、街で撮影した人物写真。個人で楽しむぶんには問題なくても販売用の写真としては不適切かもしれません。写真は「著作権」と非常に関係が深いうえ、さらに人物写真の場合は「肖像権」という権利も絡んできます。こうした権利をしっかり理解していないと、写真のクオリティはとても高いのに審査に通らないという結果になりかねません。

個人で楽しむ写真と販売用の写真は別物!

著作権

著作権というのは、写真や絵、音楽、文章など、さまざまな創作物に発生する権利です。私達にとって非常に身近ですが、一方で十分に理解されていないのも事実。SNSや個人のブログを見ても、著作権の侵害にあたる写真は少なくありません。明らかに著作権侵害とわかる写真であればストックフォトサイトへの登録時に排除されますが、万一著作権を侵害した写真がそのまま登録・掲載されてしまうと、後々大きなトラブルになりかねません。写真販売を手がけるなら、最低限の知識は身に付けるようにしましょう。

著作権

肖像権

肖像権というのは、自分の姿を勝手に公開されないための権利です。この権利は誰でも持っていますが、著作権と同様、十分に理解されていません。ちなみにストックフォトサイトでは、人物写真はとても人気の高いジャンルです。もし人物写真を積極的に撮影・販売したいと思うなら、肖像権についてしっかり理解しておきましょう。なおほとんどのストックフォトサイトの場合、人物写真を登録する際はモデルの承諾書を添付することになっています。

肖像権

利用者のニーズに合った写真を撮る

著作権や肖像権といったルールも大事ですが、販売目的の写真で欠かせないのは「利用者のニーズに合った写真を撮る」ことです。どんなにクオリティが高く、ルールを守って撮影しても、欲しいと思われなければその写真はムダになってしまいます。ほとんどの場合、利用者が欲しい写真と自分が撮りたい写真は違います。被写体にしても構図にしても、まずはどんな写真に需要があるかを調べてから撮影に臨みましょう。

利用者のニーズに合った写真を撮る

一定基準を満たさないと審査ではねられることも

ストックフォトサイトに写真を登録するには、サイト営者の審査を受ける必要があります。審査の基準は各サイトによって多少異なるため、あるサイトで審査を通過しても別のサイトではダメということは珍しくありません。ただ一般には、著作権や肖像権といった基本的なポイントを押さえたうえで一定の品質やオリジナリティがあれば審査に通りやすいといわれています。

一定基準を満たさないと審査ではねられることも

Written by 中村
IT専門学校講師、ツアー添乗員などを経て、フリーランスのライター&行政書士として独立。
得意ジャンルはIT・観光・ビジネス・法律などで、特にインターネットサービスの活用やWEBマーケティングが得意分野です。
カメラ片手の現地取材や電話取材も行っています。

PICK UP NEWS