写真・映像・音楽

写真をもっと素敵に見せるために知っておきたい色味

写真の色味はホワイトバランスで調整ができます。後で編集ソフトで加工することも可能ですが、ホワイトバランスのことを知っていると知っていないでは元の写真の仕上がりに大きな違いがでます。ホワイトバランスという言葉を聞いたことはあるが、周囲の環境に合わせてどんな設定をしたらいいのか分からない方もいます。自分の撮りたい写真を撮るために、周囲の環境や被写体に合わせたホワイトバランスの変え方についてご紹介していきます。

写真をもっと素敵に見せるために知っておきたい色味

写真のクオリティを上げるために知っておきたい色味の設定

写真の色味を設定できる項目は、ホワイトバランス、ピクチャースタイル(ピクチャーコントロール)、彩度などがあります。写真の色味に最も影響するのは、ホワイトバランスの設定です。


温かみのある写真にしたいのか、冷たいクールな写真にしたいのかによってホワイトバランスで設定すべき項目は異なります。カメラの設定画面では、White Balanceの頭文字をとって「WB」と書かれています。ホワイトバランスにはいくつか種類があり、オート、昼光(太陽光)、日陰、曇天、蛍光灯、電球(白熱灯)、マニュアル、色温度(ケルビン)指定などがあります。カメラメーカーによって名称は異なるので、手持ちのカメラの設定画面と見比べてみてください。まずは、オート、昼光(太陽光)、曇天、蛍光灯の4種類の違いを覚えていきましょう。


オートは周囲の環境に合わせ、自動的にホワイトバランスを設定します。カメラ初心者の方や、ホワイトバランスを設定する余裕のないときなどはオートの設定で撮影して、RAW現像時に色合いを仕上げるということもおすすめです。昼光(太陽光)は、カメラの基本となるホワイトバランス設定がされています。日中の太陽の下で撮影するときには、人の目で見たような写真が撮れることが特徴です。屋内の蛍光灯の光の下では、ややオレンジ掛かった写真になります。白熱灯の下では、暖色系の色がより強調された写真になります。曇天は、全体的に暖色系の仕上がりになり温かみのある写真を撮りたいときにおすすめの設定です。日中の曇り空の下で寒色系の影になりがちな色を、曇天のモードで調整すると目で見たものに近い写真を撮ることができます。蛍光灯の設定では、全体的に寒色系の色を強調した仕上がりになります。清潔感や爽やかさを与えたい場合、青み掛かった雰囲気の写真を撮りたい場合には蛍光灯の設定で寒色系の色味補正をすることがおすすめです。


 

写真のクオリティを上げるために知っておきたい色味の設定

光には色がそれぞれあること

普段意識しないで生活をしていますが、光にはそれぞれ色があります。夕焼けの光、真昼間の光、蛍光灯の光ではそれぞれ色が違います。人間の目は優秀で、それらの色の違いを脳が補正して認識しています。


ホワイトバランスは、カメラにそれぞれの光の色を設定するという意味があります。ホワイトバランスの設定の意味を知っていれば、見たままの写真を撮ることも、雰囲気重視で実際の色味とは異なる写真を撮ることもできるようになります。


昼光(太陽光)の設定がカメラの基本となるホワイトバランスの設定になるため、最初は昼光(太陽光)の設定で撮影をして他のホワイトバランスの設定も試してみるといいでしょう。


 

光には色がそれぞれあること

忠実再現と雰囲気再現

ホワイトバランスの設定変更をするとき、忠実再現か雰囲気再現かを考えます。写真を見る人に正確に情報を伝える必要がある商品撮影の場合は、色味を実際の見た目に近づけるために忠実再現になる設定をする必要があります。写真の雰囲気を実際の色味とは異なるもので表現したい場合は、その世界観や表現に合った雰囲気再現を重視してホワイトバランスの設定を行います。


商品の写真を雰囲気再現重視の設定で撮影した場合、実際の色味と大きく異なってしまう場合があります。これは商品を購入するユーザーにとっては、とても困ることです。写真で商品情報を正確に伝えるためには、大きく色味を補正せずに見たままの色味になるように調整をしなければいけません。


アート作品や自分の世界観を表現するのに、必ずしも忠実再現でなければいけないという決まりはありません。世界観や表現に合わせた設定をすることで、写真のクオリティや印象も大きく変わります。

忠実再現と雰囲気再現

マニュアルホワイトバランスで細かく設定をする

ホワイトバランスには、数値を指定して設定するマニュアルホワイトバランスがあります。思ったような写真が撮れないときには、マニュアルホワイトバランスでより細かく設定をしてみましょう。


ホワイトバランスは2,000から10,000くらいの数字で、ホワイトバランスの設定ができます。数字が小さいほど青みが強調され、数字が大きいほど赤みが強調された設定になります。


マニュアルホワイトバランスは、より色味を細かく設定できるというメリットがあります。他のホワイトバランスの設定モードで、納得のいくものが撮れなかったときは自分でマニュアルホワイトバランスで設定をしてみるのがおすすめです。


 

マニュアルホワイトバランスで細かく設定をする

ホワイトバランスとホワイトバランス補正

ホワイトバランスは、写真を暖色系にするか寒色系にするかの調整を行います。ホワイトバランス補正では、緑っぽくしたりピンクっぽくしたりといった細かな補正を行えます。


メーカーによって異なりますがWB補正といった設定項目があります。ホワイトバランス補正は、縦軸がG(グリーン)、M(マゼンダ)、横軸がB(ブルー)、A(アンバー)となっています。ホワイトバランスで設定しているのは、青みと赤みのため主に横軸の設定をしています。


写真の基本となるホワイトバランスを先に決めてから、必要に応じてホワイトバランス補正でグリーンやマゼンダを足してみると、より表現の幅が広がります。

ホワイトバランスとホワイトバランス補正

ホワイトバランスに正解はある?

ホワイトバランスに、正解はあるのかといえば実際にはありません。被写体に応じて、適したホワイトバランスの設定はありますが、それが必ずしも全ての人に当てはまるとは限らないのが現実です。人それぞれ好みの色合いがあるので、こうしなくてはいけないという決まりはありません。


透明感を出したいときは青みを強く、夕焼けを綺麗に撮りたいときは赤みを強く、都会の夜景を撮るときは青みを強くしてマゼンダの補正を加えるなど基本的な設定を覚えておくと写真を撮るときに迷う時間が少なくなります。被写体を魅力的に見せることができるホワイトバランスや色味を知っていると、自分の世界観を表した写真を撮ることも難しくはありません。

ホワイトバランスに正解はある?

RAW撮影時のホワイトバランス

RAWモードで撮影をするときは、ホワイトバランスをそれほど気にする必要はありません。RAWモードで撮影したものは、現像の段階で画質を劣化させずに色味の補正ができるからです。


動く被写体を撮るときなど、色味の調整が難しい撮影のときや効率重視の撮影の場合は、ホワイトバランスはオートで撮影をするといいでしょう。色味を気にして、構図や露出設定に手が回らなくなってしまうという自体は避けた方が無難です。現像時に補正すると決めてしまえば、構図や露出に注力して写真を撮ることができます。


動かない被写体を撮るときや、RAWモード以外で撮影をするときは写真の色味も細かく設定しながら撮るのがいいでしょう。いずれの場合も、臨機応変に対応できるようになっておくことが大切です。

RAW撮影時のホワイトバランス

まとめ

写真の色味を大きく左右するのは、ホワイトバランスの設定です。思ったとおりの写真を撮影するためには、色に対する知識も必要になります。まず1枚撮ってから、赤みを強くしたいか青みを強くしたいか考えて、ホワイトバランスを設定していくとイメージに近いものが撮れるようになります。


 


数をこなしていくうちに、自分の出したい色味や雰囲気が分かってきます。まずは写真を撮って、自分のイメージに合っているかどうかを試していきましょう。ホワイトバランスで色味が調整できれば、写真の楽しみももっと広がっていきます。設定に正解はないので、何度もトライして自分の好きな色味や設定を見つけてみましょう。

Written by しおからあげ
IT企業でSEをし、その後フリーランスに。IT関係の知識を活かした記事執筆、Webデザインやグラフィックデザインを行っています。

PICK UP NEWS