写真・映像・音楽

スマホで写真を撮るときのポイントとおすすめカメラアプリ

写真をスマートフォンで撮ってSNSに投稿したり、友達に後で送ったりすることは近頃では当たり前に行われています。そんなときにただの記録写真や記念写真だけではなく、印象的な写真があるといいなと思うことはありませんか?一眼レフカメラでないと綺麗な写真が撮れないという訳ではありません。写真を撮るときのコツを覚えれば、スマートフォンでも綺麗で印象的な写真を撮ることができます。スマートフォンで写真を撮るときのコツ、おすすめのカメラアプリをご紹介します。

スマホで写真を撮るときのポイントとおすすめカメラアプリ

スマートフォンでもっと綺麗な写真を撮るコツ

写真を撮るときに気をつけることを覚えていれば、スマートフォンでも一眼レフカメラでも印象的な写真を撮ることができます。


スマートフォンのカメラだからこそ、気をつけるべきポイントがあります。写真では、光、構図、色味が重要になります。どんなことに気をつけるといいのか、順番にご紹介します。

スマートフォンでもっと綺麗な写真を撮るコツ

シンプルな背景で撮影する

被写体を際立たせるためには、背景を極力シンプルにすることがおすすめです。


スマートフォンのカメラでは、全体にピントが合いやすくなっています。全体にピントが合うと背景もはっきり写るため、どれがメインなのか分かりにくくなってしまいます。人物を撮るときに人混みを避けるだけでも、被写体がメインとして分かりやすくなります。食べ物を撮るときは、薄い色のテーブルクロスがあると料理をはっきりと写すことができます。

シンプルな背景で撮影する

光の当たり方を意識する

写真を撮るときに意識する光の方向は3種類だけです。撮った写真が、真っ暗だったり真っ白になってしまった経験がある人は、被写体に対して光がどんな方向で当たっているかを意識してみましょう。


順光は、カメラ側から被写体に光が当たっている状態のことです。人物を撮影するときは順光だと目に光も入り、生き生きとした写真が撮れます。小物を撮るときには、順光はあまり適していません。手前は光が当たってはっきりと写りますが、奥は暗くなるため立体感がなくなってしまうからです。スマートフォンで小物を撮るとき、写真に影が入ってしまうのは順光の状態になっているからです。


逆光は、被写体の後ろから光が当たっている状態のことです。屋内で人物の写真を撮るときには、逆光だと輪郭や陰影が柔らかになります。小物を撮るときには、手前が暗くなるため、明るさを調整してから撮影をしましょう。輪郭が柔らかくなるため、優しく儚い印象を持たせることができます。


サイド光は、被写体の横から光が当たっている状態のことです。光が当たっている面の輪郭がはっきりし、逆の面に影が落ちるのが特徴です。人物を立体的に撮りたいときに向いていますが、逆光と同じく見せたい部分に合わせて明るさの調整が必要です。小物を撮影するときも、立体感を強調したいときはサイド光が向いています。

光の当たり方を意識する

水平と垂直を意識する

写真を撮るときに一呼吸置いて、水平や垂直を意識して撮ってみるとグンとクオリティーが高くなります。


空に浮かぶ雲など直線のない被写体を撮るときは、水平や垂直を意識しなくてもそれなりの写真が撮れます。建物や水平線を撮るときは、水平や垂直が合っていないと見たときの違和感が強くなってしまいます。


スマートフォンで水平や垂直を素早く調整するためには、カメラのグリッドを表示する設定にしておくことがおすすめです。デフォルトの状態ではグリッドがオフになっているため、事前に設定を見直しておきましょう。グリッドはカメラを起動したときに、スマートフォンの画面にガイドの線が表示されるので水平や垂直を意識した写真が撮りやすくなります。写真の構図を考えるときにも、カメラのグリッドを元にすると考えやすいので、設定からカメラのグリッドをオンにしてみましょう。

水平と垂直を意識する

整った構図を意識する

いい写真は構図がきちんと整っているので、被写体が魅力的に見えます。写真を撮るといつも同じになってしまう、いつもと違った写真を撮りたいといったときに構図を変えてみると表現のバリエーションを増やすことができます。簡単に写真を上手に見せることができる構図をご紹介していきます。


日の丸構図は、写真の中央に被写体を置いた構図です。中心に被写体を配置することで視線が集まるので、被写体をより際立たせることができます。被写体のよさを強くしたいときにおすすめの構図です。丸いお皿にある食べ物を撮ると、お皿の丸さも相まって可愛さも強調されます。被写体を真ん中に配置できるようになれば、他の構図を練習するときもスムーズにできるのでまずは日の丸構図をマスターするといいでしょう。


三分割構図は、写真を上下左右で三分割した線や交点に被写体を置いた構図です。写真の中に適度な余白があるため、落ち着いた印象だったり雰囲気を重視した写真を撮りたいときに向いています。三分割構図で撮影するときに、カメラのグリッドをオンにしておくと被写体の配置がしやすくなります。


三角構図は、写真の中に三角形になるように被写体を置いた構図です。複数の小物を撮影したいときなどは、三角構図にすると写真に安定感が生まれます。小物を三角形になるように配置することで、メインの被写体が引き立ったり奥行きのある写真にすることができます。

整った構図を意識する

おすすめのカメラアプリ

撮影する場所や撮りたい被写体によって、カメラアプリを変えてみると標準カメラとは違った雰囲気の写真を撮ることができます。人物、食べ物、風景それぞれに向いたカメラアプリをご紹介します。


「SODA ソーダ Natural Beauty Camera」は、iOS向けとAndroid向けの無料カメラアプリです。ナチュラルに美肌に見せることができるので、人物撮影に向いています。気分によって雰囲気を変えることができる、スタイルで写真の印象を大きく変えることができます。高解像度モードで撮影ができるため、スマートフォンのカメラアプリの中では特に画質がよく撮影ができます。


「foodie」は、iOS向けとAndroid向けの無料カメラアプリです。食べ物の撮影に向いていて、真上から料理を撮影するときに助かるベストアングル機能があります。食べ物だけではなく、空や風景を鮮やかに撮ることもできます。ライブフィルターが豊富で30種類以上あります。曇り空を快晴のように青みを強くして撮影もできるため、写真の雰囲気を変えたいときに向いています。シャッター音を無音にもできるので、レストランなど周囲が気になるときの撮影にもおすすめです。


「Microsoft Pix カメラ」は、iOS向けの無料カメラアプリです。シャッターを押した前後10フレームから、人工知能がベストショットを選んでくれます。被写体に向けてシャッターを押すだけで、1番いい状態の写真を撮れます。光の少ない暗めの環境でも、シャープに撮影ができるので、暗い室内での撮影にも向いています。集合写真や子供を撮るときなど、何度も撮影するのが難しい場面ではこのカメラアプリが向いています。

おすすめのカメラアプリ

スマホで写真編集をするときのポイント

どの写真編集アプリでも同じポイントに注意をすれば、写真を綺麗にしてより魅力的にすることができます。明るさ、彩度を調整したり、フィルターを使って写真全体の色合いを変えたりすることも簡単にできます。写真は編集を重ねていくと、画質が落ちてしまうこともあるので最低限の編集にすることがポイントです。


背景に余計なものが写ってしまったときには、画像をトリミングすることもできます。トリミングをしすぎると、写真全体がぼやけてしまうので注意が必要です。


写真編集アプリで画質を落とさないように編集するためには、写真を撮るときにイメージに合ったものを撮っておけるようにするのが大切です。

スマホで写真編集をするときのポイント

まとめ

スマートフォンで撮影から写真編集まで簡単にできるようになりました。


多くの人が簡単に写真を撮ることができる環境になったなかで、自分の写真のスタイルを見つけてみるのもいいかもしれません。そんなときに、いつもと違う構図で撮ったり、カメラアプリを変えてみると新しい発見があります。写真を撮るときに一呼吸置いて、コツを思い出してからシャッターを押してみるといいでしょう。丁寧に写真を撮ることで、スマートフォンでも綺麗で人の目を引くような写真を撮ることができます。

Written by しおからあげ
IT企業でSEをし、その後フリーランスに。IT関係の知識を活かした記事執筆、Webデザインやグラフィックデザインを行っています。

PICK UP NEWS